bb9c020bb0231c7db16781065bdf4ee8_s

秋も深まってくると、神社で七五三詣りのお子さんの姿を見ることが多くなります。

とくに、女の子には可愛らしい髪飾りを付けて着飾りたいですよね。

それも娘をもつママのひとつの楽しみではないでしょうか。?

着物を手作りすることは、大変なことだとおもいますが、

髪飾りでしたら案外簡単に作れます。

100円ショップの造花にはかわいいものがたくさん。

造花を好きなように組み合わせ、

今、大人気のつまみ細工のアイテムと合わせると、

こんなにかわいい髪飾りができあがります。

つまみ細工の材料も100円ショップでそろいますので

参考にしてみてくださいね。

つまみ細工の完成品なども紹介していきます

女の子を持つお母さんなら、

手作りで髪飾りを作ってみてはどうでしょうか?

お母さんお手製の髪飾りでお詣りしたら

とてもいい思い出にもなるのでお勧めです。

100均やちりめんのつまみ細工の作り方など

可愛い髪飾りが簡単に作れる方法をご紹介します。

きっといい思い出になります、

ぜひ、七五三の髪飾りを手作りしてみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

七五三の髪飾り材料を100円ショップ

100円ショップで手軽に、

ちりめんのつまみ細工の髪飾りだって簡単に作れる方法をご紹介します。

つまみ細工 ちりめん風クロス(ちりめんのはぎれ)

ちりめんの種類には、レーヨンとポリエステルとあり、

ポリエステルはお洗濯もできるのでバッグといったものに適していますが、

髪飾り作りには、レーヨンちりめんのハギレを主に使用します。

柄と無地と両方ありますが

つまみ細工は単色ではちょっとさみしいので、

柄と無地を組み合わせて作るのがベストです。

七五三で着る着物に使われている

色や柄に合わせて選ぶと、相性がいいでしょう。

 

ab1044b658b8c2e32d4ff170c1817ebb_s

下がり部分は色のかわいいリリアン糸

髪飾りから垂れ下がっている「下がり」の部分に使います。

つまみ細工の柄や造花や色に合わせて

リリアンの糸を選べばオシャレにまとまります。

きらきらビーズ類や座金

きらきらビーズ、透明ガラス玉、スワロフスキー風のキラキラ輝く飾りなどは、

グルーガンやボンドで簡単に取り付けられます。

いろんな種類がありすぎて迷ってしまいますので、

造花やちりめんカットクロスを先に選んでしまえば、

同系色のビーズでグラデーションさせることができるので、

選びやすいでしょう。

座金は、出来上がったお花の真ん中に、

座金とビーズをつけると上品な感じに仕上がります。

もちろんつけなくても大丈夫ですよ。

パールビーズに、座金を使用する場合、

座金の中心にパールビーズを使うとまた印象が変わります。

グルーガン

ピストルのような形の機械にセットして熱で溶かした状態で

花や髪につけるピンやクリップなどを固定するために使います。

大変熱くなるので、特に小さいお子さんの近くでは使うときは十分注意しましょう。

このグルーガンは100円ショップでも売られていますし、

手芸用品店にもあります。

使い勝手豊富なワイヤー

小さな造花を束ねて使うときなどにもワイヤーがあると、便利です。

台紙になるフェルト

いろんな造花やつまみ細工を、

ひとつにまとめて貼り付ける土台にフェルトを使います。

少ししか使いませんので1枚あればじゅうぶんです。

造花

メインとなる造花はアレンジできるすぐれもの。

どんな造花を選ぶのかはママのセンスの見せどころです。

同じお花の色違いをまとめてもかわいいですし、

大きな髪飾りの横にポイント的にさしてあげても華やかになりますよね。

消えるチャコペン

ちりめんはやわらかいので、普通のチャコペンなどではラインが引きにくいです。

自然にラインが消えるマーカータイプの消えるチャコペンだったら、

きれいにラインがひけて自然にラインが消えるので手間なく、

カットするときに便利です

コーム、Uピン、パッチン留め

コームは、髪の毛に飾るために必要な道具です。

出来上がったお花を、

コームやUピンなどにつけたものを髪に飾りますので、

飾りの大きさに合わせて選びましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

七五三髪飾りのコサージュを手作り

100均のお花の種類はだいたい洋花が多いですが、

七五三やお正月の時期には

和花も置くことがあるのでチェックしてみるといいですよ。

好きな色の花を自由に組み合わせて作ってみましょう。

 

 

いくつかの花が束になっているものは、

一つ一つ分解してからバランスよく組み合わせて固定していきます。

組み合わせを自分好みにアレンジ出来ることが手作りの醍醐味です。

お子さんの年齢や髪の長さや、

当日の髪形に合わせてアレンジしてあげましょう。

 

七五三の髪飾りでつまみ細工を手作り ~その1~

針も糸も使わないで、

簡単につまみ細工の可愛いお花の髪飾りをを作ってみましょう。

 

 準備するもの

  • ちりめん素材の生地  4~5㎝角の正方形の布を5枚(花びら)
  • 花芯にするための細いひも(3㎜位の太さ)を10㎝(結び目を作るので多めにしています)

ポイント

結んだひも3つを合わせて

結び目にボンドを付け出来上がった花の中央に

埋め込むようにして貼りつけましょう。

七五三の髪飾りでつまみ細工を手作り ~その2~

ちりめんでお花を作るときに基本となる作り方です。

しっかりと覚えてしまえば、応用はあとから楽々です。

丸つまみの完成して花びらを通したら、

最後にギュッと糸を引いて縫い終わりを玉止めしておきましょう。

七五三の髪飾りでリボンを手作り

お花の髪飾りよりももっと簡単な髪飾りならば、

はいからさん風リボンはいかがでしょうか。

大正時代の女学生のような大きいリボンは、

凛とした雰囲気をだし、華やかで目に留まることでしょう。

準備するもの

  • 着物の生地a  34㎝×20㎝の長方形 1枚(リボンの上の部分になります)
  • 生地b     32㎝×17㎝の長方形 2枚(リボンの下の部分になります)
  • 生地c     8㎝×14㎝の長方形 1枚(リボンの上下を合わせる中央部分になります)

ポイント

ピンやゴムなどを付けるなら、ボンドが渇かない間に挟みこんでおきましょう。

学びとまとめ

七五三の髪飾りは、市販のものを購入するのでももちろんいいです。

でも、髪飾りをママが手作りしたら

きっとお子さんは喜んでくれるに違いありませんよね。

いざお店にいくとたくさん種類がありすぎて、

買いすぎてしまう可能性もありますので、

ある程度、デザインを考えてから買うことをおすすめします。

ママのアイデアと愛情をプラスして、

オンリーワンの七五三の髪飾りを作ってあげてください。

七五三晴れの日に手作りで髪飾りを作る方法、

材料をご紹介しましたので、ぜひ参考になさってください。

素敵な七五三を演出しましょう。

【関連記事】

2016七五三はいつ?掟を知って、意外に重宝する持ち物を忘れずに

七五三(2016)で前撮りが必要な理由とおすすめ時期

七五三(2016)の男の子はいつしてる?5歳だけじゃなかったの?!

 

 

スポンサーリンク