492141

年末になるとやることが山ほど出てきますよね。

その中でも大変なのが年末の大掃除…。

次の年に汚れを持ち越さないためにも普段掃除をしない隅々まで

掃除をしようと思ってもなかなか頑固な汚れがたまっている場所はやりたくない…

その中でも窓のサッシ…色々な部屋にある窓…

全部の部屋をやるのはとても大変です。

ですが、100円ショップでお掃除グッズを揃えると

簡単にピッカピカにすることができちゃいます。

そんな激安でとても使えるアイテムをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

100円ショップで揃うアイテム

今時の100円ショップには色々なお役立ちアイテムが売っています。

その中でもサッシを掃除する時に使えるアイテムをご紹介します。

サッシ専用のブラシ

窓のサッシにはやっぱりサッシ専用のブラシが便利です。

サッシの溝は細くて普通のほうきでは入り込めません。

そこで、サッシ専用のブラシで

サッサッと汚れを取り除いてあげるととても綺麗になります。

サッシ専用のブラシはブラシ部分が一本一本細いので

汚れの溜まりやすい角の汚れも取ることができます。

ペットボトル装着型

今100円ショップで大注目のお掃除グッズが

ペットボトル装着型なんです。

スポンジタイプ、

ブラシタイプなど種類も豊富なんです。

掃除する場所に適しているタイプのヘッドに

水を入れたペットボトルを装着するだけで、

いちいちバケツなどを用意しなくても

ヘッドからペットボトルの水を出すことができるので

楽々スイスイ掃除ができちゃいます。

装備品も100円ショップ

掃除には欠かせないゴム手袋やマスク、雑巾、洗剤なども

100円ショップで揃っちゃいます。

これは、大掃除を始める前に100円ショップに行くしかありませんね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

サッシのお掃除方法

100円ショップでお掃除グッズを買ったはいいけど

肝心のお掃除方法がいまいちわからない…と言う方のために

サッシの簡単綺麗にする方法をご紹介します。

サッシの簡単お掃除方法

  1. 掃除機のヘッドを細いタイプにして吸い取れるホコリや砂などを吸い取ります。
  2. サッシ専用のブラシで掃除機でとりきれなかったホコリや砂を払います。
  3. ある程度まではらえたら水を少しサッシに垂らします。
  4. サッシ専用のブラシで端から端へと滑らせます。
  5. 3と4を数回繰り返したら乾いた雑巾で拭き取ります。
  6. 端や角の水や汚れが取りづらい場合は割り箸やマイナスドライバーに乾いた雑巾を巻きつけて引き取るとよくとれます。

これでサッシもピカピカになっちゃいます。

サッシを掃除する時のポイント

ポイント1

サッシを掃除する前に網戸を外して置きましょう!

網戸を外した方が溝の隙間までスッキリ掃除ができます。

ポイント2

細かい汚れを諦めない。

角や端は頑固な汚れがたまってしまいます。

ブラシで何度やってもとれないと

汚れたまま汚れを放置してしまいますよね。

ですが、それが落とし穴なんです。

汚れを放置してしまうと汚れが固まってしまい

更にとれなくなり、黒カビになってしまいんです。

隙間風からカビの空気が入ってきていると思ったらゾッとします。

頑固な黒カビになってしまう前に

頑固な汚れも諦めずに綺麗にしましょう。

ポイント3

最後の拭き取りをしっかりする。

サッシを掃除した後には必ず乾拭きしましょう。

水が残ってしまっているとせっかく綺麗にしたのにすぐにホコリがたまってしまいます。

(水にホコリが吸い付きます)

なのでしっかり拭き取るか乾燥させて上げることが大切です。

3つのポイントをおさえてサッシをピカピカにしましょう。

学びとまとめ

いかがでしたか?

少しはサッシの掃除をしようと思えたでしょうか?

細かいところの掃除はめんどうですが

汚れが固まって落とせなくなる前にしっかり綺麗にして置きましょう。

100円ショップでお掃除グッズを買うとお掃除気分になりやる気も入るかもしれません。

是非100円ショップでお掃除グッズを探してみてください。

きっとお気に入りが見つかります。

【関連記事】

サッシ掃除裏ワザ公開!もう溝やレールに汚れを残さない

サッシの掃除頻度はどのくらい?みんばどこまでしてる?

【ヒルナンデス】大掃除裏技!でキッチンも窓も節約テク

 

 

スポンサーリンク