離乳食中には、おやつは食べてくれるのに

離乳食は全然、という悩みが出てくることがあります。

用事があって大人しくしてほしいときや

おいしそうに食べてくれるからとついついあげてしまいがちなおやつ。

離乳食に影響しないためにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

おやつの時間や量はきちんと決める

8ヵ月といえば、離乳食は3回食、

まだ2回食ぐらいのお子さんもいらっしゃるかもしれません。

離乳食の量はだいたい定まって、どれぐらい食べられるのかが

はっきりしているお子さんもいるのでは?食事の時間帯も決まっていれば、

いつお腹が空いてくるのかも読みやすくなりますね。

おやつ1日に1回

食事の時間帯がだいたい定まっているならば、おやつの時間帯は決めておきましょう。

その時間帯から大幅にずれるときには、なるべくおやつは食べさせない方が良いです。

おやつの時間は1日に1回、きちんと決めておくことが大切です。

おやつの時間と決めた時間を外れると、そのあとの離乳食に影響してしまいます。

おやつの量を決める

また、量もきちんと決めておきます。

もし、外出先で食べさせたいときがあったとしても、

決めた量を持って出るだけにしておきましょう。

私も経験がありますが、大人しくしていてほしいからと

ついつい食べさせすぎてしまうことがあります。

そうすると、どうしても離乳食を食べてくれにくくなってしまいます。

 

嗜好品ではなく栄養の摂れるおやつを

それでもおやつを持って出かけないといけないような事態は起こります。

そんなときには、ただの嗜好品のようなおやつではなく、

小さなおにぎりやパンケーキといった軽食にしてみるのはどうでしょうか。

赤ちゃん用のおやつは軽いものが多いですので、

ついつい赤ちゃんも食べ過ぎてしまいがち。

ふかしいもやおにぎりなどですと、おなかにも貯まるので、

たくさんあげすぎなくて済みます。

手作りのおやつには野菜ペースト

手作りのおやつだと、作る側のさじ加減で

野菜ペーストを加えたりして栄養も考えることができます。

ただ、手作りおやつは苦手なお母さんもいるでしょう。

おやつを買うときには栄養価もよく見て買うようにしてくださいね。

スポンサーリンク

 

 

手づかみ食べの練習にもなります

おやつを食べることには離乳食が進まないなどのデメリットばかりではありません。

赤ちゃんにとってはメリットもあるんです。

たとえば、手づかみ食べの練習。小さなボーロなどですと、

指先の力が弱い赤ちゃんのつまむ練習にもなりますし、

自分で口に運ぶことで食べる喜びを感じることにもなります。

つねに離乳食を口に運んでもらって食べるだけで、

離乳食に積極的ではない赤ちゃんには、

おやつなどで手づかみ食べの練習をすることが

離乳食への積極性をもたらすことにもなります。

その場合、上で紹介したように

栄養バランスを考えたおやつをあげると良いですよ。

おやつのあげ方に注意して

どうしても食べてくれないと気になる離乳食ですが、

おやつの食べ過ぎもたまになら気にすることはありません。

大人だって間食のしすぎで食事が食べられないこともあります。

ただ、毎日続くようなら、おやつのあげ方を見直す必要があるでしょう。

赤ちゃんにはちみつはNG

離乳食まであまり時間がないのにおやつをあげていないか、

量は適切か、赤ちゃん用のおやつをあげているか。

幼児用や大人用のおやつは、糖分も多く赤ちゃんには味も濃いですので、

あげないように気をつけましょう。

また、幼児以降に食べるおやつは、

はちみつなど赤ちゃんが食べてはいけないものが

入っている心配もありますので、注意してくださいね。

甘いものばかりを欲しがるときは

甘いものばかりを欲しがるからといって

だらだらと食べ続けてると虫歯になるだけでなく

食べた分だけのエネルギーを使わないと

肥満や食欲不振にもつながります。

決まった時間の食事をしっかり食べさせてることができように、

日中は規則正しい生活を心がけ、しっかりと身体を動かし

食事の間隔に2時間はあくことになるように、

食卓につくときは空腹にして着席させましょう。

 

おやつのスナックはごほうびに

身体によくないからスナック禁止という考え方は

決して悪くはありませんが、

一切スナック類を与えない生活を続けるということも

親も子も厳しいものです。

特別な日や、行事ごと、お友達時間など

非日常のごほうびなどスナックをあたえて楽しみましょう。

まるまる袋ごと渡すのではなく、ママが決まった量を小皿にわけて

食べ過ぎないように工夫することも大切です。

学びとまとめ

さて、おやつばかりで離乳食を食べてくれないという

ママの悩みについてお話ししました。

おやつを食べさせることは悪いことではありませんが、

量や時間をきちんと決めておかないと、

大切な離乳食に影響してしまいます。

一度おやつのあげ方について見直してみてくださいね。

【関連記事】

離乳食食べない!7ヶ月の赤ちゃんせんべいしか食べない?!

離乳食食べない!6ヶ月でバナナしか食べない子の対処法は?

離乳食の鮭の甘塩はいつから?鮭フレークの塩抜きって必要?

豆腐アレルギーの症状は?離乳食初期に高野豆腐はいつから?

 

スポンサーリンク