548020

 

10カ月と10日ほどの不自由な妊婦生活のあとには、

苦しい陣痛に耐えに耐えたのちやっと産まれたら

今度は、おっぱいが張って張って痛くて我慢ができないほどの痛み…

私も、痛くて産院に相談したこともありました。

泣きながら授乳する毎日でした。

つらいおっぱいの張りの対処法、教えますので、

悩んでいるママはぜひ参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

産後はどうしておっぱいが張るの?

もともとなかった母乳が妊娠、出産により作られていくので、

おっぱいのサイズが大きくなります。

それによって張ることもあります。

また、おっぱいを温めると血液の流れがよくなり、

母乳が作られ、おっぱいにどんどん母乳をためていくので

張ってしまいます。

赤ちゃんもお母さんも、お互いに慣れていないのでうまく吸わせられず、

うまく吸えずに、母乳が外に出されずたまってしまうのも原因です。

母乳の出がよい人や母乳パッドが欠かせない人が張りやすいようですね。

また、張りやすい時期というのもあり、これが産後1〜2ヵ月程です。

産後すぐは全く母乳が出なかったのに、

赤ちゃんに吸わせることでおっぱいに刺激を与え、

徐々に母乳の作られる量が増えていき、

おっぱいが張ってくるということもあります。

産後のおっぱいはいつまで張るの?

だいたいのお母さんは産後1ヵ月ほどで

授乳リズムができてくるので張りがおさまってきます。

1ヵ月もすると赤ちゃんも上手に吸うことができるようになるので、

飲む量も増えてきます。

ですので母乳がたまりにくくなってきます。

また、授乳リズムが整うことで、

徐々に母乳の作られる量やタイミングも

決まってくるのでおっぱいにたまりすぎないようになってきます。

 

スポンサーリンク

 

おっぱいの張りをやわらげる対処法は?

石のようにガチガチに張ってしまったおっぱいは

熱を持っていることが多いです。

冷やす

保冷剤をタオルなどでくるんだものや、

ぬらしたタオルなどで、冷やすことで、

張る痛みや熱を和らげることができます。

冷やしすぎると母乳が作られなくなってしまうので、

氷を直接当てたりはしないでくださいね。

キャベツの葉

昔ながらの方法なのですが、キャベツの葉っぱをよく洗って、

湿布の代わりにおっぱいに当てて置くのもおすすめです。

キャベツの葉っぱには、水分を多く含んでいるので、

熱を取る効果があり、ほどよくひんやりしていて、

保冷剤などのように固くもないので、気持ちよかったですよ。

赤ちゃんに吸ってもらう

一番の理想は、もちろん赤ちゃんに

おっぱいを吸ってもらうことが最善でしょう。

飲ませるときは、張っているおっぱいの特に固いところを

そっと押さえながら授乳するようにしましょう。

これは、張り続けたことで後に悪化して起こる乳腺炎を防ぐことになります。

固いところがなくなったところで、次の固いところへを押さえ、

全体に固さがなくなり均一したやわらかさと

なれば問題ありません。

搾乳

けれども、ママも母親一年生、赤ちゃんも母乳が初めてで、

両者はなかなかうまくいかず、

うまく吸えなかったり、授乳できなかったりするものです。

そんなときは、搾乳器や手などで哺乳瓶に搾乳しましょう。

おっぱいにたまってしまった母乳を減らすことで張りを抑えられますが、

搾乳しすぎてしまうと、さらに、母乳が作られてしまうので気をつけましょう。

哺乳瓶に搾乳することで冷蔵保存もできますので、

あとで温めて飲ませることもできますよ。

マッサージ

おっぱいが固いと赤ちゃんが吸いにくいので少し痛いですが、

固くなっているところを、マッサージしてほぐしてあげるのもいいです。

ただ、産婦のおっぱいはマッサージしすぎてもよくないので

産院や母乳外来のある病院に行き

プロの助産師にマッサージをほどこしてもらうか、

やり方を教えてもらうことをおすすめいたします。

張りが固いとかなりの激痛ですが、赤ちゃんのためだけでなく、

ママ自身のためにマッサージはいっておいたほうがいいと思いますよ。

学びとまとめ

慣れない育児になかなか吸ってもらえない母乳。

痛みに耐えればいつかは痛くなくなります!

最近のミルクは栄養分もよいので頼ってしまうのもいいのですが、

やはり母乳には、赤ちゃんに必要な免疫なども含まれているので、

なるべく母乳を飲ませてあげてくださいね。

そして張りを放置しておくと乳腺が詰まってしまい

乳腺炎などになってしまう可能性もありますので、

放置するのはやめてくださいね。

私はそれで苦労した1人です…

乳腺炎になってしまい高熱が続きました。

初めての育児にお母さんがダウンしてしまうと、

赤ちゃんも困って泣いてしまいます。

どうにもならない時は助産師さんに相談する事をおすすめします。

【関連記事】

乳児用液体ミルクは温める?保存温度は常温で大丈夫?

赤ちゃんの夜中の授乳はいつまで必要?ママにもメリットがあるの?

乳児用液体ミルクの成分は?粉ミルクと比較した3つのメリット

育児ノイローゼの原因は実は夫だった?妻への対処法3選

【あさイチ】酢卵の賞味期限は?驚異の効能は伝説サプリ!

 

スポンサーリンク