a2d514d696f422c60df87f38f8a87911_s

みなさんは赤ちゃんが着るつなぎのようなベビー服

ロンパースのことをご存知でしょうか?

大人の服とは全く異なる作りになっているので、

特に初めての子育てというママは

ロンパースとはいつからいつまで赤ちゃんに着せるものなのか、

買ったのは良いものの一体どのように着せたら良いのか分からなくなり、

迷われるママも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、改めて赤ちゃんのロンパースをいつまで肌着として着用するのか、

上手な着せ方などについてまとめました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ロンパース

改めてそもそもロンパースとは

どのような肌着を指すのでしょうか?

一般的には、トップスとボトムスが一体化になった

ベビーウェアのことを指します。

 

他の呼び名ではボディスーツと呼ばれることもあります。

特徴としては上下がつながっていることですが

この特徴は着くずれをしてしまったり、

安易にはだけたりする心配も無く、

特に抱っこやおんぶをしてもお腹が出てしまい

冷えてしまったりすることも予防できるメリットがあります。

 

また、他のメリットとしては股の部分に

ボタンやスナップなどいくつかついている為に

おむつの交換も簡単に出来るのが良いですね。

赤ちゃん肌着ロンパースはいつまで

ロンパースの特徴を知ったところで

肌着としていつまで着せるのが正しいのでしょうか?

一般的には2歳から2歳半と言われています。

ちなみにですが、生後2ヶ月半頃からでも

前開きになって紐で結ぶタイプを選んであげると、

まだ首のすわっていない赤ちゃんにも適しており

簡単に着せてあげれるのでとても楽チンです。

ロンパースが窮屈な月齢

赤ちゃんというのは個人差は多少ありますが2歳位を境に、

走ったり跳ねたりとても動きが活発になってくる年齢でもありますので

ロンパースだと段々窮屈になるでしょう。

この頃から上下分かれたセパレートタイプのベビー服に

切り替えていく人が多いですね。

お子様の成長を見ながら柔軟に対応していきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ロンパースの上手な着せ方

なかなか初めてのお子様だとロンパースの上手な着せ方、

コツが分からないと難しく感じられるお母さんも多いですね。

そこで、ロンパースの上手な着せ方ですが…

 

これからの冬の寒い時期なんかは

厚手で暖かい素材の長袖ロンパースを着用するのがオススメです。

なんといっても吸水性の良いロンパースを肌着にすることで防寒対策、

またはあせもやかぶれの対策ができるので一石二鳥ですよ。

特に寒い1月、2月などは赤ちゃんの様子を見ながら、

風邪を引かないようにお布団をかけてあげ

寒さ対策をしっかりして下さい。

秋や春の寒暖の差が激しい時期などには体温調整に気をつけ、

いつでも羽織れる小さめのタオルケットなどの

防寒グッズを用意しとくのも良いですね。

着せるときのコツは

ロンパースのスナップやボタンを全てはずしてあげ

上から被せるように着せましょう。

一番の注意点は首をしっかり支えることです。

首まで通ったらロンパースの前後を確認して

さらに赤ちゃんの左右の手を優しく入れてくださいね。

その次にロンパースを赤ちゃんの下半身までグッと引っ張り、

最後に股の部分のスナップを閉じるようにするとスムーズにいきますよ。

学びとまとめ

ロンパースの特徴、ロンパースは肌着としていつまで、

着せるのが正しいのかロンパースの着せ方のコツをお話しさせて頂きました。

わたしも初めて着せるときは緊張してなかなか上手くいきませんでした。

特に初めてのお子様ですと何もかもが分からないことだらけだと思うので、

少しでもみなさんのお役に立てたらと思います。

またロンパースにも様々な種類がありますので、

色々試してご自分のお子様に一番ピッタリなロンパースを肌着させて下さいね。

【関連記事】

赤ちゃんの秋服から冬服まで使えるコーディネートはこれ

 

赤ちゃん夏服と肌着の着せ方と夏のお世話の落とし穴

赤ちゃんの夏のあせも対策!正しいケアと予防ですこやか肌を守ろう

防災グッズセットに赤ちゃんアイテムを加えよう

 

 

スポンサーリンク