12月8日木曜放送の得する人損する人では、

みんな大好き焼き芋をおうちで

焼き芋ってお店で買うとなにげに高いですよね

スーパーで安いやきいもを

甘くてホクホクの焼き芋に変身させてしまいましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

焼き芋はむずかしい?

アルミホイルをまいて

焚火のなかにいれたり、

バーベキューの炭火のなかにいれたり、

おばあちゃんがストーブで焼いてくれたり

焼き芋は手間がかかって

簡単に食べられないイメージがあると思います。

片面だけこげてしまったり、

うっかり焼きすぎてしまったり

おいしい焼き芋への道のりは

結構遠かったりしますよね。

レンジ調理をチャレンジしたひとは、

水分が飛び過ぎてしまって、

中がパサパサになりがちです。

電子レンジの解凍モード

そこで、登場するワザは、電子レンジの解凍モードです。

解凍モードで加熱すれば、じっくり火をとおすので

ホクホクの焼き芋ができるのです。

美味しさひと手間

ちょっとしたひと手間で、焼き芋の風味がアップします。

作り方

  1. バター5gとしょうゆ小さじ2を電子レンジで30秒加熱
  2. クッキングシートでぴったりおおい片方の端っこをキャンデイのように包む
  3. ここにバターしょうゆを流しこみ、こちらの口もキャンディ包みで閉じる
  4. 皿に乗せてラップをして、500Wで2分加熱
  5. 解凍モードで20分加熱

 

解凍モードの前の加熱は通常モートです。

電子レンジから取り出さずに、

そのまま解凍モードへの加熱に移りましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

さつまいもの温度の秘密

加熱により、さつまいもに含まれている

βーアミラーゼが麦芽糖を生成し、さつまいもが甘くなります。

低温長時間

さつまいもの甘さの元である

麦芽糖が作られる温度は中心が約65~75℃です。

この温度がより長く保つことで甘さにつながるので、

通常モードでさつまいもの温度を一気に50℃にして、

その後200wの解凍モードで20分間ゆっくり加熱して

さつまいもが一番あまくなる65~75℃を

20分間キープできたことで甘い焼き芋ができるというわけなんです。

しかも解凍モードが低温であるため

ネックである水分も飛びにくく

ホクホクに仕上がったんですね。

学びとまとめ

美味しい焼き芋の作り方

バターしょうゆを入れてるので、

焼き芋感がたっぷりです。

まるでお店で売っているような焼き芋が完成です。

あなたも、一度お試しあれ!

【関連記事】

【あさイチ】安納芋の特徴は?焼き芋の作り方と保存方法

 

スイートポテトを冷凍してお弁当に!保存期間はどれくらい?

下痢の離乳食にさつまいも!?初・中・後期おやつレシピ

 

 

スポンサーリンク