8177c3bc66b8fdad74e4c4abf46c7d3a_m

保育所に希望しても入れない待機児童問題は

いまや社会問題として深刻化しています。

「保育園落ちた」の匿名書き込みについて日本中を騒がせましたが、

これは氷山の一角にすぎないと言われています。

地域によっては異なりますが、

働きたくても子どもを保育園に預けられず

困っているママたちが大勢います。

そんな母親たちを助けるべく保育園を増やそうすれば

住民から反対運動がおこる始末で

子育てしにくい社会はいまだ続いています。

しかし、公表されている待機児童数のうらに、

潜在待機児童(隠れ)待機児童の数がふくまれておらず

実情はさらに深刻だとご存じでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

待機児童の背景

少子化はどんどん進むので、

以前のように子どもの数に見合った施設が不要になってきたため

自治帯は保育園統廃合などをすすめて、

設備面の整備を縮小させていきました。

わが家も統廃合により新設した園への転園することになりました。

ただ、長引く不景気のため、

結果働きに出る母親、働き続ける母親が増加して、

受け皿となる保育園が足りなくなってしまったということが

大きな原因ではないかと思います。

待機児童の数字マジック

では、待機児童がいないという自治体は問題ないかというと、

そうとも言い切れないところがありまして、

なんと待機児童の数え方は自治体によって

さまざま違いがあるというのです。

例えば、保育園に入園できず育児休業の人がやむをえず

育休を延長した場合においては、

待機児童にカウントしないということが発生してきます。

また、本人がいくら求職中でも

ハローワークに登録していない為

求職の実態がないという理由で、

待機児童の数にはふくまなくてもいいという

曖昧な線引きもあります。

待機児童のゼロは、地域の入園事情をあしで

調べて把握することが大切なポイントではないかと思います。

潜在待機児童・隠れ待機児童

潜在(隠れ)待機児童とは

第1希望の保育所に入れずに、仕方なく、

第2希望以下の保育所に入っている児童のことをいいます。

空きがあるにも関わらず通える施設に入らなかったと判断されたり、

認可外施設に入ったりした場合、

厚労省の待機児童の定義から外れるることになります。

具体的な例

保育園に入園できていないにもかかわらず、

待機児童数にはカウントされていない子どもたちの

具体的な例をあげると…

  • 下の子の育児休業中につき、預かってもらえずに待機している児童
  • 第一希望の保育園に入園するために、入園可能な保育園が他にあっても待機している
  • 入園が認められず、育児休暇を延長
  • 認可保育園に入れない為、無認可保育園に入園
  • 幼稚園などの一時預かりを利用

待機児童ゼロの市町村があったりしますが、

どのような定義でカウントするかによって

どうにでも数字が変わるので、うのみにできません。

待機児童問題を解決、待機児童が減らないと

世間で言われて久しいですが、

これでは国が実態を反映していないのかと

指摘されてもおかしくないですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

第2子の壁

待機児童の多い地域では、保育園に入るために情報収集から、

見学、入園申込にいたるまでさまざまな活動を

「保活」といっています。

民間団体の調査で、子育て世代の6割が、

「保活がなければ、もう1人子どもを持ちたい」と

考えていることが分かっています。

埼玉県所沢市が、第2子育児休暇中に、

保育園に通わせている上の子は、

原則的に退園とする方針を打ち出したことも

大変世間の話題となりましたね。

これもまた待機児童の解消が目的であります。

第2子の育休中のママにとっては職場復帰が困難になり、

保育園に預けるワーキングマザーにとっては、

第2子が欲しくてもなかなか作れない状況になります。

このような状況が2人目の出産をためらってしまう

「第2子の壁」の一因となっている様子がうかがえますね。

学びとまとめ

待機児童が多い地域については、一刻も早い解消が求められる

政府が「希望出生率1.8」の目標達成をかかげるならば、

子どもを保育所に入れるための制度を

早く整備していただきたいものです。

2015年4月から、待機児童の解消にむけて

幼稚園と保育園の両方のよさをあわせもつという

「認定こども園」が施行されました。

こうした取り組みにも期待がよせられます。

待機児童問題を早期解決して、

子どもを育てながらでも働きやすい

日本になることを祈るばかりです。

【関連記事】

【あさイチ】貸す育児は、お互い様ビジネスで現代にぴったり!

106万円の壁はいつから?メリットとデメリットから年収を意識して働こう

103万円の壁が廃止?いつから見直し?具体的に試算

配偶者控除廃止はいつ?専業主婦の負担増で3つの生き残り道

 

 

スポンサーリンク