卒園式のふさわしいフォーマルスーツの色は、落ち着いたネイビーや黒、

グレーと言われています。落ち着いた色のスーツだけでは、

せっかくの式典なのに、華やかさに欠けますよね。

そこで活躍してくれるのが、コサージュ。

でもコサージュっていろんな色があって選びきらない!

今日は卒園式にふさわしいコサージュの色についてお話ししますよ。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

その① 春らしさを演出するパステルカラー

卒園式と言えば、季節は春です。スーツで華やかさを演出できない分、

コサージュで春らしさを表現しましょう。

春の花をイメージさせるパステルカラーのコサージュはとてもおすすめです。

淡いピンク、淡いレモンイエロー、淡いブルーなどは、

やさしい印象もあってとても人気ですよ。

 

黒などのきっちりめのスーツでも、

胸元にやさしい色合いのコサージュがあるだけで、

全体の雰囲気がやさしくなります。

立体感のある、ふんわりした素材の大きめのお花のコサージュは

とくに華やかさを演出するのにぴったりです。

すでにできあがって売られているコサージュを選ぶのもいいですが、

パステルカラーなどで選ぶなら、生花コサージュという手もあります。

お花屋さんに行き、自分で好きな色や花を選んで作ってもらうこともできますよ。

その② やさしくて上品な印象のベージュ

ベージュのコサージュも人気があります。華やかな色のものが苦手な人でもつけやすく、

なおかつ華やかさをプラスしてくれる色ですね。

上品できちんとしたイメージのある色ですので、

どんな年齢のママでもつけやすい色です。

 

ベージュのお花だけだとややさみしく感じるときには、

パールがあしらわれたものや、

サテンやレースなど何種類かの素材でできたものを選ぶと

華やかさが増しますよ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

その③ 定番の白

黒やネイビーなどの濃いめの色のスーツを着るママには、

白はもちろんオススメです。

華やかな印象もありつつ、上品、そして清潔なイメージの色なので、

卒園式の厳粛な雰囲気にはぴったりの色です。

 

女らしいデザインが苦手な人でも白だと甘い印象になりすぎず、

使いやすいのではないでしょうか。

白でいうと、白に近いグレーやシルバーもオススメです。

 

シルバーを選ぶときには、あまりキラキラしすぎないものを選びましょう。

あまり光沢のないものを選ぶと良いですよ。

卒園式にキラキラした光りものはよくありません。

デザインや女性らしいスーツの場合には、

シックな色合いであるグレーやシルバーをつけると、

全体が少し引き締まるのでバランスがとれますね。

番外編:こんな色は避けましょう

さて、オススメ色以外に、これはやめた方がいいという色もあるのでしょうか?

もちろん、あります。それは、赤や青、紫といった濃いめの色です。

原色で印象がきつくなるこれらの色は

卒園式などのフォーマルシーンには向きません。

卒園式ではなるべく原色に近い色は避けるようにしましょうね。

また、注意すべきなのが、ゴールドです。

ゴールドは色としてはNGではないのですが、

スーツとの相性が大事です。

相性が悪いと、実際の年齢よりも老けて見られてしまいますので、

スーツと合うのかじっくり見極めるようにしてくださいね。

また、くすんだゴールドにしてしまうと、

夜っぽい雰囲気になってしまいますので、

ゴールドの色合いもよく吟味しましょう。

学びとまとめ

卒園式でつけるコサージュについてご紹介してきました。

好みの色は見つかりそうですか?

卒園式では、スーツの色があまり自由に選べないので、

コサージュで自分らしさを演出したいところです。

コサージュにもいろいろな雰囲気のものがありますので、

お気に入りの一つをぜひ見つけてくださいね。

【関連記事】

【2017卒園式】コサージュは必要?場所はどこにつける?

【2017年卒園式コサージュを手作り】生花を使った作り方

卒園式の服装(2017)ママにおすすめ定番アクセサリーは?

【2017卒園式の服装】ママに人気の定番ブランド5選!

卒園式の服装(2017)ママがNGな4つのマナーとは?

 

スポンサーリンク