ふとしたときに見えづらさを感じているひと

ありませんか?

原因は、スマホ、老化、乾燥などさまざま考えられますが

ある病気が考えられること

緑内障

自分では気づかないうちにどんどん視野がせまくなって

最後は、失明の危険もある目の病気で、

40歳以上のひとに多いといいます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

白内障と緑内障

白内障と緑内障は似ているようで大きな違いある目の病気です。

白内障

眼球の水晶体が白くにごってしまう病気が白内障で

手術でかなりの確率で視力は回復します。

緑内障

緑内障と言われる所以は諸説ありますが、

もともと青い瞳の外国人が失明すると

にごった緑色に見えたことからきていると言われます。

白内障と緑内障の違い

白内障は気づくことができますが、

緑内障は気づかないうちに

失明してしまうという怖い病気です。

白内障と緑内障と両方患う方はおおくうえ、

白内障を患っている人は、医師でも緑内障を見つけにくといいます。

緑内障は見落としがち

視野がかなり狭くなっているのに、

なかなか緑内障に気づけない

白内障がダメージをうけるのはレンズですが、

緑内障がダメージをうけるのは、視覚情報をとらえて

脳に伝達する働きをもつ網膜が

ダメージをうけてしまいます。

なぜ気づかない

網膜のダメージをうけた視神経が視野が欠けていくんですが、

入ってこない視覚情報は脳が勝手にこんな感じであたろうと推察して

視覚情報を補ってしまうのでなかなか発見されにくいのです。

本人には見えていると勘違いを起こさせてしまうわけです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

緑内障のなりやすいタイプ

40歳以上から老眼が始まってきますので、

目の疲れや見えにくさの思い込みが

緑内障の発症に気づきにくいことがあります。

また、緑内障を引き起こす原因に眼圧があります。

眼球を丸く保つために

眼球の中水分が眼圧の均衡がくずれると眼圧が高くなり

視神経を傷つけてしまうことになります。

緑内障といびきの関係

睡眠時のいびきには睡眠時無呼吸症候群があります。

 

睡眠時無呼吸症候群と緑内障には関係があって、

栄養が酸素が不足すると網膜が虚弱状態になってしまう。

高血圧、低血圧

全身の血行が悪い典型的な低血圧は

網膜の血流も低下をひきおこしやすいですし、

反対に高血圧も血圧が高いことで網膜の毛細血管が、

動脈硬化、血流低下をまねきやすく緑内障になりやすいです。

糖尿病

血中の糖分が血管の壁を傷害するので、

網膜の毛細血管を傷つけ血流低下を招きやすいと言われています。

偏頭痛

脳の血管が拡張・収縮しやすいので、

網膜でも似た現象がおきてしまい

血流低下をまねいてしまいがちです。

緑内障の治療

眼圧をさげる点眼薬がありますので、

手術をしなくても眼圧を下げて緑内障の進行を

抑制することができます。

たとえ眼圧が正常値の範囲でも眼圧を下げることで

進行を抑制する効果が期待できるという研究結果もあります。

緑内障の予防

眼球の血流を健康に保つには

身体を一緒で手足を冷やさすに温めることが大切です。

また全身の血流を良くしてくれる有酸素運動も

眼圧を下げてくれることが研究で判明しているので

健康的な運動はやはり大切ですね。

超コンタクトレンズ

 

 

 

学びとまとめ

いったん失った視野はもう二度ともとにはもどりません。

とってもデリケートな網膜は手足の冷えにも敏感です。

私たちが一生大切にしたい目の健康を、守っていきましょう。

【関連記事】

目薬の差し方で嫌がる子どもへの差し方のコツと注意点

 

スポンサーリンク