461728

 

7月7日は七夕ですね。

七夕が近づくと、街のあちこちにはは七夕飾りがお目見えし、

子供たちが色とりどりの短冊に願い事を書きくくりつけています。

日本の夏の風物詩とも言える七夕祭りの短冊の色に

とても大切な意味があったことをご存知でしたか?

そして叶いやすい願い事の書き方とあわせてご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

 

七夕短冊の由来

短冊の色は5色、赤、青、黄、白、黒が用いられていましたが、

由来は、中国の陰陽道五行説からきています。

中国古代の学説で、

自然も人間も、木・火・土・金・水の五つの元素の

一定の循環法則に従って変化するという説があり、

人間が真面目に生きて行く意味もあるそうです。

それぞれの色には、

人間が正しくあるべき心構え、守るべき徳とされる

5つの徳を意識しあてはめられているといわれています。

五色の短冊

「五色の短冊」とたなばたの歌にも登場する短冊ですが

乞巧奠が伝わったばかりの頃は、短冊を飾るのではなく、

五色の糸を備えていました。

この糸が、後に布となり、江戸時代になると、庶民の間に七夕が広まり、

高価な布はなかなか手に入れにくいことから紙の短冊へと変化していきました。

「五色の短冊」の五色は、中国の陰陽五行説からきています。

が本来の色です。

  • 青=仁 徳を積む・人間力を高める
  • 赤=礼 父母や祖先への感謝の気持ち
  • 黄=信 信頼、知人・友人を大切にする
  • 白=義 義務や決まりを守る

七夕短冊5色の意味

徳は仁

これは親や先祖への感謝を表す、という意味があります。

父母や祖先への感謝の気持ちを表し、両親の長生きを願いますので、

赤い短冊に書くお願いは

両親が長生きできますように

家族みんなで元気に暮らせますように

などがといったものがピッタリです。

青(緑)

徳は礼

周囲への感謝をあらわし、人間力を高めることを意味します

青は緑でも代用することができます。

願い事には自分自身を磨き、成長を願うものが適しています。

青い短冊に書くお願いは

誰にでも優しい人になりたい、

困っている人の助けになりたい

といったものがいいですね。

徳は信

人を信じ知人・友人を大切に思い、人間関係の向上を表します

黄い短冊に書くお願いは

友達との仲が続くことや、

新しい環境で友達ができるよう、

といったものがあいます。

徳は義

義務や決まりごとを守り、自分できめたことを守り通す心を願います。

願い事に関しても、自分で決めた事を守り通すことに向いています。

白い短冊に書くお願いは

禁酒禁煙、

目標達成や決意表明などがいいですね。

黒(紫)

徳は智

学業の向上、学ぶ意欲を表します。

後になって、「最上色」といわれる「紫」がすべてをまとめるとし

「黒」に変わって利用されるようになりました。

紫の短冊に書くお願いは

学校の成績アップ

資格取得、

合格祈願、

物事をもっとよく知りたいといったものを願いましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

七夕短冊に願いが叶う書き方

よく一般的に見かける願い事には、「~になりますように」

「~になる」と断言すると、よほど無茶なものでない限りは叶います。

このように願いや目標を断言し言い切ってしまうことで、

実現しようという力が働きがその願いを叶えようと

無意識のうちに自分の行動が変わっていくそうです。

結局、願い事は他人に頼らず、叶えるのは自分自身だということですね。

自分の願い事にそった短冊の色を選び具体的に書く事が良いとされています。

今年はぜひ「~になる」と断言した願い事をしましょう。

願い事が叶う可能性がグンと高くなりますよ。

学びとまとめ

「ほんとうに願い事は叶うの?」

と子供が質問してきたら、

たなばたのうたの2番にもあるように、こう話してあげるのはどうでしょうか。

 

五色の短冊

わたしがかいた

お星さまきらきら

そらから見てる

 

何もしないより、何かを頑張っているひとは

神様もそらからきっと見ていて手助けしてくれるのよ…

7月7日の前後、晴れていれば

21:00過ぎたころ東の空を見上げて、明るい星がいくつかあります。

その中に見つける一番明るい星2個が織姫さまとと彦星さま。

その間には天の川が流れています。

今年はどんな願い事にしましょうか?

【関連記事】

ペルセウス座流星群2017!千葉の観測場所にはジブリの秘境?

折り紙で星を立体的に!5枚使って簡単に折れてしまいます

【京都鈴虫寺お礼の方法】お守りの効果と願い事の方法

 

 

スポンサーリンク