98958215281fed77a985c396aac5708b_s

仕事をしていく中で避けて通れないのが、人間関係での悩みですよね。

他人と上手くいかない環境は本当に苦しいものです。

職場は自分の身近にはいないタイプの人達が沢山集まっていますので、好き嫌い、合う合わないに関わらず、苦手な人達とも仕事をしていかなければなりません。

今の職場の人間関係に本当に疲れてしまったあなたは、対処法の鉄則を自分なりに身につけておく事が大切です。

 

スポンサーリンク

 

 

自分を変える

ついつい相手に期待して、求めてしまいますが、変えること出来ないんです。ですが、自分を変えることは比較的やりやすいのです。

それには、自分をよく知る必要があります。なぜなら大抵の人は自分で思っている自分と、他人から見た自分には大きな差がありことを知りません。

自分に問うてみてください。

自分から挨拶やコミュニケーションを取りに行ったか?相手の話をきちんと耳を傾けているか?
自分勝手な行動をとっていないか?

 

自分で見つけたところを他人は嫌だと感じているかもしれません。

 

人に改善を求める前に自分が変わる努力をしてみることが近道です。

よそはよそ、うちはうち

隣の芝生は青くみえるといいますね。

誰かと比べるということ自体が疲れてしまう原因なのです。闘争心を常に燃やしている人は周囲の目をいつも気にしていなければいけません。

よそはよそ、うちはうちと考えられるようになると、心がとても軽くなります。人間関係を良好にし、職場の雰囲気をよくしたいのなら、今一度自分を見つめ直す必要があるかもしれません。

仕事以外の趣味を持つ

職場の人間関係に疲れたときは、実は新しいことを始めるにいい時期でもあります。仕事以外の趣味を持ち、サークルなどの職場とは違う人の集まりに参加してみましょう。

面倒な人間関係のせいで思考回路が一方通行になりがちですが、違う世界を見てみるととても新鮮な気持ちになり、新しいヒントがえられるかもしれません。

あなたが子供の頃好きだったもの、同じ興味を持った人達の集まりや、没頭できる趣味に参加するのがおすすめですし、全く新天地のジャンルでもいいですね。

大切なことは、新しい人間関係をつくることであります。

人間関係を紙に書き出す

一度冷静になって人間関係を3つのグループに分けて整理してみましょう。

「好きな人」「苦手な人」「どちらでもない人」

頭の中だけで考えているとl混乱してしまいがちですから、文字に起こして紙に書きだしてみることは発想転換には大変有効です。

実際に分けて書いていると不思議なことに「苦手な人」はそんなに多くないことに気付かされるはずです。

そして、あなたがこれからも変わらぬ関係で居たいと思える「好きな人」の存在を忘れないでください。

もし同僚の中に「好きな人」がいなければ家族だって良いのです。

人間関係に疲れた時はあなたとあなたの周囲の人間関係を改めて見つめ直す良いチャンスだと思うようにしましょう。

スポンサーリンク

 

環境をかえる

努力しても変われない、職場の人間関係は酷くなる一方、心が疲れた…と、

頑張っても、どんなに努力しても変われないときは、この問題の「世界」の中でやっているからなのです。

対策として勇気をもってこの世界から外に出なければ変われないのです。

 

 

逃げたっっていいんです。自分の本音の部分では逃げてはいません。

努力の方向性が間違っていただけなんです。

あなたの行為を逃げたと言う人間は、所詮あなたの苦労を知らないだけの人間です。

 

学びとまとめ

人は苦手な人が居るとどうしてもその人を避けてしまいがちです。

これでは人間関係は悪くなっていく一方です。ポイントは、苦手な人にこそ積極的に挨拶をしましょう。

職場の人間関係が悪化していると声を掛けても無視をされることがあるかもしれませんので、「○○さん、おはようございます」のように名前を添えて挨拶しましょう。

諦めずに、毎日繰り返しているうちに笑顔で挨拶をされて嫌な気持ちになる人はいないので、相手も無視できず、コミュニケーションへと繋がっていきます。

「鏡の法則」という言葉があるように、相手に変わってほしければ、まず自分が変わることが大切です。

そしてやるだけのことをやったら、あとは勇気をもって新天地をさがしましょう。逃げではなく旅だちです。

 

スポンサーリンク