第40回全日本少年サッカー大会の第1次ラウンドが

12月26日(月)にふれあいスポーツランドで行われました。

全少の完結編がいよいよ開幕しました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

第40回全日本少年サッカー大会 1次ラウンド

2016年12月26日

グループA

グループAはガンバ大阪が得失点差で1位通過となりました。

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点
1 ガンバ大阪(大阪府) 6 2 0 1 6 3 +3
2 東海スポーツ(愛知県) 6 2 0 1 5 3 +2
3 レノファ山口FC(山口県) 3 1 0 2 1 3 -2
4 東陽FC(大分県) 3 1 0 2 3 6 -3

第1節

  • 東海スポーツ(愛知県)  2-1  東陽FC (大分県)
  • レノファ山口FC(山口県) 1-0  ガンバ大阪(大阪府)

第2節

  • 東海スポーツ(愛知県)  2-0 レノファ山口FC(山口県)
  • 東陽FC(大分県)    1-4 ガンバ大阪(大阪府)

第3節 12月27日

  • 東海スポーツ(愛知県) 1-2 ガンバ大阪(大阪府)
  • 東陽FC(大分県) 1-0 レノファ山口FC(山口県)

グループB

京都長岡京SSが圧倒的な得点力で1位となっています。

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点
1 京都長岡京SS(京都府) 9 3 0 0 15 1 +14
2 レノヴェンスオガサFC(岩手県) 4 1 1 1 3 4 -1
3 平章SSS(福井県) 2 0 2 1 0 9 -9
4 比屋根FC(沖縄県) 1 0 1 2 1 5 -4

第1節

  • 比屋根FC(沖縄県) 0-0 平章SSS(福井県)
  • レノヴェンスオガサFC(岩手県) 1-3 京都長岡京SS(京都府)

第2節

  • 比屋根FC(沖縄県) 1-2 レノヴェンスオガサFC(岩手県
  • 平章SSS(福井県) 0-9 京都長岡京SS(京都府)

 第3節 12月27日

  • 比屋根FC(沖縄県) 0-3 京都長岡京SS(京都府)
  • 平章SSS(福井県) 0-0 レノヴェンスオガサFC(岩手県)

グループC

注目のグループCは、松本山雅FC(長野県)vsサンフレッチェ広島(広島県)は

1-2でサンフレッチェ広島が制し、1位につきました。

1 サンフレッチェ広島(広島県) 7 2 1 0 3 1 +2
2 松本山雅FC(長野県) 6 2 0 1 6 4 +2
3 石井FC(徳島県) 3 1 0 2 3 4 -1
4 カルチャトーレ(鹿児島県) 1 0 1 2 2 5 -3

第1節

  • 石井FC(徳島県) 1-2 松本山雅FC(長野県)
  • サンフレッチェ広島(広島県) 0-0 カルチャトーレ(鹿児島県)

第2節

  • 石井FC(徳島県) 0-1 サンフレッチェ広島
  • 松本山雅FC(長野県) 3-1 カルチャトーレ

 第3節

  • 石井FC(徳島県) 2-1 カルチャトーレ(鹿児島県)
  • 松本山雅FC(長野県) 1-2 サンフレッチェ広島(広島県)

グループD

クラブワールドカップにつづき、ジュニアサッカーでも

鹿島アントラーズが頑張っていますね。

FIFAクラブワールドカップ2016グッズはプレミアに?!

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点
1 鹿島アントラーズ(茨城県) 7 2 1 0 8 1 +7
2 北海道コンサドーレ札幌(北海道) 7 2 1 0 5 1 +4
3 エストレージャスFC(福島県) 3 1 0 2 4 6 -2
4 アルビレックス新潟(新潟県) 0 0 0 3 0 9 -9

第1節

  • 北海道コンサドーレ札幌(北海道) 1-0 アルビレックス新潟(新潟県)
  • エストレージャスFC(福島県) 0-3 鹿島アントラーズ(茨城県)

第2節

  • 北海道コンサドーレ札幌(北海道) 3-0 エストレージャスFC(福島県)
  • アルビレックス新潟(新潟県) 0-4 鹿島アントラーズ(茨城県)

 第3節 2016年12月27日

  • 北海道コンサドーレ札幌(北海道) 1-1 鹿島アントラーズ(茨城県)
  • アルビレックス新潟(新潟県) 0-4 エストレージャスFC(福島県)

グループE

センアーノ神戸が埼玉県代表の

新座片山フォルティシモを制し1位につきました。

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点
1 センアーノ神戸(兵庫県) 7 2 1 0 15 2 +13
2 新座片山フォルティシモ(埼玉県2) 7 2 1 0 9 2 +7
3 スポルティフ秋田(秋田県) 3 1 0 2 2 12 -10
4 屋島FC(香川県) 0 0 0 3 1 11 -10

第1節

  • 屋島FC(香川県) 0-4 センアーノ神戸(兵庫県)
  • 新座片山フォルティシモ(埼玉県2) 2-0 スポルティフ秋田(秋田県)

第2節

  • 屋島FC(香川県) 0-5 新座片山フォルティシモ(埼玉県2)
  • センアーノ神戸(兵庫県) 9-0 スポルティフ秋田(秋田県)

第3節

  • 屋島FC(香川県) 1-2 スポルティフ秋田(秋田県)
  • センアーノ神戸(兵庫県) 2-2 新座片山フォルティシモ(埼玉県2)

グループF

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点
1 鳥取KFC(鳥取県) 7 2 1 0 6 3 +3
2 ファナティコス(群馬県) 4 1 1 1 5 5 0
3 和歌山ヴィーヴォまつえ(和歌山県) 4 1 1 1 4 4 0
4 JFCレインボー長崎(長崎県) 1 0 1 2 2 5 -3

 第1節

  • 鳥取KFC(鳥取県) 2-2 ファナティコス(群馬県)
  • 和歌山ヴィーヴォまつえ(和歌山県) 1-1 JFCレインボー長崎(長崎県)

第2節

  • 鳥取KFC(鳥取県) 1-0 和歌山ヴィーヴォまつえ(和歌山県)
  • ファナティコス(群馬県) 1-0 JFCレインボー長崎(長崎県)

第3節

  • 鳥取KFC(鳥取県) 3-1 JFCレインボー長崎(長崎県)
  • ファナティコス(群馬県) 2-3 和歌山ヴィーヴォまつえ(和歌山県)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

グループG

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点
1 ヴァンフォーレ甲府(山梨県) 6 2 0 1 13 3 +10
2 ディアブロッサ高田FC(奈良県) 6 2 0 1 10 3 +7
3 ソレッソ熊本(熊本県) 6 2 0 1 9 3 +6
4 Jフィールド岡山(岡山県) 0 0 0 3 1 24 -23

第1節

  • Jフィールド岡山(岡山県) 0-5 ソレッソ熊本(熊本県)
  • ディアブロッサ高田FC(奈良県) 0-1 ヴァンフォーレ甲府(山梨県)

第2節

  • Jフィールド岡山(岡山県) 1-8 ディアブロッサ高田FC(奈良県)
  • ソレッソ熊本(熊本県) 3-1 ヴァンフォーレ甲府(山梨県)

第3節

  • Jフィールド岡山(岡山県) 0-11 ヴァンフォーレ甲府(山梨県)
  • ソレッソ熊本(熊本県) 1-2 ディアブロッサ高田FC(奈良県)

 

グループH

サガン鳥栖が怒とうの26得点の攻撃力で1位につきました。

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点
1 サガン鳥栖(佐賀県) 9 3 0 0 26 1 +25
2 青森FC(青森県) 6 2 0 1 9 4 +5
3 ヴェルフェたかはら那須(栃木県) 3 1 0 2 4 8 -4
4 大門少年SC(富山県) 0 0 0 3 2 28 -26

第1節

  • 大門少年SC(富山県) 0-6 青森FC(青森県)
  • サガン鳥栖(佐賀県) 4-0 ヴェルフェたかはら那須(栃木県)

第2節

  • 大門少年SC(富山県) 0-19 サガン鳥栖(佐賀県)
  • 青森FC(青森県) 2-1 ヴェルフェたかはら那須(栃木県)

第3節

  • 大門少年SC(富山県) 2-3 ヴェルフェたかはら那須(栃木県)
  • 青森FC(青森県) 1-3 サガン鳥栖(佐賀県)

 

グループI

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点
1 FCレスター(岐阜県) 7 2 1 0 14 4 +10
2 トリプレッタSC(千葉県) 5 1 2 0 11 5 +6
3 大社SSC(島根県) 4 1 1 1 12 5 +7
4 大篠SSS(高知県) 0 0 0 3 0 23 -23

 第1節

  • 大社SSC(島根県) 1-3 FCレスター(岐阜県)
  • 大篠SSS(高知県) 0-6 トリプレッタSC(千葉県)

第2節

  • 大社SSC(島根県)9-0大篠SSS(高知県)
  • FCレスター(岐阜県)3-3トリプレッタSC(千葉県)

第3節

  • 大社SSC(島根県) 2-2 トリプレッタSC(千葉県)
  • FCレスター(岐阜県) 8-0 大篠SSS(高知県)

 

グループJ

グループJは横浜F・マリノスが1位です。

やはりJチームは強いですね。

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点
1 横浜F・マリノス(神奈川県) 9 3 0 0 11 2 +9
2 入江SSS(静岡県) 6 2 0 1 9 4 +5
3 太陽SC宮崎南(宮崎県) 3 1 0 2 3 5 -2
4 最上UNITED.FC(山形県) 0 0 0 3 0 12 -12

第1節 2016年12月26日

  • 横浜F・マリノス(神奈川県) 3-0 太陽SC宮崎南(宮崎県)
  • 入江SSS(静岡県) 5-0 最上UNITED.FC(山形県)

第2節

  • 横浜F・マリノス(神奈川県) 3-2 入江SSS(静岡県)
  • 太陽SC宮崎南(宮崎県) 2-0 最上UNITED.FC(山形県

第3節 2016年12月27日

  • 横浜F・マリノス(神奈川県) 5-0 最上UNITED.FC(山形県)
  • 太陽SC宮崎南(宮崎県) 1-2 入江SSS(静岡県)

 

グループK

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点
1 戸塚FC(埼玉県) 7 2 1 0 6 1 +5
2 BUDDY・FC(福岡県) 7 2 1 0 7 3 +4
3 ベガルタ仙台(宮城県) 1 0 1 2 0 4 -4
4 FC Livent(愛媛県) 1 0 1 2 2 7 -5

   第1節

  • 戸塚FC(埼玉県) 1-1 BUDDY・FC(福岡県)
  • ベガルタ仙台(宮城県) 0-0 FC Livent(愛媛県)

第2節

  • 戸塚FC(埼玉県) 1-0 ベガルタ仙台(宮城県)
  • BUDDY・FC(福岡県) 3-2 FC Livent(愛媛県)

第3節 2016年12月27日

  • 戸塚FC(埼玉県) 4-0 FC Livent(愛媛県)
  • BUDDY・FC(福岡県) 3-0 ベガルタ仙台(宮城県)

グループL

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点
1 府中新町FC(東京都) 9 3 0 0 8 3 +5
2 ラピド名張FC(三重県) 6 2 0 1 7 6 +1
3 亀山SSS(滋賀県) 3 1 0 2 5 6 -1
4 テイヘンズFC金沢(石川県) 0 0 0 3 2 7 -5

第1節

  • テイヘンズFC金沢(石川県) 1-2 ラピド名張FC(三重県)
  • 亀山SSS(滋賀県) 1-2 府中新町FC(東京都)

第2節

  • テイヘンズFC金沢(石川県) 1-2 亀山SSS(滋賀県)
  • ラピド名張FC(三重県) 2-3 府中新町FC(東京都)

第3節 2016年12月27日

  • テイヘンズFC金沢(石川県) 0-3 府中新町FC(東京都)
  • ラピド名張FC(三重県) 3-2 亀山SSS(滋賀県)

第40回全日本少年サッカー大会 ラウンド16

各グループリーグを勝ち抜いたベスト16チームで

ラウンド16決戦を戦い、

準々決勝を目指します。

  • サンフレッチェ広島(広島県) 0-1 横浜F・マリノス(神奈川県)
  • ヴァンフォーレ甲府(山梨県) 0-0(PK:12-11) BUDDY・FC(福岡県)
  • 京都長岡京SS(京都府) 0-2 鹿島アントラーズ(茨城県)
  • 戸塚FC(埼玉県) 0-1 ディアブロッサ高田FC(奈良県)
  • 鳥取KFC(鳥取県) 0-1 府中新町FC(東京都)
  • ガンバ大阪(大阪府) 1-1(PK:2-3) 新座片山フォルティシモ(埼玉県2)
  • FCレスター(岐阜県) 0-6 センアーノ神戸(兵庫県)
  • サガン鳥栖(佐賀県) 0-2 北海道コンサドーレ札幌(北海道)

準々決勝 12月28日

  • 横浜F・マリノス(神奈川県) 5-1 ヴァンフォーレ甲府(山梨県)
  • 鹿島アントラーズ(茨城県) 2-3 ディアブロッサ高田FC(奈良県)
  • 府中新町FC(東京都) 1-0 新座片山フォルティシモ(埼玉県2)
  • センアーノ神戸(兵庫県) 1-0 北海道コンサドーレ札幌

準決勝 12月28日

  • 横浜F・マリノス(神奈川県) 3-2 ディアブロッサ高田FC(奈良県)
  • 府中新町FC(東京都) 0-3 センアーノ神戸(兵庫県)

決勝戦 12月29日

  • 横浜F・マリノス(神奈川県) 1-2 センアーノ神戸(兵庫県)

第40回全日本少年サッカー大会 ライブ配信

日本サッカー協会は、第40回全日本少年サッカー大会の第1次ラウンド

計4試合を試験的にライブ配信します。

ライブ配信スケジュール

2016年12月26日

11:30

グループI 大社SSC(島根県) vs FCレスター(岐阜県)
13:15

グループB 比屋根FC(沖縄県) vs レノヴェンスオガサFC(岩手県)
14:15

グループF 鳥取KFC(鳥取県) vs 和歌山ヴィーヴォまつえ(和歌山県)
15:15

グループJ 横浜F・マリノス(神奈川県) vs 入江SSS(静岡県)

ライブ配信はこちらへ

 

第40回全日本少年サッカー大会まとめ

やはり、グループ予選リーグを1位通過するチームは、

J下部チームが多いですね。

第40回全日本少年サッカー大会の頂点には、激戦と制した

兵庫県を代表したセンアーノ神戸が頂点にたちました。

おめでとうございます。

【関連記事】

第40回全日本少年サッカー大会(2016)優勝候補は?!

第40回全日本少年サッカー大会(2016)組合せ発表!

 

 

スポンサーリンク