ピアノで弾ける曲はクラシックからJ-POPまでさまざまで、

いざ発表会の曲選びとなると、難しいですよね。

では、難易度別でオススメの曲をピックアップしてみました。

ランキングとはなっていますが、

なかなか甲乙つけがたいものばかりですので、

人気曲をご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ピアノ発表会の曲~初心者向け~超初級~

メリーさんの羊

 

 

まだピアノを習い始めて間もない子でも弾ける一曲です。

しっかりとしたリズムにかわいらしいメロディーなので、

弾き切れれば発表会の曲としても向いていますよ。

 

きらきら星

 

こちらも発表会では定番の一曲です。

熟練者むけの「きらきら星変奏曲」も発表会曲として人気がありますが、

きらきら星もかわいらしく少し発展があるアレンジのものも多いので、

まだ習いたての子の発表会曲にも良いですね。

 

ピクニック

 

はねるようなリズムが子どもらしくかわいいですね。

初心者向けの曲にしては、

鍵盤の上を動く範囲が大きいので、発表会映えします。

曲自体はそこまで長くないので、

動きをしっかり覚えて聴かせてほしい一曲です。

 

ピアノ発表会の曲~初級~

バラード(ブルグミュラー)

バイエル程度まで進んでいる場合には、

発表会曲に一歩先のブルグミュラーを選ぶのも良いでしょう。

ピアノレッスンでは、バイエルと同じく

練習曲として弾くことも多いブルグミュラーですが、

バイエルよりもメロディーが多様になり、発表会にも映える曲が多いです。

バラードは、曲の雰囲気を上手につかみ、

表現するテクニックを必要とする一曲でもあります。

 

人形の夢と目覚め

初級者さんの発表会といえば、

必ず名前が挙がるぐらいに有名な曲です。

子守唄、人形の夢、人形の目覚め、

人形の踊りと場面が分かれており、

場面ごとに雰囲気の違うメロディーが流れますので、

弾きごたえのある一曲です。

ガラスのくつ

左手でリズムを刻む曲の多い中、出だしから右手でリズム、

左手でメロディーというちょっと変わったスタートです。

途中でリズムが左手に変わり、また右手に戻っていきます。

変化をしっかりと含みながら1分程度と短めなので、

初級者さんでも十分に弾き切れる一曲ですよ。

ピアノ発表会の曲~初級上~

貴婦人の乗馬

初級でも紹介したブルグミュラーの一曲です。

細かな手の動きを必要とする曲で

何年間かピアノを続けたテクニックが必要になります。

はねるような動きのメロディーから始まり、

流れるようなメロディーに変わったりと

場面ごとに雰囲気に合わせて弾きわけていきますので、

仕上がればとても素敵な発表会曲になります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ジプシーの踊り(リヒナー)

貴婦人の乗馬同様、細かい指の動きが必要な曲です。

左でも初級までのように単音、同じ和音を刻むわけではなく、

三音の和音や変化がありますので、

左手と右手をしっかりと分けて弾ける技術も必要です。

スピード感のある曲なので、

リズムを崩さずに弾き切れるとかっこいいですね。

エリーゼのために

ピアノ初心者の目標曲の一つですね。

多くの人が知っている一曲ですが、

決して難易度が低い曲ではなく、

紹介したなかでは断トツに難しい曲かと思います。

発表会用として仕上げていくには時間がかかる曲でもありますので、

目標と定めてじっくり取り組んでほしい一曲です。

学びとまとめ

さて、ピアノの難易度別発表会曲を紹介してきました。

動画などを見ていると、幼い子どもでも

難曲を弾きこなしているようなものもありますが、

大切なのは自分のレベルよりちょっとだけ難しいものを

しっかりと仕上げることです。

また、発表会曲は普通の練習曲よりも練習時間が長くなりますので、

気に入って長く弾ける曲を選びたいですね。

最近では、難曲を簡単にアレンジしたものもありますので、

難曲でも目標とするものがあれば先生に伝えてみるもの良いでしょう。

ぜひお気に入りの一曲を見つけてくださいね。

【関連記事】

【ピアノ発表会の曲】人気はディズニー!おすすめ6曲はコレ!

【ピアノ発表会の曲】 年長児にぴったりなおすすめ7選

子供が習い事するなら、ピアノとバイオリンならどちらをいつから?

ピアノ移動をジャッキも道具使わずに自分で簡単にやる方法

バッハコンクール(2016)全国大会のピアノレベルはどれくらい?

 

スポンサーリンク