bad59325083c96f92e3776b881f8582a_s

日本のお正月に昔からあるおせち料理ですけど、

おめでたいお正月に食べる物ですので、

それぞれの品につきちゃんと意味とかあるんですよね。

毎年気にせずパクパク食べていましたけど、

昔、おばあちゃんが話してくれたような気がします。

今日は、意外に知られていない酢だこの意味と

他のおせち料理の意味や由来をまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

おせち料理

おせち料理は、

お正月に食べるお祝いの料理で、

一般的にはおせちといいますよね。

おせち料理の由来について

 

漢字では御節料理(おせちりょうり)と書きます。

「おせち」とは本来、暦上の節句(節供)に作られる料理

季節ごとの節に収穫物を神様に供える

そのことを「節供」、おせち料理と呼んでいました。

おせち料理の始まりですは、

神様へのお供え物を料理して食べるので、

ひとつひとつの料理にはちゃんと意味があるのです。

おせちを入れる重箱の意味

おせち料理を重箱につめ、重ねるのはなぜでしょうか?

ひとつひとつの料理に意味があるように、

おせちを入れて重ねる重箱にも意味があるんですね。

福が重なる

おせち料理を重箱に詰め、重ねて用意するのは、

福が重なる、めでたさを重ねるという意味で

縁起をかつぐためだそうです。

おせち料理は何段重ね?何段目に何を詰める?

おせち料理は本来は四段重が正式ですが、

地方や家風によって、五段重の場合もあったり、

最近は簡単に三段重のところが増えています。

何段目に何を詰める?

四・五段重の場合

  • 一の重 黒豆、数の子、ごまめなどの祝い肴(ざかな)
  • 二の重 きんとんやかまぼこなど口取りの甘いものが中心
  • 三の重 海のものの焼き物
  • 与の重 山のものの煮物
  • 五の重 五の重は控えの重で、空になっている

三段重の場合

  • 一の重 祝い肴(ざかな)、口取り
  • 二の重 酢の物、焼き物
  • 三の重 煮物

 

 酢だこの由来と意味

意外に知られていない酢だこには

どんな意味と由来があるのでしょうか?

酢だこ

酢だこは関東では定番になっているようですが、

なぜ正月料理に良く使われるのかはっきりしていない地域もあります。

酢だこには2つに意味が込められています。

酢だこの意味 その1

まずたこは、赤と白の2色からなっていて、

それがおめでたい紅白を意味し、

タコをおせちに入れるのは、その色が紅白だからです。

酢だこの意味 その2

そして、二つ目は

たこを多幸とかいて、幸せがたくさんあるよに

また当て字で「多幸」と書いたりします。

読んで字のごとく幸せが多くありますようにとの願いです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

他のおせち料理の意味や由来をまとめてみました。

えび

エビに関してはその姿形から縁起物としています。

赤色は魔よけの色、ヒゲが長い、

腰が曲がるまで丈夫という

長寿という意味合いがあります。

紅白かまぼこ

紅白は、赤は魔除け、白は清浄、

縁起物やめでたいものとして言われています。

かまぼこの半円形が初日の出の形に似ていることから

新たらしい門出にふさわしいとも言われています。

紅白なます

人参と大根と調味酢で「紅白なます」を作ります。

紅白の色が縁起が良いとされています。

数の子

数の子はその卵の数の多さから

子宝と子孫繁栄を願う意味があります。

また、数の子はニシンの卵ですから、

二親(にしん)から多くの子が出ることはめでたいともされています。

 

【数の子の塩抜き】とぎ汁と塩麹を使った時短方法はコレ!

 

黒豆

まめとは誠実で真面目という意味から、

勤勉でまめによく働くという意味が込められています。

 

【黒豆の煮方】炊飯器を使ったレシピと煮汁の効能

栗きんとん

きんとんは金団と書き、その色から黄金にみたてて

財宝、富を得る縁起物とされ

今年も豊かでありますようにという願いがこめられています。

 

おせち栗きんとんの日持ちはどのくらい?保存方法の裏技!

 

昆布巻き

「よろこぶ」という言葉にかけ語呂合わせで使われています。

当て字で子生婦と書くことも、女性の子宝を願っての意味もあります。

里芋

里芋は親芋の周りに寄り添う感じで子芋がたくさん付くことから、

子宝に恵まれるように

子孫繁栄の縁起物として食べられています。

田作り

五穀豊穣を願った食べ物として、

由来は田んぼや畑に小魚を肥料としてまいたことから来ています。

伊達巻き

伊達の由来は華やかさ派手さを表し、

派手好きだった伊達政宗に由来するとも、

昔は、大切な文書は巻物の形だったことから

学問や教養の成就を意味する。

見た目の豪華さで定番となる。

鱈(たら)

鱈の干物の棒だら煮としておせちに入れます。

語呂合わせでたらふく食べるという豊かな生活の願いをこめた

意味があります。

筑前煮

筑前煮は別名七宝煮といい、

貴重とされる七種の宝を使っていので、

縁起のよい食べ物なのです。

錦玉子

おめでたく豪華な錦の黄身と、卵の白身を

2色で作った二色(にしき)の語呂合わせで

錦玉子の縁起を担いでいます。

おせち料理と女性

おせち料理には日持ちする献立が圧倒的ですが、

普段、よく食事を作ってくれる女性に正月三が日は

ゆっくり休んでもらおうという意味が込められているようです。

昔は女性に優しかったんですね。

また、新年に台所を騒がせて火の神である荒神を怒らせないために、

正月に火を使わない、という平安時代からの風習もあるそうです。

デパートや、おせち料理販売業者が

おせち料理は女性を休ますという意味だから、

お店のおせち料理を堂々と買ってください

とPRしていたことは正論だったんですね。

学びとまとめ

元旦に祝うおせち料理には、

それぞれの料理に理由があり、子孫繁栄や豊作、長寿など、

様々な願いを祈ったものが多いのですね。

今年のお正月は、これら1つ1つの料理にこめられた願いをかみしめながら

おせち料理を楽しんでみるのも良いですね。

【関連記事】

お正月(2017)切り絵は簡単に!コタツ団らんにぴったり

2017年、お正月花の生け方の簡単アレンジのコツとワザ

お正月(2017)飾りの玄関場所は?いつまで飾る?処分方法も

お正月の喪中帰省で手土産やお供え物は何か必要?

折り紙で祝い鶴!折り方は簡単、お祝いやお正月にぴったり

 

スポンサーリンク