442715

1才を過ぎて歩けるようになり、

おしゃべりもだんだん上手になる3歳前後になってくると、

ママが気になるのがおむつはずしの

トイレトレーニングではないでしょうか?

「トイレトレーニングって難しそう」

「まだうちの子は早いわ」と思っている人もいたり、

最近の育児雑誌はトイレトレーニング開始年齢を

1歳10か月ごろから推奨しているところもあるため、

3歳過ぎてもまだトイレに行っても出ないとついつい

怒ってしまうママも多いのではないでしょうか、

でも実はポイントを押さえタイミングがあっていれば、

たった1日でおむつをはずしてしまうこともできるのですよ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

トイレトレーング前のチェックポイント

おしっこの間隔

2~3時間ほどあけしばらくおむつを替えなくても

おしっこでぬれていないこと、

その後にでたおしっこが

一度にまとまった量がでているか確認します。

膀胱器官など排尿に関連する筋肉が

十分に発達しているのどうかをチェックするためです。

おしっこの間隔も成長と同じように個人差がありますので、

年齢だけでトイレトレーニングの進み具合を

はかれるものではありません。

2~3時間以内もたなければ、トレーニングをすすめることは

親子で負担になりかねませんので

あせらず時期がくるのを待ってもいいでしょう。

ひとり歩き、手足の発達、言葉の理解

ひとりでじゅうぶんに歩ける事、

指先を使って上手くものをつかんだりできれていれば

体全体が発達している証拠です。

衣類の着脱が上手にできるようになっているとか、

おしっこの間隔とともにこの体の発達具合も目安になるでしょう。

ママの言葉を理解し、従うことができていること、

2語の言葉を発したりしていれば、

トイレトレーニングに挑戦できる段階まで発達しているサインです。

ステップ1 おしっこを見せる

ぬいぐるみやお人形をトイレに座らせて、

”おしっこをする”という様子を実演して見せ教えてましょう。

そのとき、ママは、まねしたくるなるような気持ちを誘い、

ぬいぐるみには精一杯「じょうずにできたね~」とほめてあげましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ステップ2 お人形のおもらし

お人形に「おもらし」をさせてみます。

お人形のパンツやおしりを濡らしてこどもにさわらせましょう。

「でちゃったのね、ちゃんと教えてね」と、

失敗してもらしたりすることをたしなめます。

ステップ3 おしっこに誘う

15分間隔でおしっこに誘いトイレに座らせてみましょう。

トイレに座わがることを嫌がったら15分くらいおいて、

また誘ってみることを繰り返していきましょう。

出なくても、お歌を歌ってりおしゃべりして

しばらく座っていられるようにしましょう。

3歳くらいになると、トイレに座ったとたん、出なくなったり、

トイレから降りたとたんおしっこが出てしまったりと、

自分でコントロールがうまくできずに、ママを怒らせてしまうことになってしまいます。

もう、3歳ではなくて、まだ3歳です。

生まれてからおむつにお世話になっていた時期のほうが長いことを思えば、

怒鳴らず叱らずゆったり、ゆっくり見守っていきましょう。

ステップ4 おしっこがでたら褒める

おしっこがうまくできたときには、

「よくできたね」「じょうずだったね」と思いっきり褒めてあげましょう。

ママに褒められることが一番の自信になります。

今度失敗してしまったらどうしようといつも不安がってしまうようでは、

小学生になっても落ち着けません。

褒められる喜びで、安心感をあげましょう。

学びとまとめ

今日はトイレトレーングを頑張るぞと決めた日は、

いつもより水分を多めにとらせて

パンツをあげさげしやすい服装でいましょう。

おおげさなくらいに褒めて、

何度失敗しても決しておこらないことが成功への最大の近道です。

誘わなくても、おしっこを教えてくれるようになったら

おむつはずし完了です。

【関連記事】

おむつのサイズアップするときは3つサインを目安しよう

【すくすく子育て】トイレトレーニングの再放送はいつ?

赤ちゃん女の子のお股かぶれの原因はおむつの他にある?

おむつサイズパンツ型の徹底比較検証してジャストタイプを選ぼう!

オムツサイズアップはおへそで決める?パンツ型の比較検証

 

スポンサーリンク