野菜のなかでも栄養豊富なトマトを

離乳食時期から積極時に使っていきたいものです。

トマトの種や皮をを取る理由とは何があるのか?

いつまで取ったほうがいいのでしょうか?

便利なトマト缶はいつから使えるのか見ていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

トマトとリコピン

トマトは春から秋まで出回りますが、

ハウス栽培のトマトは年中流通しています。

トマトにはビタミンCやカロテン、カリウムと

豊富な栄養素が多く含まれていますが、

トマトの代表的な栄養成分とえいばリコピンです。

リコピン

赤い色素のリコピンは新陳代謝を高め

肌を健やかに保つ作用がありますので、

赤ちゃんにとっても有効な栄養です。

トマトにはたくさんの品種がありますが、

中玉、ミニの赤系トマトにはリコピンを多くふくむ

サラダなどで生食するよりも

加熱したほうがより多くトマトを食べられます。

子供たちが大好きなケチャップにも

リコピンは多く含まれています。

トマトとうま味成分

トマトには昆布のうま味成分と同じ

グルタミン酸を多く含みます。

調味料を控えめに薄味に仕上げても

おいしいお料理に仕上がる優秀な食材です。

フルーツトマト

最近人気のフルーツトマト、

スーパーで売られているのをよく見かけますね。

実はフルーツトマトという品種があるわけではなく、

栽培時期に水分を制限するなど、

特殊な製法で栽培されていて、

通常のトマトに比べて糖度が高いという特徴があります。

大玉トマト 一番人気の品種桃太郎は、
サラダなど生のまま摂取に向いています。
ピンク系がおすすめ
 中玉トマト 大きさはゴルフボールくらいのサイズで、
一般的にミディトマトで売られています。
リコピンがたっぷり入った赤系は加熱処理におすすめ
 カラフルトマト 黄色、オレンジ、黒、グリーン、といった
カラフルなトマトもよく見かけるようになりました。
それぞれの色素成分にトマトの効能があります。

 

トマトの種

トマト嫌いの子供の理由に

種のまわりのあの独特のにゅるにゅる感が

苦手なようですが、

このゼリー部には食物繊維のペクチンや

うま味成分のグルタミン酸が多く含まれているので

種をすてずにソースなどに使って食べましょう。

トマトの皮

トマトの皮には残留農薬などが付着しているので、

湯むきをして皮をとってしまいます。

まだ赤ちゃんの消化機能は未発達でありますので、

トマトの皮や種は消化しにくく、消化管への大きな負担となります。

トマトの皮の取り方

  1. 流水で30秒ほど洗う
  2. 熱湯にさっとくぐらせる
  3. 皮がつるりと簡単にむける

 

トマトの種や皮はいつまで取る?

離乳食の進行具合にもよりますが、

赤ちゃんの消化吸収力が未発達なうちは、

負担となる種や皮は取り除いて食べさせましょう。

消化不良を起こすと便が硬くなり便秘になったり、

逆に柔らすぎて便に皮や種が出てくることもあります。

トマトの皮や種は離乳食を完了する1歳頃までは

取り除いてあげるようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

トマトと食べ合わせ

食欲がないときにトマトを活用しましょう。

スープなどの汁物などに刻んだトマトを添えます。

トマトの酸味で後味がさっぱり

食欲のない時やつわり時期の妊婦さんにもおすすめでしょう。

トマトのカロテンはビタミンCの野菜と一緒に食べると、

抗酸化作用があるので、細胞を丈夫にして免疫力をアップします。

離乳食にトマト缶はいつから

上記でお話させていただいたように、

離乳食の初期からトマト缶を使うのは問題ないのですが、

皮と種は消化に悪いので取り除きましょう。

初めての食材同様に少量から与えるようにしましょう。

トマト缶もトマトジュースも

食塩の入っていない無添加のものを選びましょう。

 

 

トマト缶を上手に利用

トマト缶やトマトジュースは

リコピンたっぷりの赤系トマトが使われています。

缶詰でも生のトマトでも基本的な栄養は変わらないので

離乳食にもどんどん使用しましょう。

リコピンは油に溶けやすいので

オリーブ油やナッツなどの脂質と一緒にとると

吸収が高まります。

トマト缶で発酵食ケチャップ

子供が大好きなトマトケチャップの味付けに

発酵食の甘酒や塩麴を使ってママが手作りしてみませんか?

材料

  • トマト缶
  • すりおろした玉ねぎ
  • 甘酒
  • 塩麹
  • 米酢

作り方

  1. トマト缶をミキサーにかけて裏ごしする
  2. 鍋にトマトをいれて、水分が半分くらいになるまで煮込む
  3. 玉ねぎを加えてさらに煮込み調味料を加えてひと煮たち

離乳食作りにはミキサーとブレンダーどっちが便利?

 

学びとまとめ

離乳食から幼児食へと

ママに人気の食材のひとつにトマトがあります。

たくさんある野菜のなかでも栄養、人気も

ナンバー1といってもいいでしょう。

子供だけではなく生活習慣病の予防やアンチエイジングなど

効果あるトマトは家族みんなで食べたいですね。

【関連記事】

離乳食の鮭の甘塩はいつから?鮭フレークの塩抜きって必要?

離乳食の牛肉部位はどこ使う?ひき肉ミンチの冷凍方法は?

赤ちゃんの離乳食にうなぎはいつから?おすすめの食べ方を紹介

離乳食に納豆の加熱はいつまで必要か?湯通しの簡単なやり方

 

 

スポンサーリンク