c4d3c0c4cbde624f79ce903e8d724964_s

クリスマスメニューには、かかせないローストビーフ!

実は、プロのシェフでも経験が必要な難しいと料理とされています。

家庭で作るには高度なので、何度作っても失敗してしまい

ウンザリしているママも多いと思います。

そこで、11/29火曜日放送のあさイチ

誰でも絶対失敗しないローストビーフの作り方の極意

今年のクリスマスはどうしようかと悩んでいたあなた、

迷わずローストビーフにチャレンジしてみませんか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

ローストビーフはプロでも難しい

プロのシェフでも絶妙に焼きあげるには

経験が必要となるほど難しさがあります。

焼く温度加減が微妙で、オーブンに手を入れた温度帯で、

中の全体のどの位置がお肉をいれた状態で、

どのくらいの温度であるかを確認したうえで

このぐらいなら1時間

1時間半とか

2時間かかるなどの

焼き時間の判断が必要となってきます。

オーブンを使わないローストビーフ

そこで、あさイチではオーブンを使わずに

ローストビーフを作るとっておきの裏技を紹介してくれました。

お肉を真空パックお肉を放置

1.下味をつける

お肉に塩コショウで下味をつけます。

塩をふりすぎるとお肉がかたくなるイメージありますが、

ローストビーフは、たくさんふらないと味がのらないので

ふりすぎなくらいが丁度いいです。

多少ざらりとする感触になるまですり込みましょう。

お好みで、ニンニクをすり込んでもいいですね。

2.寝かせる

フォークでお肉をしっかりさし、

お肉をやわらかくして30分ねかせましょう。

室温にもどすことで焼きむらをふせぎ、

味がなじみやすくなります。

3.表面を焼く

フライパンを強火で熱し、表面に焼き目をつけましょう。

1面つき1分ほどを目安にしっかり焼きます。

焼いたあとの余分な脂はキッチンペーパーでふきとりますが、

このフライパンは後でソース作りにつくりますので、

肉汁をのこしたままフライパンは洗わないでおきます。

4.ローストビーフおいしさのポイント

ここでローストビーフのおいしさを決める大切なポイントです。

よくスーパーなどで無料で持ち帰ることができる牛脂がありますよね?

この牛脂をほそくきって、

お肉に擦り込むように塗っていきます。

牛脂の風味が仕上がりのおいしさをアップさせます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

5.お肉を真空パック

お肉をラップで包んで、ジップロックなどの保存袋にいれます。

このとき、しっかり空気をぬくようにしてください。

6.お湯に入れる

58℃までお湯を加熱した大きななべに、密封したお肉をいれ、

なべにラップでかけて、ふたをして1時間置きます。

このとき、10~15分ごとに温度を確認して、

55℃以下にならないように、加熱しながら調整しましょう。

お肉が500gで1時間が目安ですので、

お肉が大きければ1時間半ほどにのばしてください。

なんと、この放置状態で、

やわらかい焼き具合のローストビーフの完成です。

ローストビーフにとって、最適な温度を55~60℃となり、

温度が高ければ高いほど肉汁が外に流れ出てしまい、

たった10℃違ってもお肉は固くなってしまいます。

また、大量のお湯を使うことで一定の温度で調理しやすくなります。

ローストビーフのソース

やわらかく焼きあがったローストビーフに

ぴったりのおいしいソースを作りましょう。

材料

  • ジップロップにのこっている肉汁
  • しょうゆ大さじ1/2
  • コンソメ顆粒 小さじ1
  • バター小さじ1と1/2

作り方

先ほど、お肉の表面を焼いたフライパンを用意しましょう。

余分なあぶらを軽くおさえたところへ、

上記材料をまぜあわせたところへ、

ジップロックに残った肉汁を投入し

まぜあわせた後、バターが溶けたらザルでこして完成です。

バターのかわりにオリーブオイルでもできます。

学びとまとめ

クリスマスなどのホームパーティーにローストビーフを出すときは、

少し小ぶりに切った方がみなさん食べやすくておすすめです。

ローストビーフを成功させるためには、

一定の温度のなかで、お肉を放置しておくだけでいいんですね。

これなら誰でもできそうで、失敗しなさそうです。

さぁ、あなたも今年のクリスマスにローストビーフにチャレンジしてみましょう。

【関連記事】

【あさイチ】ステーキ焼き方!柔らかくする極意は意外にも?!

【得する人損する人】スペアリブはポリ袋にアレを入れ真空調理

クリスマスチキンの美味しい温め方のコツはこうだった!

クリスマス(2016)パーティー料理持ち寄りは子供の喜ぶメニューを

 

スポンサーリンク