cb5910e869734ab12ffab16042ff3155_s

もうそろそろ七五三の予定を組まれている方も多いのでは?

七五三のお祝い時に、食事会を開くという方もいらっしゃいます。

両親とともに食事会をする予定なら

費用の負担者や、服装など

ママはあれこれ悩むことも多いはずです。

着物を着てお参りに行ったら、

次はお食事という話を耳にするけれど、

どんなところでお食事したら良いの?

食事の予算や手土産も決めなきゃならないし、

七五三のお返し熨斗( のし)の表書きについても

初めての七五三で分からないことだらけのママの不安を

七五三の食事会についてあれこれをクリアにしていきます。

スポンサーリンク

 

 

七五三食事会の予算

予算は場所により開きがありますが、

一般的な相場は、お昼は、3,000円~、

夜であれば5,000~10,000円を目安としましょう。

楽しさ重視であればファミレスで、

そこそこの格式は重視ならばホテルや、

近くのお店で、七五三プランがあると

思いますので、一度チェックされてみると良いです。

七五三食事会の場所選び

お食事は、なんといっても

お参りする場所の近くのお店が一番便利です。

朝から着付けして、お参りしたあとに

あちこち歩き回るのは大人だって疲れてしまいます。

七五三のお食事会というと、

会席料理や和食のイメージがあるかも知れませんが、

お子さんの年齢によっては難しい場合もあります。

近くのホテルや割烹料理屋など

手ごろなお店を探してみるのも一つの方法かもしれませんよ。

費用はだいたい一人3,000円〜7,000円があたりとだと思います。

七五三の時期になると、

ホテルで「七五三プラン」という、大人10,000円、子供は3,000円くらいで、

食事プランが各種用意されます。

祖父母や親戚など家族だけではない食事会の場合は

ファミリーレストランよりもむいているかもしれません。

七五三食事会の 服装

お参りのあとでも、いったん着替えて、普段着でOKです。

女の子ならブラウスとワンピース、

男の子ならシャツとパンツなど、

いつもよりちょっと上品カジュアルな服装でお食事に行くと、

お祝いのお食事らしくていいのではないでしょうか?

慣れない着物でお食事をするのは難しいですし、

子どもたちも窮屈ですからね。

七五三食事会の費用は誰が負担する?

なかなか言い出しにくいので、みんなが悩まれることだと思いますが、

支払いは基本的にはお子さんの両親が支払います。

自分たちが費用を負担する心づもりで

食事会の場所をご両親を招待しても、

会計の際に「ここはいいから」とさりげなく言われたたら

遠慮なく甘えさせてもらいましょう。

ただし、あらかじめ支払いを期待して、

結局は自分達が払うことになんてことのないように、

最初から自分立ちで支払うつもりで予算を立て、

お店を検討しましょう。

ddee581e61b39356522ec6486168e420_s

七五三お祝いの食事レシピ

七五三の食事会を自宅でするなら、

メニューは何がいいでしょうか?

お祝いの食といえば、

お寿司やお赤飯、お刺身がやはり定番です。

  • お寿司 市販の素で作った海鮮ちらし、手まり寿司なら簡単できますよ。
  • お赤飯 ご飯を炊くのと同じ要領で炊飯器でお赤飯が炊けます。
  • お吸い物 お祝いの食事にはかかせない脇役です。
  • フルーツポンチ 子どもが大好きなデザートフルーツポンチ
  • ケーキ  お祝いのしめはケーキが一番

大人用に、茶碗蒸しや漬物、

子供たち用に、フライドチキンも喜びますね。

家族だけの食事会

家族だけのお祝いの場合は、

お家でお赤飯を炊いてお祝いしたり、

夕飯に子どもの好物をプラスαしてあげれば

ちょっとした特別感がでていいですね。

外食するならば、子供の大好きな回転寿司や

ファミリーレストランも喜ばれそうです。

食事ばかりでなくても、ケーキでお祝いもいいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

手土産は必要?

七五三の食事会に来ていただいた方にはお土産を用意しますが、

一般的には、食事に招待するなら

お返しの手土産は必要ないとされていますが

このへんは意見が分かれるところでもあり

地域や各家庭によっても考え習慣も様々です。

手土産の品として、お赤飯や紅白饅頭、

千歳飴、上生菓子などが一般的とされるようです。

どうしても品物でということであれば、

カタログギフトを内祝いのしにしておきましょう。

予算の目安は3000~5000円程度でいいでしょう。

七五さんのお返し

七五三のお返しとしては、食事会がある場合は、内祝いの品は不要です。

お祝いを頂いた両親や親戚には内祝いの品を贈ります。

お返しの相場

頂いた額の3割から半分程度を目安にしましょう。

少額であれば千歳飴や赤飯程度がいいですし、

ちゃんとお返しをしなければいけない方であれば、

高価なお菓子セットやブランドハンドタオルなどを選びましょう。

日が浅いうちにお返しをするのがマナーです。

七五三お返し熨斗(のし)の表書き

一般的には、紅白七本の蝶結びに、「内祝」とします。

また、「寿」や「七五三内祝」としても問題ありません。

のし下には、姓は入れずに、子供の名前を書きましょう。

学びとまとめ

一昔前とは違い、最近の七五三は、

柔軟にとらえているご家庭が多いです。

いまは、家庭の経済状況や地域性によっても、

お祝いの仕方が多様化していますからね。

七五三は、おじいちゃん、おばあちゃんも

楽しみにしているイベントですから、

是非食事会に招待してみんなで

子どもの成長をお祝いできたらいいと思います。

主役の子どもが喜ぶような

ステキなお祝いのお食事会を過ごせるようにしたいですね。

【関連記事】

七五三(2016)お祝いのお返しはマナーを守って感謝を贈ろう

七五三はいつ?掟を知って、意外に重宝する持ち物を忘れずに

七五三で前撮りが必要な理由とおすすめ時期

七五三の男の子はいつしてる?5歳だけじゃなかったの?!

七五三の由来を紐解けば、年齢ごとに祝う意味がありました

 

スポンサーリンク