d04a3889d36dcb155ba72a72e6967348_s

グリルの庫内は取り外しができなくて、丸洗いができないため掃除となると手がつけられずにいて、

放置しがちになりませんか?

むしろ、庫内は見た事ないというママも多いと思います。

この機会になかを見て見てください、とんでもないことになってるかもしれません。

とんでもないことになっていても諦めないで掃除に取り組みましょう。

グリルの庫内が汚いままだと魚を焼いた時のニオイの原因になってしまったり、

衛生的にも良くないのでしっかり、ピカピカにしてあげましょう。

 

スポンサーリンク

 

いらなくなった歯ブラシが大活躍

まずは、掃除方法です。

グリルの庫内なんかどうやって掃除するの?

と思う方がかなり多いので簡単に綺麗にする方法をご紹介します。

セスキ炭酸ソーダで落とす

セスキ炭酸ソーダを水で溶かして霧吹きなどに入れます。

500mlに小さじ1程度で十分です。

セスキ炭酸ソーダでセスキスプレーを作ったら後は、魚焼きグリルの庫内に吹きかけるだけなんです。

セスキ炭酸ソーダは油汚れやタンパク質系の汚れに強く、浮かせて落とせるので本当に使い勝手が良いです。

いらなくなった歯ブラシを使う

いらなくなった歯ブラシって細かいところを掃除するのにぴったりですよね。

結構どのご家庭にも捨てずに取って置いてる使わなくなった歯ブラシってあるんですよね。

そのいらなくなった歯ブラシがグリルの庫内にも大活躍しちゃうんです。

使い方はいたってシンプルで、セスキスプレーをした後に端や奥のなどをこすって汚れを落とせるんです。

グリルは意外に奥行きがあって奥の方まで手を入れるのが大変だったりします。

そういう時に歯ブラシの先で奥の汚れを書き出すと隅々まで綺麗にする事が出来ちゃいます!

頑固な汚れはつけ置きする?

長年グリルを使っていて受け皿や網はよく洗っていたけど…

庫内は洗った事がないという方はきっと庫内がギットギトなはず…

そういう場合は上記のセスキスプレーを吹きかけただけでは

表面の汚れしか取れない場合があります。

そんな頑固な汚れにはグリルの庫内をつけ置きしちゃいましょう。

取り外しができないのにつけ置き?と思うかもしれませんが実は簡単に出来ちゃうんです。

グリルの庫内をつけ置きする方法

これもまたセスキスプレーを使います。

ですが、頑固な汚れの場合にはセスキ炭酸ソーダを小さじ1ではなくて、

小さじ2〜3程度入れて濃くしましょう。

少し濃度の高いセスキ水を作ったら庫内に吹きかけます。

ここからがポイントです。

吹きかけたらすぐにキッチンペーパーを張り付けていきます。

キッチンペーパーを張り付けたらその上からもう一度セスキスプレーを吹きかけます。

そして、放置します。

キッチンペーパーが茶色くなってきたらそのキッチンペーパーで

汚れをふき取るようにしてキッチンペーパーを取り除きます。

そして、細かい場所は歯ブラシなどを使ってこすり、その後綺麗に拭き取れば

ピカピカに頑固な汚れも落とす事が出来ます。

 

スポンサーリンク

 

掃除をする際の注意点

繰り返しつけ置き

つけ置きしても取れない場合には

何度か繰り返す事でだんだんセスキ効果で汚れが浮いてくる事があるので一回で落ちなくても諦めずに

何度かつけ置きにチャレンジして見てください。

セスキスプレー

庫内掃除中に、セスキスプレーが目に入ってしまった場合にはすぐに洗い流してください。

もし違和感が残るようでしたら、眼下を受診しましょう。

ゴム手袋

掃除する際はゴム手袋などを付けてから手を保護してから掃除を開始しましょう。

重曹でも代用可能

セスキ炭酸ソーダがない場合、準備ができないときには重曹でも代用可能です。

 

以上の注意点に気をつけながら、

ガスの元栓は閉じてから掃除に取り掛かりグリルの庫内もピッカピカにしちゃいましょう。

学びとまとめ

いかがでしたか?

少しグリルの庫内をのぞいて見たくなりましたか?

意外と汚れているので綺麗になった時の達成感はかなりあります!

毎回掃除するのは中々面倒です。

本来なら1ヶ月に一回がベストの様ですが使う頻度が少なければ、

3ヶ月に一度や半年に一度程度でも良いと思います。

是非一度庫内の掃除をして見てください!意外と簡単に綺麗になってくれちゃいます。

【関連記事】

魚焼きグリル網のこびりつきを簡単に掃除して、匂いだってキレイに!

魚焼きグリルの掃除で内部はどうすればいい?

魚焼きグリルを水なしで掃除できるの?意外な方法をご紹介!

 

スポンサーリンク