63bcf83d9d29594d842714c39ddab7af_s

もうすぐ七五三の季節がやって参りますが、

日本の伝統行事の一つのこの行事はどのような由来があり、

どのような経緯で現在のような形になったのかご存じですか?

子どもに「七五三って何?」って聞かれてもどのように答えたらよいか、

ちょっと困ってしまいますよね。

そこで、七五三の由来や千歳飴の意味や食べ方などについてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

七五三の起源・由来

起源は室町時代で、江戸時代の武家社会を中心に

関東から全国へ広まったといわれています。

当時は子どもの死亡率が今とは比べ物にならないくらい高かったので、

7歳までは神の子と言われ、

現世に命がしっかりと定着していない者として扱われていました。

当時の戸籍にあたる人別帳や氏子台帳に登録されるのも、

生まれてから3~4年も経過してからでした。

そのため、無事に成長したことへの感謝と

幼児から少年・少女期への節目に三歳から七歳の間にお祝いが

行われるようになったと言われ ています。

そのような背景から子供の成長と幸せを願い、

神様にお祈りと感謝をするお祝として普及し、

明治時代に現在の形になったと言われています。

もともとは、宮中儀式でしたが、

江戸時代には呉服屋の宣伝によって、

一般的に広く行われるようになったということです。

七五三の意味

七・五・三という数字なのは、昔から奇数が目出度い数とされ、

男の子と女の子でお参りする時期が違うのは、

それぞれの歳にお祝いをする意味があったんですね。

 

3歳

昔は病気予防のため乳幼児期は、

髪をそっておく風習がありました。

3歳になることで髪を伸ばし始める為の

儀式髪置(かみおき)が行われていました。

5歳

袴着(はかまぎ)といって、

男の子が数えで五歳ごろに始めて袴を着ける儀式で、

幼児から少年への始まりの節目という意味が込められています。

7歳

女の子が7歳で、女児が三つ身の着物と付け帯から、

四つ身の着物と大人と同じ幅の帯を使い始め、

帯を締める着物にかえ着物帯の装い始めるという

帯解(おびとき)という儀式です。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

千歳飴の意味は?

千歳飴は元禄時代に江戸浅草にある飴屋が、

子供たちが長生きするようにという願いを込めて考案して、

長い袋に千歳飴と書い売り出したことが始まりと言われています。

神社に参った帰りにおみやげとして持ち帰り、近所などに配ったそうです。

千歳飴のちとせは千年という意味をもっていて、

子供の健やかな成長と長寿を願って長く伸びるという意味が込められているのです。

別名千年(せんねん)飴とも呼ばれています。

最近はなぜか太くて短いものも見かけるようになりましたが、

千歳飴って長いので、途中で飽きてしまいますが

縁起物ですので折ったり、

切ったりするのはあまりおすすめはできません。

余った千歳飴の美味しい食べ方

ひとつの方法として、溶かしてから牛乳と一緒に

ミキサーすると美味しいそうです。

私は、ビ-フシチューなどの煮物に入れると

三温糖のようなコクがでて美味しいできました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

11月15日のエピソード

そもそもなぜ11月15日にお祝いすることになったのでしょう?

さまざまなエピソードがあるのでご紹介します。

体の弱かった綱吉健康祈願

11月の中旬、徳川五代将軍綱吉が、体の弱かったわが子徳松(後の将軍、綱吉)の

健康を祈り髪置の儀式を行おうとしたが、

これと言った吉日がみつからず側近が調べた結果、

旧暦の15日、かつては二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)、

婚礼以外は何事の祝い事にも吉とされていた日がありました。

この日 に髪置の儀式を行った健康を祈った後、

徳松がすくすくと成長したことにあやかって以来、

髪置と袴着と帯解という子供の成長祝いは

11月15日に行うと定めてしまった という説もあります。

秋の収穫と子供の成長を感謝

旧暦の11月は秋の収穫を終えてその実りを神に感謝する月であり、

その月の満月の日である15日に、

氏神への収穫の感謝とともに、子供の成長を感謝したそうです。

七五三の合計が15

七五三をすべてたした数が

15になるこたからとも言われています。

霜月祭

古くから行われてきた、霜月祭(家業に関係深い神々を祭る日)

によるものとも言われています。

七五三の由来を保育園で子供向けに

保育園で子供たちが七五三を訪ねてきたら

このように簡単に説明するとわかりやすいでしょう。

七五三とは、

子供が7歳、5歳、3歳になるとき、

またはたんじょうびをむかえるときに

みんなの成長を祝って、

神様にお参りして、

これからも元気に育つようにお祈りする行事。

もし、もう少し詳しく説明するならば、

年齢ごとの由来を話しましょう。

七五三は、

3歳のときに男の子も女の子も両方、

5歳は男の子だけ、

7歳では女の子がお祝いすること
 
昔、七五三のお参りは、

11月15日と決まっていましたが、

最近はそうでもないということ。

七五三ってお祝いなんだという

良いイメージを持ってもらえて

お参りを楽しみにしてくれればいいですね。

学びとまとめ

七五三のはその土地神社へいくのがしきたりとして残っていますが、

最近は神職の方がいない近所の神社で

ゆっくりお参りする方が多いようです。

七五三の由来と歴史、その意味についてお話してきましたが、

今年、お子様の七五三を迎えるという方は、

ぜひご家族で、お子様の健やかな成長をお祝いしてあげてください。

【関連記事】

七五三の男子はいつやる?服装は着物とスーツどっちにする?

七五三はいつ?掟を知って、意外に重宝する持ち物を忘れずに

七五三で前撮りが必要な理由とおすすめ時期

七五三お祝いの食事で外せない6つのポイント

七五三お祝いのお返しはマナーを守って感謝を贈ろう

 

スポンサーリンク