3c66065a7b55e6eb729d03a932b63c5c_s

汚れの溜まり場にもかかわらず

掃除しづらく放置したがちな場所といえば…

サッシの溝やレールはゴミや埃がたくさんです。

放置していると汚れが溜まって固まってしまい

更に取れなくなるという負のサイクルに突入してしまいます。

本当に掃除が嫌になります。

ですが、そんな汚れがつるんと簡単に

綺麗になったらとても嬉しいですよね?

今回は掃除が大変なサッシの溝やレールのお掃除の裏ワザを大公開しちゃいます。

 

スポンサーリンク

 

 

サッシ掃除裏ワザに新聞を使う

なんと新聞を使って、サッシの溝やレールの細かい汚れを

みごとにキャッチすることが出来きます。

新聞を使った掃除方法

用意するもの
  • 新聞紙
やり方
  1. 新聞紙を水で湿らせます。
  2. 湿らせた新聞紙で溝を拭いていきます。
  3. 数回繰り返すと細かい埃や砂がなくなり綺麗になります

この湿らせた新聞紙は窓ガラスを拭いたり、

畳の部屋の掃除にも使えるのでとても便利です。

畳の掃除のコツ

畳の掃除の場合には湿らせた新聞紙を細かくちぎり

畳の部屋に撒き散らします。

撒き散らした新聞紙をほうきでさっとはけば

簡単に畳の間の細かい汚れもとれます。

湿らせた新聞紙を作った時に

まとめて掃除をすると掃除効率がぐっと上がりますね。

ペンキなどのハケが便利

実はお掃除のプロ達は皆さん自分のマイハケを持っている程ハケは

お掃除に欠かせないアイテムなんです。

今は100円ショップなどでも手に入るので購入しやすいと思います。

ハケは水に濡らすと毛先が柔らかくなるのでお掃除にはピッタリなんです。

ハケを使った掃除方法

用意するもの
  • ハケ
  • 雑巾
やり方
  1. 乾いたハケのまま、サッシの溝やレールのホコリやゴミをはらいます。
  2. ある程度のゴミをはらったらハケを水で濡らします。
  3. よく水を含ませたまま溝やレールを往復させます。
  4. ハケが汚れたら水で洗いハケが汚れなくなるまで繰り返します。
  5. 綺麗になったら余計な水を空雑巾で拭き取ればピッカピカになっちゃいます。

ハケは種類や大きさが色々あるので

自分の使いやすいサイズ、持ちやすさなどで選ぶと良いでしょう。

私も100円ショップでペンキ用のハケを購入しました。

毛束が多いのでサッシの溝にフィットしてスッと汚れが落ちてくれます。

今では手放せないアイテムです。

 ⇒サッシのお掃除は100均グッズを使って楽々解決!

 

 

スポンサーリンク

 

 

爪楊枝やマイナスドライバーが大活躍

よし、綺麗になったと思っていてもよーく見ると角や端に同士でも取れない

細かい砂や汚れがたまっている…

念入りにやっても取れないし…諦めようと思っていませんか?

諦めないでください。

汚れを放置すると汚れがこびりつき余計に取れなくなってしまいますよ。

取れなくなる前にしっかりと角や端までしっかりと掃除しましょう。

爪楊枝でスッキリ綺麗

角や端の取りづらい汚れには爪楊枝がジャストフィットしちゃいます。

爪楊枝の先を角に合わせてスーッと端から端まで滑らせます。

すると、角に残っていた汚れがスーッと取れていきとても気持ちがいいですよ。

マイナスドライバーでスッキリ

マイナスドライバーを使う場合には

よく絞った雑巾を一緒に使うのがポイントです。

マイナスドライバーの先によく絞った雑巾を被せて

角に合わせて端から端に滑らせます。

するとみるみる汚れが雑巾についていきます。

この方法は溝やレールを水で洗った場合の

仕上げの吹き上げにも使えます。

サッシの溝やレールを掃除するポイント

サッシの溝やレールを水で掃除する場合には

最後の仕上げの拭き上げが重要です。

拭き残りや水がそのままになってしまうと

水がホコリや砂などを吸収してしまいすぐに汚れてしまいます。

なので、最後の拭き上げはしっかりして上げましょう。

学びとまとめ

いかがでしたか?

サッシの溝やレールを掃除する裏ワザをまとめると…

  • 新聞紙を使って汚れを取る。
  • ハケを使って一気に
  • 細かいところまでしっかり

サッシの溝やレールの掃除は本当に嫌になりますよね。

何度水を流しても汚れがこびりついて取れなかったり…

そんな時はご紹介したお掃除方法で

スッキリ隅々まで綺麗にしちゃいましょう。

【関連記事】

サッシ掃除裏ワザ公開!もう溝やレールに汚れを残さない

サッシの掃除頻度はどのくらい?みんばどこまでしてる?

【ヒルナンデス】大掃除裏技!でキッチンも窓も節約テク

 

 

スポンサーリンク