離乳食が順調に食べているかと思えば、

急にむせてしまうことがあります。

なかなか咳が止まらないと心配になってしまいますよね。

赤ちゃんが離乳食でむせてしまわないようにするには

どうすればいのでしょうか?

また、むせてしまったときには

どう対処すればいいのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

離乳食でむせてしまうのはどうして?

離乳食を始めてそれほどたっていない7ヶ月というと、

まだまだ食べものを飲みこむのも未熟なときです。

7ヶ月なら早い子で3回食、

ゆっくりめの子ならまだ1回食だったりもするでしょう。

段階に合わせて食べものもだいぶ粒のあるおかゆを食べ始めたぐらいではないでしょうか。

ですから、むせること自体はそれほど心配することはありません。

赤ちゃんはまだまだ未熟な飲みこむ能力(嚥下)を少しずつ上達させている段階です。

むせたことによって病気になったりするのでは、という心配はしなくても大丈夫。

もし、不安があるようなら、離乳食後の様子をよく見て、

咳が止まらない、たびたびえづく、

など様子がおかしければすぐに受診しましょう。

①縦向きだっこにして背中をトントン

みなさん授乳のときには、飲み終わったあと、げっぷをさせるために、

縦向きに抱っこして背中をトントンしますよね。

離乳食中にむせてしまったときには、同じように対処してあげましょう。

もし、どこかで食べものが詰まっているようなことがあれば、

これで解消されるはずです。

むせたことによって泣いてしまったり、機嫌が悪くなることもありますが、

そんなときには離乳食を中止するのもいいでしょう。

むせてしんどいのに、さらに食べなくちゃいけなくなると、

その食べものや離乳食に苦手意識が生まれてしまうことがあるからです。

 

②食べものの大きさや調理に気をつける

赤ちゃんが離乳食にむせたときには、離乳食の見直しチャンスです。

ご飯は十分つぶせていますか?

水分が少なくちょっとパサついた離乳食になっていませんか?

とろみをつけすぎてべたっとしていませんか?

7ヶ月というと、お母さんも少し離乳食作りに慣れてくるころ。

しっかり食べてくれる子ほど、これぐらい食べられるかも、

と判断がゆるくなってしまうこともあります。

赤ちゃんがむせたときには、離乳食の形状など、ちょっと見直してみましょう。

もし、いつも同じ食べものでむせてしまうようなら、

その食べものはストップしてみてもいいかもしれませんね。

③離乳食の時間をゆっくりとりましょう

大人でも急いで食べるとむせてしまうことがあります。

ほかにも口の中に入れすぎてもむせますよね。

赤ちゃんの離乳食でも同じことが言えます。

口の中に入れる離乳食の量を少し減らしてみてください。

また、すごく食欲旺盛な子だと、すぐに食べたい食べたい、

と口を開けることもありますが、ゆっくり食べられるようにしてあげましょう。

隣で「もぐもぐ」と真似して噛む時間を誘導してあげてもいいかもしれません。

離乳食の時間が短いと大人も赤ちゃんもあせってしまいますので、

たっぷりと離乳食の時間をとって、

ゆっくり食べられるようにしてあげるとむせることも少なるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

丸飲みしやすい赤ちゃん

離乳食時の赤ちゃんは、

食事を丸飲みしてしまい、なかなか満腹感が得られずに

次から次へとどんどん食べてしまうことがあります。

離乳食のステップアップ段階が早すぎると、

満腹機能もまだ不十分であるため

かまずに丸飲みする習慣がついてしまいます。

舌で押しつぶせるかたさとろっとした初期の食事期間を

十分に取ってあげるようにしましょう。

離乳食のムラ食い

例えば甘みのあるかぼちゃが大好きなど、

赤ちゃんには同じ食材ばかり食べる傾向があります。

離乳食食べない!6ヶ月でバナナしか食べない子の対処法は?

 

ママは、栄養面など心配になってきますが、

そのうちに他の食材も食べるようになりますので、

あまり神経質になることはありませんよ。

時々他の食材をあげてみて様子を見ていきましょう。

乳児健診で肥満児と診断されていなければ、

体重増加などを気にして量を少し控えたりせずに

食べたいだけ食べさせてあげましょう。

また、順調によく食べていたと思ったら急に食べなくなることも

赤ちゃんにはよくあります。

こちらもママの大変心配してしまう要素ではありますが、

赤ちゃんの機嫌もよくて元気ならば心配はいりません。

食事の雰囲気をかえてみたり、

メニューに変化をつけてみたり、

しばらく様子をみていきましょう。

また単純に空腹ではない場合もありますので

一緒にたくさん遊んであげることも大切な食育です。

学びとまとめ

さて、赤ちゃんが離乳食にむせてしまうときの対応についてお話ししました。

赤ちゃんはまだまだ食べものを飲みこむ練習中。

むせることもたびたびあるものです。

むせたからと言ってあまり心配しすぎず、むせこみがひどいときには、

その離乳食は終わりにしてしまってもよいですよ。

1食抜けたからといって、赤ちゃんの体調に影響が出たりしません。

無理なく楽しんで離乳食を続けましょう。

【関連記事】

離乳食食べない!7ヶ月のギャン泣きにイライラが爆発?!

離乳食食べない!6ヶ月の2回食へ進むタイミングはここ!!

離乳食の鮭の甘塩はいつから?鮭フレークの塩抜きって必要?

離乳食後のミルクはいつまで?吐く原因は食べ過ぎなの?

 

スポンサーリンク