a69f64fcf66c9e84bcdf94cd41eb1f30_s

土屋太鳳さんが主演したNHK連続テレビ小説まれは輪島が舞台でした。

この輪島の眼下に望む千枚田の棚田を彩るイルミネーション

「あぜのきらめき」が、今年も開催します。

いまや北陸地方の冬の風物詩ともなったあぜのきらめきは、

その幻想的なライトアップイベントが多くの人を魅了しています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

輪島千枚田

白米千枚田(しろよねせんまいだ)」とは、

石川県輪島市にある棚田のことをいいます。

日本の原風景と呼ばれている能登の代表的な棚田として、

2011年6月に日本初の世界農業遺産に認定されました。

棚田とは

耕作が狭い傾斜地において、

水平に保たれた田が規則的に集積した

稲作地のことをいいます。

日本海に面して小さな田が重なり続く景色は、

日本の棚田百選、

国指定文化財名勝にも指定され

奥能登を代表する観光スポットとして

年々大変注目を浴びています。

 

一望の下にある場合は千枚田(せんまいだ)とも呼ばれる。

棚田では、日本古来の農法苗代田という農法で、

稲作を行っています。

あぜのきらめき

平成28年10月15日(土)から平成29年3月12日(日)

の5ヶ月間にわたって開催される

大規模なイルミネーションイベントです。

棚田のあぜの目の前に広がる高低差56メートルの光の絨毯は、

2万1千個のソーラーLEDであぜ道を彩られています。

30分ごとにピンク色と黄色が切り替わり、

遊歩道に入ると360度イルミネーションに囲まれるので、

壮大な景色が楽しめます。

  • 開催期間 2016年10月15日~2017年3月12日
  • 休業期間 なし
  • 点灯時間 日没より約4時間
  • 見ごろ時間  19:00~20:00頃
  • 開催場所 白米千枚田(石川県輪島市白米町ハ部99番地4)
  • 料金   無料

ペットボタル

イルミネーションに使用されているLED装置は、

通称ペットボタルと呼ばれていて、

太陽光発電LEDを使ったイルミネーションとしては最大規模として、

2012年11月には、ギネス新記録に認定されました。

独自のLED装置

ペットボトルは地元企業の協力によって、

日中は太陽光で充電し、暗くなると自動で発光するという、

独自のLED装置は、クリーンな光なのです。

ペットボタルの名称の由来

ベットボトル容器の中に、LED照明と一体となった発光装置を

に入れたことからこの愛称がついたようです。

ペットボタルの設置

この21,000個のペットボタルは

ほたるびとと呼ばれる多くのボランティアを毎年募集して、

ひとつひとつ設置しています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

あぜのきらめきイルミネーション

日没の約15分後が点灯時刻の目安で、

点灯あと4時間後にむけて徐々に消えていきます。

天候や日没の時刻により点灯時刻が異なり、

LEDが30分ごとに色を変えながら幻想的に光ります。

 

輪島千枚田へのアクセス

車で行くのは大変ですが、

いく価値はじゅうぶんにあります。

アクセスMAP

臨時駐車場のマリンタウン

通常は千枚田に隣接する道の駅の駐車場を利用できますが、

初日は大勢の人が訪れるため臨時駐車場が用意されています。

さらに初日に限り、

マリンタウンとふらっと訪夢から

シャトルバス有料(200円)も運行しています。

道の駅・千枚田ポケットパーク

駐車場が50台分ほどあります。

初日の式典の日に限り、露店も出店されます。

週末は駐車場が満杯になりますので、

点灯後2時間後~20時ぐらいから駐車場が空いてきますが、

始まる1時間前までには駐車場に入るといいでしょう。

輪島千枚田での服装

北陸の豪雪シーズンなので、雪の影響を心配してしまいますが、

日本海側は、雪が積もりすぎて見えなくなることはありません。

逆に、降雪時は雪化粧した中で

イルミネーションを見ることができます。

会場ではBGMが流れるほか、日本海の荒波の音が響きます。

棚田は、日本海に面しているだけあって

とっても寒いので、万全な防寒対策をしていきましょう。

輪島千枚田散策の注意

LEDチューブのガイドに従って

あぜ道に降りて囲まれたエリアを散策できます、

少しでもチューブの外に出ると、田んぼや溝に落ちたりするので注意。

LEDがあるとはいえ、足元はよく見えませんので十分に注意しましょう。

市街地から離れているだけあって、星もよく見えます。

天気に恵まれれば空に天の川が見えるほどですが、

星空や写真撮影に夢中になっていると

田んぼはすでに稲刈りが終わっているので

ぬかるんでいる場所もありますので、

歩きやすい格好をおすすめします。

木にも飾られていました。

山舟生小学校「希望のあかり」。緑のLEDはここだけです。

 

学びとまとめ

地形を活かしたイルミネーションは、日本全国各地にありますが、

これほど起伏に富んだ場所で

日本の原風景とLEDのきらめきのコラボレーションは

まずお目にかかれないでしょう。

幻想的な彩のすべてが太陽光によるものなので、

自然エネルギーのすばらしさを感じさせられます。

今年は、こんな幻想的な光景を目に足を運んでみませんか?

【関連記事】

あぜのきらめきバレンタイン(2017)に能登島千枚田へ行こう!

【ヒルナンデス】屋久島もののけ姫の森で願い事を叶えよう!

京都紅葉シーズン(2016)は名所ごとの見ごろ時期に行こう

 

 

スポンサーリンク