2017年、サッカー日本代表の大きな目標は

ワールドカップロシア大会への切符でしょう。

アジア最終予選で勝ち残り、

6大会連続の本大会出場をかけます。

ぜひ勝ち取ってもらいたいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

サッカーW杯 アジア最終予選

いよいよ来年の2018年に迫ったワールドカップ(W杯)。

アジアのW杯出場枠は、4,5チーム。

最終予選は12チームがホームとアエェーに分かれて争い、

各組2位までが本大会出場権を獲得します。

各組3位が対戦し、勝者チームは出場権をかけて

北中米カリブ海4位との大陸間でプレーオフとなります。

日本のB組は他にサウジアラビア、オーストラリア、

アラブ首長国連邦、イラク、タイでとなっています。

A組には、イラン、韓国、ウズベキスタン、シリア、

カタール、中国で構成されています。

最終予選は、一年間の日程で9月まで続きます。

 

サッカーW杯 アジア最終予選へ明るい兆し

2016年11月、

日本代表はB組首位のサウジアラビアと戦って

2-1で勝利しました。

この1戦では、原口元気、清武 弘嗣、大迫勇也3選手が、

それぞれの持ち味を存分に発揮してくれました。

大注目の原口元気

サッカーW杯 アジア最終予選で4試合連続ゴールと

大活躍の原口元気選手が目指すはロシア!

日本代表の熾烈なポジション争いの左のFWから

一歩抜け出した感があります。

原口選手にとって飛躍の2017年になりそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

サッカーW杯 受け継がれる思い

日本代表の定位置争いの中、

9月6日のタイ戦で左のFWのチャンスをものにできたことは

決定力として大きな成果でした。

ジョホールバルの歓喜とよばれている

日本W杯初出場を決めたイラン戦、

延長の末、岡野雅行選手が得点をあげたとき

テレビで見ていた少年は、憧れた青いユニホームに

袖を通し日本代表のFWとして戦います。

学びとまとめ

日本代表も、原口元気、清武 弘嗣、大迫勇也3選手も

すでに20代後半と決して若手ではないものの、

世代交代を印象づけられます。

2017年のW杯への切符は、3月23日

勝ち点1差で日本を追うUAEとのアエェー戦で

最終予選の開幕となります。

あの初戦の雪辱を果たして、勝って勢いにのり

ロシア行きをつかみとりたいものです。

【関連記事】

サッカー日本代表2017メンバーの血液型!今回はB型はいる?

FIFAクラブワールドカップ2016グッズはプレミアに?!

高校サッカー2017組み合わせの優勝予想と注目選手は?

第40回全日本少年サッカー大会(2016)結果速報!

久保建英君Jデビューはいつ?長野か相模原か?天才はどう作られた?

 

 

スポンサーリンク