c1e50dd83bd78c418cf18251a3fbf763_s

3才、5才、7才の節目の年に

子どもの健やかな成長を感謝し

家族でお祝いする七五三。

子どもによってっも、ママにとっても

失敗したくない、はずしたくない

一生に一度の晴れ舞台の七五三をリサーチしました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

2017年の七五三はいつ

2017年の暦のうえの七五三お参りは、

11月15日水曜日ですが、

今年は数年ぶりに大安と重なりました。

平日ではありますが、混み合いそうですね。

ただし、日付にこだわらずシーズン中に考えると、

11月に土日休日に大安日少なく、

10月下旬の週末なら大安と重なるので、

分散されることにもなりそうです。

2017年の七五三のピーク

地域によっては寒くなる10月中にというこころもありますが、

2017年の七五三の日は、11月3日祝日の金曜日が大安となっているので、

お参りのピークとなり混み合いそうです。

また、前撮りなど記念撮影を同日か別の日にする方もいるので、

写真店もこのあたりは予約でいっぱいになりそうです。

七五三2017年の早生まれ

3歳で早生まれの子は周りのこと結構成長の差が目立ち

着付けや写真撮影など負担がかかることも

ママは考慮したがいいでしょう。

年齢 数え年 満年齢
7歳(女の子) 平成23年生まれ 平成22年生まれ
5歳(男の子) 平成25年生まれ 平成24年生まれ
3歳(男女ともに) 平成27年生まれ 平成26年生まれ

七五三はどこまでする?

七五三におけるマストなイベントであるお参りやおはらいではなく

記念撮影が七五三という傾向が最近強く、

お参り日と撮影日をわける前撮りも人気です。

記念撮影は写真店からバンバンDMがとどくのも、

急かされているような気がしますよね。

3ce4cc3298cc7095b8cad8e6c5798147_s

七五三記念撮影

スタジオマリオでは前撮り記念撮影で、

まるでアイドルなみのA4サイズの本格的な写真集に仕上がったり、

本格的なヘアメイクとおしゃれなロケーション写真で残すことができたり、

夏に早撮りで前撮りを予約すると両親の着物が無料になるなど

お得な特典がついてくる店舗もあり、

人気店は早くから予約でうまってしまいます。

七五三お参りの服装

地域性にもよりますが、年々洋装が和装よりすこし多くなる傾向にあるのも、

和装は前撮りにて済ませてあるためです。

着物よりドレスがかわいいななと思ったけど

やっぱり着物を着せればよかったという声もよく耳にしましす。

ママに洋装が多いのは、着付けなど費用がかかるので、

より動きやすさを優先して洋装でおちつくとうというからかもしれませんね。

七五三ご祈祷料の相場

お参りのおはらいの相場 5000包むのが一般的だと言われています。

正式には、氏神様にもうでたら、

おさい銭を入れて手をあわせるだけでなくおはらいを受けとりますが、

ほとんどは、お気持ちでといわれることがおおいです。

巫女さんプレミアりかちゃんの七五三は、

祈祷料は1万円からと納める金額が設定されているところもあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

七五三ご祝儀袋の書き方

お渡しする袋の体裁は神社の場合、

紅白の花結びに「御初穂料」または「御玉串料」とし

下にこどもの本人のフルネームと左下に年齢を記します。

のし袋を用意する発想がなくて、

当日社務所で見回したらむきだしのお札で支払っているのは

自分だけだったなんで、恥ずかし思いをすることのないように…

数え年

戦前まで一般的だった年齢の数え方。

生まれた時が1才で、元旦をむかえるとひとつ年をとる。

近年はきょうだいいっしょにお祝いするために兄は数え、

妹は満年齢という使い分けが最近の傾向ですね。

内祝い

七五三のお祝いは身内でのことなので、

お返しは基本的には不要です。食事などにご招待すればじゅうぶん。

ただ、遠方の親戚などどうしてもの場合は

いただいた金額の1/3程度を内祝いにしましょう。

お参りの意外な必需品

祝詞の途中でトイレにいきたがってあわてたり、

お参りはバタバタしてしまいました。

境内で草履が痛いと泣きだしたうえ、

代えの靴を忘れてしまうという散々な目にあることもありました。

ぜひ、草履のほかに普段履きの靴を持参されることをお薦めします。

意外に重宝します。

虫封じをすませる方も

お寺で祈祷ついでに虫封じも一緒にすませる方もいます。

虫封じで治せる症状は、

夜泣きやおねしょなどが言われていますが、

他にも癇癪、言葉の遅れ、偏食、アトピー、

アレルギーなどにも効果的な祈祷と言われています。

学びとまとめ

七五三は準備万端で挑んでも、

結局はこどものご機嫌しだいなので、

バタバタと終わってしまうものです。

でも、お祝い着で外を歩いたり

道行く人におめどうと声をかけてもらえるのは七五三ならでは、

自分の七五三を思い出せば初めてのお化粧とか

何かあらたまった感じで嬉しかったものでした。

終わってみればやってよかったと思える

大切な家族の節目となることでしょう。

【関連記事】

七五三の前撮りはいつ頃?夏の親の服装の注意すべきことは?

七五三の男の子はいつしてる?5歳だけじゃなかったの?!

七五三お祝いの食事で外せない6つのポイント

七五三お祝いのお返しはマナーを守って感謝を贈ろう

七五三由来を紐解けば、年齢ごとに祝う意味がありました

 

 

スポンサーリンク