真っ白だったカッターシャツも年々黄ばみをまして

衿元や袖口の汚れも目立ってきますよね。

子供の学校の白いシャツもワキ染みだって

かなり手ごわい汚れであります。

そこでシャツをキレイな白にもどすスゴ技を紹介します。

さっそくお試しくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

洗濯といえば藤居真理子教授

洗濯を研究して38年、現代生活学部教授である

藤居真理子先生が

黄ばんだシャツにこそ漂白剤をおすすめします。

漂白剤なんていまさらと思われる人も多いかもしれませんが、

ここの洗濯のプロのスゴ技があります。

前処理の部分洗い

黄ばみ落としの前処理として

汚れひどいところの部分洗いましょう。

40℃ほどのぬるま湯でぬらし、固形石鹸を直接ぬりつけ

はぶらしなどで汚れをかきだします。

粉末漂白剤を使う

黄ばみ落としに漂白剤を使いますが、

粉末漂白剤を選んでください。

粉末の漂白剤は、過炭酸ナトリウムが入っていることが重要なんです。

過炭酸ナトリウム

過炭酸ナトリウムは、色素を破壊する力がとても強力なので、

結果漂白力が強くなります。

また消臭、洗濯槽の汚れ落としにも役立ちます。

やり方

  1. 40℃のお湯に粉末漂白剤を溶かし服をつけこむます
  2. ムラニならないように、よくぬらして10分に1度かき回します。
  3. 1時間つけ置きすれば洗濯機ですすいで脱水して乾かします。

 

注意

シルク、ウールなど動物性の繊維や金具がついた衣類は

使用しないでおきましょう。

ポリエステルを多く含む衣類は落ちにくいので注意しましょう。

学びとまとめ

白いシャツの黄ばみをあきらめていたあなたも、

ぜひお試しくださいね。

【関連記事】

白いスニーカーの洗い方!漂白剤と塩素ハイターどっちが効く?

上履き汚れは漂白剤で白くする?汚れ防止と落とし方のコツ

【幼児のコップ付き水筒】洗いやすいのはどんなタイプ?

ステンレス水筒の洗い方 !中栓だって重曹で簡単すっきり

 

スポンサーリンク