今ではスーパーの袋が有料は当たり前なので

エコバッグを使う女性が多くなりました。

すっかり生活に定着してきたエコバックですが、

従来型のエコバッグは折りたたみにくく、

ズボラな人にはチマチマ折り畳む行為は

本当に面倒でした…。

そこで今人気を集めているのは、

使い終わった後、一気に畳めるエコバッグ

わずか6秒でたためるエコバッグが登場しましたので

ぜひ紹介させてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

シュパット(shupatto)

エコバックのたたみにくい面倒さを解消したのが、

東京都墨田区の株式会社マーナから発売された

Shupatto コンパクトエコバッグです。

 

バッグの下の方が大きく膨らむ丸いフォルムのエコバックです。

 

シュパットの名前

このシュパットのエコバックはその名の通り、

シュパっと簡単に一気に畳めて帯状に変形します。

折りたたむ面倒から解放される画期的なエコバックです。

シュパットの価格

便利なコンパクトエコバッグ、シュパットの価格ですが、

希望小売価格 税込Lサイズ2,678円

Мサイズ2,138円となっています。

値段は少し高めに感じるかもしれまえんが、

一度買ったら長く利用できる商品であることは間違いないでしょう。

シュパットのメリットとデメリット

メリット

従来型のエコバックに比べて

折りたたむことがとにかく簡単で、時間がかかりません。

口元が広くて荷物が入れやすく、

持ち手部分は荷物の重みで巾着のように絞られます。

肩にかけられる長さなのは使いやすく助かります。

生地もとってもしっかりしています。

カラーバリエーションが色々あるので、選ぶ楽しさがありますね。

デメリット

Lサイズはそこまでコンパクトではない

入れるものが少ないと安定しません。

LサイズはMサイズより生地が厚手になっています。

たっぷり買い物をする方ならば、ちょうどいいと思います。

重い物を大量に詰めて肩にかけると、

バックの中でおなか側と背中側に

物が分かれてしまうことがあります。

シュパットの生地

生地はエコバッグでよく使われる、

耐久性の高いつるつるしたポリエステル素材です。

吸湿性が低く、汚れたら何度洗濯しても劣化しにくく、

中に入れた物が少し濡れていても乾きやすいので、

カビなどの雑菌も繁殖しにくいです。

大容量のLサイズの生地は、Mより厚手に作られています。

持ち手はリュックのショルダーベルトなどに使われる

比較的丈夫な素材が使われているため

耐荷重は、Mで5kg、Lで15kgと安心のタフさです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

シュパットの使い方

シュパットを片づけるときは、

買い物の荷物を出した後、

両サイドを引っ張ってシュパッと伸ばすと、

ピッタリっとまっすぐに伸びて細長い帯のようになるので、

あとは二つに折って あとはくるくる巻いて

パチンとボタンを留めれば最初の状態にもどります。

 

持ち手が上部なので、

自転車ユーザーのママには落下も防げて助かります。

シュパットのサイズ

シュパットのサイズは、Mと、Lの2サイズあります。

シュパットМ

Mサイズは、買い物の重さが袋口がすぼまるので、

Lサイズのように物が飛び出さないような

ボタンがついていません。

シュパットL

手のひらサイズくらいで、

Lサイズは買い物かごにピッタリの大きさとなっている。

コンパクトにはおさまらない大きめサイズです。

たっぷり買い物をする方ならば、

Lサイズがちょうどいいと思います。

バックの口がボタンで締まりますので安心です。

買い物の量が少ないと、多少不安定さがでます。

 

バッグ使用時のサイズ H32×W30cm。

 

シュパットのカラーバリエーション

シュパットのカラーバリエーションも豊富です!

Mサイズで全8色、

Lサイズで全4色

大変可愛い柄をしている女子受けがいいですが、

黒や紺色などは、男性が使っても違和感がないものも揃っています。

学びとまとめ

このシュパットは

使い終わってからがメリットの真骨頂

主婦の買い物後の片づけや面倒が一気に楽になるでしょう。

デザインも豊富なので、いくつか持っていてもいいですね。

【関連記事】

 

 

スポンサーリンク