8月22日火曜日放送のあさイチでは、

水害保険についての

夏になると毎年被害がでる台風に、

最近、猛威をふるうゲリラ豪雨は

山間部だけでなく都市部でも床上浸水の被害がでています。

水害が火災保険でカバーできるんですよ。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

床上浸水の被害

自分の家が水に浸かってしまうという被害は、

ゲリラ豪雨が多発する今は、どこで起こってもおかしくありません。

床上浸水となると、大切な家財が台無しとなるだけでなく

買い替えや住居の補修に多額の費用がかかってきます。

火災保険

水害、水災の保険に火災保険が味方になってくれます。

被災証明書や、被害箇所の写真など

必要な書類を揃えて申請すれば保険でカバーできます。

火災保険のオプション

火災保険は、火災被害だけではなく

竜巻などの突風や、

台風などの被害、

雷、ひょうなどもカバーできることもあります。

オプションで水害を加えることができますが、

現在の火災保険料に、3,000円~20,000円ほど

料金が追加されることになります。

被害から3年以内なら申請したら間に合う場合がありますので、

下記のものが揃えることが必要になります。

申請に必要なもの

  • 修理の見積書
  • 被害の写真
  • り災証明書

り災証明書に関しては、必ずしも必要ではありませんので、

確認をしておきましょう。

水害を保険を追加有無の目安

自身の地域が浸水地域に入っているかどうか、

ハザードマップで確認して、

入っているならば浸水の可能性が高いので

検討されるといいでしょう。

また、構造上半地下のお宅も必要と考えられます。

火災保険の確認

自身の火災保険の内容を確認するには、

保険証券や保険証書で確認できる場合もありますが、

明記されていない場合もあります。

そこで簡単には、

カスタマーセンターや

ホームページの個人ページで詳しく確認しておきましょう。

学びとまとめ

水害、水災など自然災害は諦めないで

火災保険でカバーできることは驚きですね。

ぜひ今一度火災保険を内容を確かめてみて

水害を追加するかどうか

検討されてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

防災グッズセットに赤ちゃんアイテムを加えよう

健康保険の被扶養者となる加入条件をズバリ

103万円の壁が廃止?いつから見直し?具体的な試算

 

 

スポンサーリンク