ed46b06e88170237339ef949ff91f3ec_s

白いスニーカーは汚れが本当に目立ってしまいますよね。

特に、子どもたちのスニーカーならば、なおさらです。

その為、頻繁に洗いますよね?

ですが、洗って乾くと黄ばんでる…

よく洗ったはずなのになんで黄ばんでしまうのでしょうか?

そして、洗っても取れないこの黄ばみを取る事が出来るのでしょうか?

そんな気になることを徹底解明したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

白いスニーカーの黄ばみ

一体なぜ念入りに洗った白いスニーカーが

乾いた時に黄ばんでいるのでしょうか?

汚れがこびりついてしまっているのかな?

何て思って捨てるのは待ってください

早まらないでください。

白いスニーカーが黄ばんでしまう理由があるんです。

理由をしっかり知っておきましょう。

スニーカーが黄ばむ理由

白いスニーカーが乾くと黄ばんでしまう理由は

実は洗剤が理由だったんです。

根本的にダメだったのかって感じですよね。

アルカリ性の洗剤を使って洗うことによって

乾いた時に黄ばみが出てしまうんです。

アルカリ性は紫外線に当たることで

化学反応を起こしそれが白いスニーカーだと

黄ばみとして出てしまうということなんです。

基本的に洗剤はアルカリ性です。

洗い上がりは綺麗でも

なかなかすすぎがうまくいかないスニーカーだと

洗剤残りで黄ばんでしまうというわけなんです。

白いスニーカーの黄ばみの落とし方

重曹や洗濯用洗剤は基本的にアルカリ性です。

では、どうしたら黄ばまないで

白いスニーカーを洗いあげることができるのでしょうか?

白いスニーカーを綺麗に黄ばみなく洗いあげる方法をご紹介します。

黄ばみなして洗いあげる

上記でお話ししたように

アルカリ性の洗剤で洗ってしまうことで黄ばんでしまうんです。

アルカリ性ではなく

中性洗剤を使うことで乾いても黄ばみが出なくなるんです。

洗い方

  1. ぬるめのシャワーである程度の泥や汚れを落とす
  2. ブラシに中性洗剤をつける。(食器用洗剤など)
  3. ゴシゴシ、ゴシゴシ!細かい部分には古い歯ブラシなどが便利
  4. 綺麗に汚れが落ちたらよくすすぎ洗い
  5. 風通りの良い場所で乾す

(新聞紙を丸めて靴の中に入れておくと時短で乾かせる)

洗剤を変えるだけで

こんなに違うんだ、と驚きますよ。

お酢を使ってよりピカピカに

お酢にはアルカリ性を分解してくれるパワーがあります。

なので、アルカリ性の洗剤洗ってしまった場合でも

洗い終わってすすぎをとにかく良くしたら

その後にバケツ一杯に対して200ccぐらいのお酢を入れ

その中に洗ったスニーカーを1時間〜2時間程度つけて置いて乾かします。

そうすることによってより白くピカピカになってくれます。

アルカリ性の洗剤洗った場合には日向ではなく風通りの良い日陰で乾かしてください。

日向で乾かすと黄ばみが出てしまう可能性があります。

白いスニーカーの汚れ対策

汚れが目立つ白で敬遠してしまいますが、

流行っていたり、なによりとてもおしゃれですよね。

汚れがつく前から対策をして

白さを保ち綺麗に履きましょう。

防水スプレー

最近は靴屋さんで買った時に

スプレーをしてくれるお店も増えていますよね。

一本家にあるととても役立ちます。

防水スプレーと言っても水を弾くだけじゃないんです。

実は防水スプレーは汚れも弾いてくれちゃうんです。

なので、買ってすぐスプレーするのはもちろんですが、

自宅で靴を洗った後にスプレーするだけで

汚れのつき方が全然違うのでお勧めです。

ロウソク

えっ!ろうそく?って思いました?

ロウソクを固形のままスニーカーにこすりつけます。

そうすることによってスニーカーが

コーティングされて汚れがつきにくくなるんです。

学びとまとめ

白いスニーカーが黄ばんでしまう理由は

洗剤が原因だったんですね。

根本的過ぎて驚きですよね。

汚れがつく前にしっかり対策をして汚れをつきにくくしておきましょう。

そして、白いスニーカーを自信満々に履きこなしちゃいましょう。

【関連記事】

白いスニーカーの洗い方!漂白剤と塩素ハイターどっちが効く?

上履き汚れは漂白剤で白くする?汚れ防止と落とし方のコツ

服についた絵の具の落とし方!染み抜きの簡単な方法は?

 

 

 

 

スポンサーリンク