離乳食を始めたばかりの5ヶ月ごろ。

食べてくれるかドキドキしながら始めてみたら、

泣いて嫌がるばかりで全然食べてくれないことがあります。

泣いて食べてくれない赤ちゃんの離乳食は

どのように進めればよいのでしょうか?

今日は、5ヶ月の離乳食の進め方をご紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

食べものに興味があるのかな?

離乳食の始めどきは、生後5ヶ月~6ヶ月とされています。

ただし、そのなかの細かい時期は赤ちゃんそれぞれに違ってきます。

離乳食を始めるには、赤ちゃんが食事や食べものに

興味を持っていることがポイントとなり、

興味を示していないのに5ヶ月になったからと

離乳食を始めてしまうと、なかなか進みにくくなってしまいます。

赤ちゃんが食べものに興味を示している合図は、

大人の食事を見て口をもぐもぐさせたり、

よだれが出ている、

食べている大人の様子を真似しているようなしぐさを見せる、

といったことがあげられます。

でもいきなり食事風景を見せて興味を持つのは難しそうですよね。

大人の食事風景を見せる

離乳食を始める前に、大人の食事のときには

抱っこして食事の風景を見せるなど、

赤ちゃんが食事の風景に興味を持てるような

環境を整えてあげましょう。

また、食事の際には、会話をしながら食べる、

楽しみながら食べるなど、

赤ちゃんが自分も輪の中に入りたくなるような

食事にできるといいですね。

離乳食のタイミングは合っている?

離乳食の時間帯はどうでしょうか?

眠たくなる時間ではないのか、

前の授乳から時間がたってお腹が空いていないか、

などを見直してみましょう。

離乳食のタイミングは授乳と授乳の間の時間、

お腹が軽く空いているぐらいがちょうどよいです。

お腹が空きすぎていると、母乳やミルクがほしくて、

離乳食を受け付けてくれません。

機嫌のよい時間の一定リズム

また、眠たいときには離乳食は難しくなります。

前の授乳あと、少し眠って機嫌よく起きたあとなど、

赤ちゃんの機嫌がよさそうな時間を狙って離乳食を進めてみてください。

育児書などには、最適な時間帯というのが載っていたりしますが、

赤ちゃんの生活リズムも人それぞれ。

この時間と決めたから、とそれを守り続けるよりも、

だいたい同じぐらいの時間帯に、一口でも食べものを口にできたら

OKぐらいの気持ちで進めましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

舌で押し出す

離乳食を始めたばかりの赤ちゃんは舌で押し出して

食べてくれないこともよくあります。

おっぱいやミルクの味しかしらない赤ちゃんは

抵抗があるのはあたりまえです。

口が閉じれない

ベーと出すのは嫌がっているわけではなくて、

口がまだうまく閉じれないためでもあるので、

すんなり無理強いして与えることを休みましょう。

スプーンの食感

赤ちゃんによっては、

スプーンの感触が嫌で泣いてしまう子もいます。

今までほどよく人肌の温度だったママのおっぱいや

哺乳瓶で食事をしていた赤ちゃんなので、

冷たい銀のスプーンなどに触れると

びっくりしてしまったりします。

シリコンや木のものなど、

違う素材のスプーンに変えて試してみるのもいいでしょう。

数日たってやり直す

どうしても舌で押し出して食べてくれないときは、

数日経過してから再度やり直してみましょう。

もし、果汁や汁物が飲めないなら、

赤ちゃんにとって離乳食には早すぎるのかもしれません。

ゆるめにしたり、とろみをつけるなどして

のごごしをよくすることなどしてもいいでしょう。

 

赤ちゃんにお話ししてあげる

離乳食を始める数日前から、

スプーンだけ先に練習するという方法もあります。

用意したスプーンを口に入れさせてみたり、

そのスプーンでお水をあげたりしてみると、

スプーンの感触が嫌じゃないのかが見極められます。

これから離乳食を始めるという人は、

赤ちゃんに離乳食始めるよ、とお話ししてあげながら、

ちょっと練習してみるのも良いですよ。

ママのゆとり

毎日離乳食がうまく進まないとママはしんどいですよね。

離乳食の時間が近づくと、

「今日もうまくいかないかも」と不安になったり、

嫌な気持ちになったりしていませんか?

赤ちゃんはお母さんのそんな気持ちに敏感に反応します。

離乳食に対して憂鬱になっているママの気持ちを察して

泣いてしまっているのかもしれません。

離乳食は楽しいもの

離乳食は絶対に食べなければならないものではなく、

赤ちゃんにいろんな食べものを知って、

食事は楽しいものだと知ってもらうための時間です。

食べないからと言って、気に病む必要はありません。

「これ、おいしいよ。」

「今日はこんなものが入っているよ。」と

赤ちゃんにゆっくり話しかけながら、

ゆとりを持って進めてみてください。

学びとまとめ

5ヶ月の赤ちゃんの離乳食、泣いちゃって

進まないときのポイントについてお話ししました。

お友達がよく食べていると、

「なんで我が子は…」と思ってしまうこともあるでしょうが、

離乳食の進み方も個人差です。

一口でもいいんです。

ゆとりを持って離乳食進めていきましょう。

【関連記事】

離乳食食べない!イライラして怒鳴るなら放置して休んでみよう

離乳食の初期の野菜と量はどれくらい?おすすめ献立例5選

離乳食といえば10倍粥!冷凍保存と解凍方法を伝授!

豆腐アレルギー症状は?離乳食初期に豆腐はいつから?

 

スポンサーリンク