ad5af7e447793a5e84337579166d2f39_s

♪さいた~さいた~チューリップの花が~

な~らんだ な~らんだ あかしろきいろ ♪

11/11金曜日あさイチでは、今がチューリップの球根が植えどきということで

チューリップ 正しい植え方をご紹介するだけでなく、

ほかの球根と組み合わせてチューリップをのプランターを豪華華やかにできる方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

チューリップマイスター

チューリップの植え方を教えてくれたのは、園芸研究家の渡部哲次さんです。

渡部哲次さんはどんな人?

渡部哲次さんは、オランダで球根を生かした造園を学んばれた、

日本を代表する球根植物の研究家です。

富山県砺波市にあるチューリップ専門の博物館でチューリップの栽培にたずさわっていて、

砺波市長に直々に任命されて、4年に一度開かれるチューリップサミットに行かれています。

まさに、チューリップマイスターですね。

人気のチューリップ

渡部哲次さんが、最近人気あるチューリップを紹介してくれました。

サンネ

ギザギザのふちどりが変わっていますが、

おしゃれなピンクのチューリップは、人気のチューリップです。

ピンクの花びらは、育つとともにふちがだんだん白色にかわっていき、

とってもいい香りをとどけてくれます。

タルダ

中央アジア原産の野生のチューリップです。

花粉を運んでもらえるように花びらがひらいているときは、黄色の花びらとなり、

草食動物に食べられないように閉じているときは、緑色に変わるという、

とっても賢いチューリップです。

紅輝

つぼみのときから花がひらくまで長い期間、楽しめるチューリップです。

 

富山県生まれのこのチューリップは、渡部哲次さんを魅了してしまい、

この花をみていたくて、富山に移り住むようになったほどだそうです。

チューリップを観賞

渡部哲次さんが、より美しくチューリップを観賞する方法をお話してくれました。

チューリップの表裏

チューリップには表裏があります、実は、内側が表で外側が裏側です。

普段のチューリップは花壇やブランターなどの上から楽しむことが多いと思います。

チューリップをより美しく観賞するには、

目線より上の位置におくと、裏側の美しさをたのしみ、花の立体感を楽しめます。

また、窓辺の上にかざると、ガラス越しの光があたり花弁も透けてより立体的に見えるので、

上にむかって咲く様子を楽しみましょう。

 

スポンサーリンク

 

チューリップ 植え方

チューリップ植え方 球根の皮

球根の皮をとらないで、ついたまま植えてしまうと、

皮のなかで根がのびてまわってから外にでてしまうので、根がに力尽きてしまいます。

すぐ土のなかにでて伸びることができるように、球根の皮をとりましょう。

チューリップ植え方 球根の向き

チューリップ 球根には、分かりづらいですが、平らな面と丸い面があります。

机のうえにおいて確認すれば、

平らな部分が下になっていれば、チューリップがごごろごろ動かず、ぴたっと立ちます。

丸い部分が下になっていれば、グラグラしています。

チューリップの球根を植える向きは、平らな部分を外側にむけて植えましょう。

プランターの中央ではなく端にそって植えていきましょう。

チューリップを豪華に植える

チューリップにはいろいろな色がありますが、青色がありません。

そこで、青色のほかの球根と組み合わせて植えることにより、

チューリップをのプランターを華やかにできる方法をご紹介します。

ラザニア植え

ラザニア植えという、異球根の組み合わせ技です。

  1. 草丈が高くなるチューリップの球根は一番下の層に、植えます
  2. 次に、その上に土をかぶせて2層目の段に、ムスカリ(青)を植えます
  3. 3層目にアネモネの球根を植えます。

ラザニア植えのメリット

チューリップは目が出てくるまで変化がないので、冬の間水やりを忘れてしますので、

他の植物と植物を一緒にうえることで、球根の水不足を教えてくれます。

真ん中にパセリやパンジーなどの植物を植えましょう。

チューリップ 植え方プランターの深さ

チューリップは丈が高くなりますので、球根は深く下の層に植えましょう。

チューリップの根がとっても強いので、球根を植えた後は、しっかり土を上から抑えておきます。

学びとまとめ

アネモネはチューリップより先にさくので、ムスカリやアネモネの球根と組み合わせて

チューリップの咲くプランターを豪華に楽しみのは斬新です。

来春にどうでしょうか?

【関連記事】

ポインセチアの花言葉意味は?青が新しいシンボルカラー?

2017年、お正月花の生け方の簡単アレンジのコツとワザ

敬老の日(2016)に贈る花を選ぶなら、これははずせない!

 

スポンサーリンク