もうすぐ卒園式。

着ていくお洋服はお店で見立ててもらえますが、

アクセサリーはなかなかそうもいかないところ。

また、自分でばっちりと思って選んだものが、実はNGだったりと、

アクセサリー選びはポイントが難しいのです。

今日は、卒園式のアクセサリー選びのポイントについてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

卒園式ならではの気をつけるポイント

卒園式と入学式、時期も近くお祝いの行事ではありますが、

少し押さえるべきポイントが違ってきます。

卒園式は、今まで通った幼稚園や保育園に別れを告げ、小学校へと巣立つ式です。

中には学校が違ってお別れになってしまうお友達もいるでしょう。

ですから、卒園式の場合には、華やかさを抑え、

控えめに上品な装いにすることがポイントになるのです。

 

そしてあくまでも式典ですから、カジュアルさの強いアクセサリーは控えましょう。

長さのあるピアス、強い印象のシルバーアクセサリーなど

式典にはそぐわないものはなるべく避けた方が無難です。

また、卒園式など昼の間に行われる式の場では、

「光りものをつけない」というのが鉄則です。

大ぶりな宝石類もNGになりますよ。

一番オススメはパールのアクセサリー

卒園式の装いとして一番オススメとされるのが、パールのアクセサリーです。

パールのアクセサリーは、上品で華美になりすぎず、式典などの行事にはもってこい。

粒の大きさは問いませんが、ネックレス、ピアスやイヤリングなど

揃いのものがあると良いでしょう。

ネックレスですと短めのものから長めのものまでさまざまありますが、

華美になるのを避け、1連、2連ぐらいにしましょう。

 

パールのアクセサリーは、入園式などの式典でももちろん使えますし、

冠婚葬祭のさまざまな場面で活躍してくれますので、

一揃い持っているととても便利なものです。

 

ママになるとなかなかアクセサリーにお金をかけるのは難しくなりますが、

これから先いろんな場面で使うことを想定して、

いい機会と購入に踏み切るのも手ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

パール以外でもシンプルならOK

パールが用意できないなという場合には、シンプルなデザインで石のついたものなども大丈夫です。

心がけなければならないのは、シンプルであるという点です。

いくらデザインがシンプルでも石がとても大きくて目立つ場合には、

華美になりすぎるのでNGですね。そして、ネックレスに石がついたものを選んだ場合には、

ピアスやイヤリングなども同じような雰囲気のものを選ぶようにしましょう。

婚約指輪が大活躍

指輪も同様にシンプルなものが良いのですが、

ここで活躍するのが婚約指輪です。

ダイヤモンドなどがついていることが多い婚約指輪ですが、

結婚してしまうとなかなかつける機会が少なくなってしまいます。

婚約指輪ともなればデザインも上品ですので、

卒園式などの式典にはぴったりですよ。

全体のバランス調節が大事

ママたちの頭を悩ませるアクセサリー選びですが、

全体のバランスが大事になります。

コサージュをつける場合には胸元にアクセントがありますので、

ピアスやイヤリング、指輪などだけにする。コサージュがない場合には

ネックレスや顔周りのアクセサリーでバランスをとるなど、

一度すべて身につけてみてバランスを見てみましょう。

学びとまとめ

卒園式にオススメのアクセサリー、参考になったでしょうか?

最後にもう一つポイントを。卒園式の主役は子どもたちなので、

ママの服装が子どもたちよりも目立つのもNGです。

アクセサリーもつけすぎないよう、上手に調節しましょう。

一生に一度の卒園式。

思い出としてたくさん写真も残したいものです。

ぜひアクセサリーで装いにアクセントを加え、

きれいなママとして写ってくださいね。

【関連記事】

【2017卒園式の服装】ママに人気の定番ブランド5選!

【2017年卒園式コサージュを手作り】生花を使った作り方

2017卒園式の謝恩会を飾り付ける思い出に残るアイディア

【2017幼稚園卒園式】バックの大きさや色はどうする?

【2017卒園式】コサージュは必要?場所はどこにつける?

 

 

スポンサーリンク