スーツやアクセサリーも決まり、全体のバランスもとれてきたところで、

次に気になるのは足元ですよね。卒園式のママの装いと言えば、

スーツが多く、どうしても足が出るものです。

式典などフォーマルな場での素足はもってのほかですが、

季節的にまだまだ冷え込む3月。タイツを合わせる、

黒ストッキングを履くなどは可能なのでしょうか?

今回は、卒園式での足元のファッションについてお話しします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

卒園式にタイツはダメ!

卒園式のある3月頭から中旬にかけては

まだまだ寒さが残る季節ですよね。

スーツでスカートともなると冷えがちな女性は

足元をしっかり守りたくなるものです。

しかし、卒園式などのスーツにタイツ、

黒タイツは一般的にNGとされています。

フォーマルスーツを着るときのマナーですので、

よく覚えておきましょう。

卒園式に黒タイツNGの理由

卒園式のスーツは黒やネイビーなど

やや暗めの色が好まれますので、

ストッキングの色も暗めのものを…

と思われる人もいるでしょう。

マナーの点から言えば、黒のストッキングは問題ありません。

ただ、ちょっと想像してみてください。

暗めの色のスーツに黒のストッキング。

あまりおめでたい感じじゃないですよね。

卒園式にベージュが定番

一番良いのはベージュなどのストッキングです。

ストッキングは厚さを選ぶことができますが、

寒さなどを気にして

あまり厚いものを選ぶもの良くありません。

 

40~60デニールぐらいの、やや透けるぐらいのものが良いですよ。

ストッキングは伝線したり、破けたりしやすいですので、

必ず予備を持っていきましょうね。

 

寒さ対策はどうする?靴下はOK?

卒園式が行われるこの時期の体育館や講堂などは

よく冷えて式典のあいだの寒さは厳しいものです。

よほど暖かい場所でしたらよいのですが、

冷えることを覚悟で行くしかありません。

そこで大切なのが寒さ対策ですよね。

体が冷えて具合が悪くなったり、

顔色が悪くなったりしてしまっては、

せっかくの卒園式が台無しです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

寒さ対策の靴下NG

ストッキングの上から靴下が履きたいところですが、

タイツですらアウトなのに、靴下などもってのほかです。

みっともないので、靴下は絶対にやめておきましょうね。

そんな足元の必需品がスリッパです。

折りたたんで持ち運べるタイプのものですと、

かかとまでしっかり覆われるので、

普通のスリッパや園でお借りするものよりは暖かいですし、

見た目も良いです

折りたたみタイプのスリッパを携帯

スリッパを履くとなりやすいパタペタという足音も鳴りにくいので、

すっきりとして上品な印象になりますね。

荷物としてもかさばらず、すっと取り出せますので、

子どもが入園、入学したら、一足用意しておくと良いですよ。

折りたたみタイプのスリッパをぜひ準備しておきましょう。

防寒対策はカイロ

それだけだと冷えるという場合には、

カイロの力を借りましょう。

お尻の割れ目のすぐ上あたり、

仙骨と呼ばれる部分に貼ると

下半身の冷えに効果があります。

服の中でしたら人には見えませんので、

気にせずカイロを貼っておくことができます。

仙骨だけでもまだ冷えるときには、下腹部にも貼り、

前後から下半身を温めてあげると良いですよ。

また、最近では靴下に貼るタイプのカイロや、

靴の中に敷くタイプのカイロもありますので、

目立たないようにスリッパの中に敷くのも良いでしょう。

ひざ掛けなどが使えればもっと温かいですが、

式典中にひざ掛けはあまりマナーがいいとは言えません。

着てきたコートを軽くかける程度にとどめましょうね。

学びとまとめ

さて、卒園式の足元のアイテム選びについてお話ししました。

大事な式典ですから、マナーを守ることも大切ですが、

自分の体調にも十分に注意しなくてはいけないですね。

冷えへの対策もぜひ参考にしてみてください。

【関連記事】

【2017年卒園式コサージュを手作り】生花を使った作り方

卒園式の服装(2017)ママにおすすめ定番アクセサリーは?

【2017幼稚園卒園式】バックの大きさや色はどうする?

【2017卒園式】コサージュは必要?場所はどこにつける?

 

 

スポンサーリンク