ピアノの発表会曲選び、

お友達にもぜひ見に来てもらおうと思ったら、

小さなお子さんでも口ずさめるものの方が楽しんでもらえそうですよね。

子どもでも口ずさめそうな発表会曲はどんなものがあるんでしょう?

実際の演奏風景とともにご紹介していきたいと思います。

選曲の参考にしてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

Let It Go

2014年公開の「アナと雪の女王」のテーマソングです。

 

公開されてからだいぶたちますが、子どもたちへの人気は根強く、

とくに女の子は大好きな子も多いのでは?

公開時まだ1歳だった筆者の娘も、声高らかに歌い上げるほどですから、

少し大きい女の子は喜びますよね。

歌詞は知らなくてもメロディーはよく知られていますし、

演奏する側もエルサのドレスを着たりして楽しめる一曲ですね。

 

さんぽ

子どもだけでなく、

大人も楽しい気分になるジブリの名曲です。

 

 

「となりのトトロ」のオープニング曲ですね。

かなり小さいお子さんでも知っていることが多く、

このイントロが流れ始めると体がむずむず動く幼児さんも多いです。

リズムもしっかりしているので、演奏者のお子さんも楽しんで弾くことができ、

曲全体のイメージも掴みやすい一曲です。

跳ねるようにリズムをとれるのでとくに小さいお子さんにはオススメです。

小さな手で一生懸命弾いていたらかわいいですよね。

 

君をのせて

こちらもジブリ映画の名曲、

「天空の城ラピュタ」の主題歌です。

 

ちょっと大人っぽい曲を演奏したいお子さんには、

この一曲をオススメします。

ゆったりとした雰囲気の曲ですが、途中にはドラマチックな展開もあり、

発表会の曲としても盛り上がります。

流れるようなメロディーで元気いっぱい弾けばいいというわけではないので、

表現力も必要になってくるちょっと難しめの曲です。

幼稚園などで教えてもらうこともあるようで、

意外と知っているお子さんも多いようですね。

 

夢をかなえてドラえもん

いつの時代もみんな大好きなドラえもん。

10年ほど前に主演の声優さんたちが変わり、

親世代のみならず、祖父母世代にも衝撃が走りました。

 

 

その代替わりののちのオープニングテーマとして使われた一曲です。

ドラえもんらしい明るくポップな雰囲気のメロディーに、

夢あふれる歌詞で、子どもたちにも人気のある歌です。

歌詞を覚えて歌えるお子さんも多いでしょうから、

発表会で流れると喜ばれる一曲でしょう。

 

世界に一つだけの花

老若男女、だれでも載っているSMAPの名曲ですね。

音楽の教科書にも載っている一曲で、人生の応援歌という感じの歌です。

 

幼稚園、小学校の発表会でも歌われることも多く、

小さなお子さんでも耳馴染みのある一曲でしょう。

応援歌としてのイメージも強いので、

まだまだ初心者のお子さんが一生懸命に弾く姿も良し、

ちょっと経験が長くなったお子さんが上手に弾きあげるのも良し、

発表会向けの曲ですね。

学びとまとめ

さて、子どもが思わず口ずさみたくなる発表会曲をご紹介してきました。

ピアノの発表会というと、クラシック曲が多くなりがちで、

お友達を呼んだりするにもためらわれることもあるでしょう。

でも小さなお子さんでも口ずさめるような曲を弾くなら、

ピアノやクラシックに詳しくないお友達でも

気軽に呼んで見に来てもらえるのではないでしょうか。

ただし、もし発表会にお呼ばれしたときにはちょっと注意が。

どんなに口ずさめる曲でも、ピアノの発表会ですから、

大きな声で歌っちゃたりするのはマナー違反になります。

すごく馴染みがあって好きな音楽だったとしても、

体でリズムをとったりする程度にしましょうね。

演奏者は結構音に敏感ですので、

ぜひ気遣いしていただけたらと思います。

【関連記事】

【ピアノ発表会の曲】人気のディズニーおすすめ6選

【ピアノ発表会の曲】難易度別のランキング!

【ピアノ発表会の曲】 年長児にぴったりなおすすめ7選

バッハコンクール(2016)全国大会のピアノレベルはどれくらい?

子供が習い事するなら、ピアノとバイオリンならどちらをいつから?

 

スポンサーリンク