173d428171ffb5f1a812f8f5d3c35f0e_s

男の子の七五三は、5歳だけじゃないの?

男の子は3歳の時はしないの?

と勘違いしてる人いませんか?

みなさんは、男子の七五三は

「いつ」にするのか正しいか知ってますか?

七五三というので7歳、5歳、3歳で

お祝いするのだということが分かっていても、

男の子と女の子でお祝いする年齢が違うこと、

年齢は数え年、満年齢のどちらで数えるのかなどは、

七五三の由来と意味からきているんです。

 

 

スポンサーリンク

 

数え年か満年齢か?

数え年とは、

ずばりシンプルに生まれた年を1歳として考え

誕生日にかかわらず、

元日を迎えるたびに、年齢を加算していう数え方です。

2017年(平成29年)に七五三

年齢 数え年 満年齢
7歳 平成23年(2011年)生まれ 平成22年

(2010年)生まれ

5歳 平成25年(2013年)生まれ 平成24年

(2012年)生まれ

3歳 平成27年(2015年)生まれ 平成26年

(2014年)生まれ

ただ数え年、満年齢どちらの歳で行っても、

何ら問題はありませんので、

参考になさってくださいね。

男の子の七五三はいつ?

男の子七五三3歳と5歳で、

女の子は3歳と7歳でお祝いするわけですが、

年といっても数え年と満年齢がありますので、

どちらの年齢でお祝いしたらいいか

ママは悩みどころだと思います。

数え年の由来

日本は古くから年齢を数える時数え年を使っていましたが、

明治6年2月5日の「太政官布告第36号」を受け、

満年齢を使用するようになりました。

七五三という行事ができた時点では、

数え年しかなかったために数え年でしたが、

現在では満年齢で行うことが多くなりました。

最近の男子の七五三

最近は男の子の七五三は3歳を省いて、

5歳だけの1回が一般的になっているようなので、

根付いてしまったのかもしれませんね。

では、早生まれの1月から3月に生まれた、

いつすればいいのか迷ってしまいますよね。

実際は、どちらでもいいんですが、

早生まれの3歳で七五三をするならば、

身体はまだ小さいので衣装を着る負担が大きかったり、

オムツがとれていなかったりします。

だから、もう1年待った3歳半くらいになってから

余裕がもってお祝いしてもいいかもしれませんよ。

兄弟や姉妹で決まる七五三

また、年齢が近い兄弟や姉妹で、

上の子満年齢、

下の子数え年

でという場合も大変多いようです。

 

七五三の男児は着物とスーツどっち?

着物を着せたいけど、窮屈で1日中着ていられないかもしれない、

楽にスーツを着せたいけど、やっぱり着物にしたほうがいいかも、

大切なわが子が着る一生に一度の節目の衣装ですから、

着物かスーツか悩むママも多いと思います。

七五三のお色直し

そんなお悩みのママに提案したいのは、

七五三のお色直しです。

半日着物を着て半日洋服、

または前撮りの日に洋服を着て、

当日着物と言う方法もあります。

 

ただし予算の都合上でどちらか一着しか選べないというならば、

やっぱり着物を着せるママが圧倒的に多いでしょう。

七五三で人気の服装

5歳の男の子の七五三で人気なのが、

写真撮影はスーツで

お参りは羽織袴というスタイルです。

七五三向けに上下セットのスーツもありますが、

ズボンだけスーツと同じ生地のニッカポッカを着せてもいいでしょう。

 

羽織袴で定番人気は、いつの時代も黒とグレーの組み合わせです。

他の子よりも個性を出したいときは、

最近よく見かける青・赤系の羽織袴は人気がありますが、

落ち着いた色でまとめるとセンスよくおさまります。

学びとまとめ

男の子の七五三は、数え年と満年齢、

どちらでもよいので、3歳と5歳で、

近年は5歳でお祝いしたり、

兄妹姉妹と一緒にお祝いするのが多いんですね。

地域によって様々なので、

一番いいのはご両親に相談するといいかもしれませんね。

祖父母になると、相談してくれると嬉しいものみたいですよ。

家族での話し合いも全部ひっくるめて、

子どもの健やかな成長を祈願する七五三が、

みんなの大切な一日となるといいですね。

【関連記事】

七五三2017の髪飾りは手作りで簡単に!ちりめんもりぼんも100均で

2016七五三はいつ?掟を知って、意外に重宝する持ち物を忘れずに

七五三(2016)お祝いの食事で外せない6つのポイント

七五三(2016)で前撮りが必要な理由とおすすめ時期

七五三(2016)お祝いのお返しはマナーを守って感謝を贈ろう

七五三(2016)の由来を紐解けば、年齢ごとに祝う意味がありました

 

 

スポンサーリンク