離乳食を始めて数ヶ月、今まで順調に進んできたはずなのに、

急に野菜を食べてくれなくなることがあります。

子育て経験者に聞いてみると、

結構みなさん経験されているものです。

今まで順調に進んでいた分、

何がいけなかったのかとお母さんは心配になりますよね。

10ヶ月ぐらいの赤ちゃんが

急に野菜を食べてくれなくなるのはどうしてでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

成長の証

それまでの赤ちゃんは、与えられるものをそのまま口に入れ、

食べるという食事を続けてきました。

それまでミルクや母乳しか飲んでおらず、

離乳食を始めて、いろんな食材の味を確かめている段階ですので、

離乳食の味の好みはもちろんありません。

しかし、離乳食が進んでくるにつれて、

赤ちゃんが知る味の種類も増えていき、

好みが出始めます。

苦みや青臭さも感じられるようになってくるので、

野菜を嫌がる子も出てきます。

野菜を食べない=野菜の味がわかる

野菜の味をわかるようになったという点から見れば、

食べない野菜が出てくるということは、

赤ちゃんの成長です。

急に野菜を食べなくなったときには、

野菜の味がわかるようになってきたんだな、と思いましょう。

味付けや形状に変化

離乳食で陥りがちなのが、薄味を気にするあまり、

同じような味つけばかりになってしまう、ということです。

使える調味料が限られているので、

味つけを変えるのは難しいかもしれませんが、

一緒に料理する食材を変えてみる、

ベビーフードの粉末スープなどを使って、

ちょっと違った味を足してみる、などすると、

また以前のように食べてくれることもあります。

野菜特有の食べにくさを減らす

野菜の苦みなどがわかるようになり、食べてくれなくなったときにも、

味つけや調理で苦みを減らすことで食べてくれるかもしれません。

ピーマンなら中のワタなどを丁寧にとって茹で外の皮も剥く、

青菜類は茹でたあとには水にさらしてアクを抜く、などといった一工夫で、

野菜特有の食べにくさを解消する方法もあります。

苦手なものが絞られていれば、一工夫もぜひ調べてみてください。

野菜のポタージュスープ

そのままの野菜だとあまりに食べない、

というときにはポタージュスープにしてしまったり、

どろどろのペーストにしてハンバーグやホットケーキといった味が

ごまかせるようなものに入れて食べてもらいましょう。

野菜自体の味

おいしくないものをとても上手に見分けます。

これは実際に我が子で体験したことですが、

いつも食べているお米がなくて、

たまたま近くで売られていた安いお米を買ってみたところ、

あまりおいしくありませんでした。

大人はそれでも食べられないというほどではありませんでしたが、

子どもはほとんどごはんを食べてくれなくなりました。

赤ちゃんにもわかる食材の新鮮さ

買ったお米も使い切り、元のお米に戻したとたん、

子どもは再びいつものようにお米を食べ始め、

ほっとしたことを覚えています。

買ったお米がなくなるまで、

いろんなものと混ぜたりしてなんとか食べさせていました。

普段は白いお米だけで食べれる子だったので、大変でした。

野菜も新鮮なもの

野菜も、取り扱っているお店によって新鮮なものや

農薬たっぷりのもの、

などいろんな野菜があります。

大人は食べられても子どもの舌は本当に敏感です。

大人よりも薄味で食べているので、

野菜の味をよりダイレクトに感じています。

あまりに食べないな、というときには、

買っている野菜を見直したり、

違うお店で買ってみるなどしてみましょう。

野菜たくさん入れたおじや

野菜を食べなくなったときに助かる離乳食に

おじやがあります。

何でも入れられて、簡単メニューの代表選手です。

おじやなら赤ちゃんも食べやすいので

野菜も順調に進むことがあります。

ただ、野菜をたくさん入れたおじやばかりが続くと、

いろいろな野菜の味が混ざっているので

味を覚えにくいので、

最初は主食とおかずを別々にして

食べ進まなくなったときにおじやに混ぜるといいでしょう。

野菜が便に出る

やっと食べだしてくれた離乳食の便が

そのまま赤ちゃんの便にでてくることがあります。

たまにこのような状態になるのから特に心配はいりません。

ただ毎日続く、毎回続くといったことながら

離乳食が少しかたいのかもしれません。

完了期から少し後退したやわらかさに戻ることはよくあります。

離乳食のやわらかさを調整してみましょう。

学びとまとめ

栄養面を考えると、野菜を食べないとダメなのではと、

ママはとても心配になりますが、

赤ちゃんが離乳食から摂っている栄養はわずか。

そんなに目くじらを立てて

食べさせなければならないほどではありません。

調理や食べ合わせに工夫しても

どうしても食べられないときには、

少し様子を見てあげるようにしましょう。

また食べてくれるようになる日は必ずきます。

【関連記事】

離乳食薄味は食べない?目安はいつまで?調味料のポイント   

離乳食食べない11ヶ月児にミルクはいつまで?一日の適量は?

離乳食のパプリカ、皮むきはいつまで?下ごしらえと冷凍法

 

スポンサーリンク