e02e53e7660e6cb8eed98ec319b7e628_s

 

子どもさんの習い事として、英語がとても人気ですので、

検討している保護者の方もいるかと思います。

「なんとなく、英語が喋れたほうがいいかな?」

「英語を喋れるようになったら、かっこいい」

「英語に親しんでくれればいいな」

などの理由で英語を習わせる保護者が多いようです。

ですが、そんな反面、日本語もまだできないうちから

英語を習わせるの?という心配する声もあります。

そんな、早期の英語教育のメリット、デメリットをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

早期英語教育のメリット

1.発音がよくなり、リスニング力が鍛えられる

英語を聞いたまま発音できる乳幼児期から英語を学習し始めると、

英語が苦手!という意識がないまま比較的楽に、

よりよい発音が身につくようになりますし、

小さいうちから、英語に触れることで、「L」と「R」の違いなど、

日本語にない音の違いも苦労せず聞き分けることができるので、

小学校などでの国語の授業でのリスニングにも役立ちます。

2.英語が好きになる可能性が高い

小さいうちから英語に触れることで、いざ科目として、

本格的に英語を学ぶ時期が来ても、英語に対しての苦手意識がなく、

他の子に比べて、積極的に取り組めるようになります。

現在でも、大学入試センター試験で英語のリスニングが採用されていますし、

教育の現場でも、実際に英語のコミュニケーションに役立つような

「使える英語」を子どもたちに身に付けさせようと傾向がありますので、

英語に対しての苦手意識があるのと、ないのとでは、

習得の仕方が全く変わってきます。

3.異文化に触れることで将来の視野が広がる

違う文化や、言語の人と一生懸命コミュニケーションを取ろうとすることにより、

自分の意見を相手に伝えたい、相手の言おうとしていることを理解したい、

と思うコミュニケーション能力の基礎ができます。

コミュニケーション能力が高いと、将来、活躍できる場が広がるので、いいですね。

4.お勉強だと思わない

小さい頃から英語を学習していても、

子どもさん自身は「お勉強」というよりは、

「言葉遊び」「普段の生活の延長線」

という感覚ですので、抵抗感もありません。

テストの点数が成績になることもないので、

競争心もなく、楽しく習得してくれます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

早期英語教育のデメリット

1.日本語が不完全になる

早期の英語教育によって、日本語の習得が遅れたり、

不完全になったりしてしまうことがあります。

ですので、英語を習うと同時に

日本語の読み書きなども必要になってきます。

2.日本語の文章の中に英単語が混ざる

これは英語を学習している子どもさんには、よくあることで、

徐々に年齢が上がって、日本語がある程度、

身についてくれば解消されます。

3.英語が嫌いになってしまうことも

保護者の期待が大きすぎて、子どもさんに負担がかかってしまい、

逆に英語が嫌いになってしまったということもあります。

4.イジメに合う可能性

ナチュラルな発音を身につけたのに、

周りの友達から英語の発音をバカにされて、

落ち込んだり、イジメに合ったりして、

その後恥ずかしくなってわざと発音を自分で変えてしまい、

せっかく習得した発音を失ってしまうこともあります。

学びとまとめ

大人になってから英語を習得しようとしても、

日本語に親しんでいるので、

英語のきれいな発音やイントネーションで話すことが難しく、

相当の努力が必要になります。

ですが、幼少期に英語の基礎を学んでおけば、

将来の進学や、就職にも役立ちますし、

旅行などでも活躍できますね。

また、2016年現在はまだ小学校高学年から英語教育が始まりますが、

2020年からは、小学校3年生から必修科目になり、

小学5年、6年生からは、成績がつく教科として

格上げされる予定にもなっているそうですので、

英語の理解力の基礎を養っておくことで、

中学高校に進んでからも、より苦労が少なく、

英語の学習を進めていくことが可能になります。

幼稚園での英語教育は子どもさんのことをよく考えて決めてあげましょう。

【関連記事】

小学生英語勉強法は学年ごとのポイントをおさえよう

小学生で習い事してない?男女別ランキングで人気傾向を探ろう

 

 

 

スポンサーリンク