幼稚園の行事に必ずといっていいほどあって

ママが避けることができない行事といえば、親子遠足です。

楽しいはずの親子遠足ではありますが、

意外と親子遠足に行きたくない、

ママ友がいないから親子遠足は孤独、

苦痛でしかないと大きな悩みになるママも多いのです。

ママ友がいない人にとっては嫌な行事でもありますので、

今日は、ママ友がいなくても

親子遠足を楽しく過ごせるような

ポイントをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

1親子遠足は子ども楽しむ

親子遠足はママと子どもで楽しむ遠足です。

ママ友とおしゃべりする行事ではありませんので、

周りを気にすることなく、自分の子どもに集中して

親子で一緒に遠足を楽しみましょうね。

ママが楽しむ

子どもの行事だし、と言わずに

ママ自身もしっかり楽しんじゃいましょう。

子ども幼稚園での姿を見るいい機会ですよ。

時に子どもが自分のお友達と遊びに行ってしまうこともあるでしょう。

そんなときも子どもがよく見える位置で、

しっかり様子を見ていてあげてください。

子供の近くにいるママと話す

子どもが一緒に遊んでいる子もママも近くに来ているでしょうから、

子どもがお世話になっているお礼を言って

少し話す機会もあるかもしれませんね。

2カメラやビデオで子どもの様子を撮影

普段の幼稚園とは違った場所での遠足。

子どものいろんな表情が見られます。

できたらほかの家族にも見せてあげたい、

思い出に残しておきたい、そんなママもいますよね。

ママは名カメラマン

そんな人は、ぜひカメラマンママに徹するのもいいでしょう。

最近では、いろんなカメラが販売されており、

女性でも一眼レフやミラーレスなどを持ち歩く人が増えています。

親子遠足の間、子どもが見せるさまざまな表情を撮っている間に、

あっという間に時間が過ぎてしまいますよ。

中には同じようなカメラマンママがいるかもしれませんから、

カメラや撮り方などの情報交換から仲良くなれたりすることもあるかもしれません。

居合わせた子供たちを撮影してあげても喜ばれるかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

3家族と一緒に参加する

それでも一人は寂しくて…という人は、

思い切ってパパやほかの家族を巻き込んじゃいましょう。

親子遠足だからといって、

ママと2人じゃないとダメということはありません。

パパ参加OK、おじいちゃんおばあちゃん参加OK

のところもたくさんあります。

幼稚園に確認をとって参加できるか聞いてみましょう。

ママと一緒だけでも子どもはうれしいですが、

そこにパパやおじいちゃんおばあちゃんが

加われば子どもはもっとうれしいですし、

ママも孤独に過ごすことがなくなりますよ。

ママ友がいなくて孤独じゃない

周りがママ友でグループになっていて、自分ひとりポツンとしていると、

ついつい暗い顔になりがちです。ママ友がいないからといって

別に気にすることはないので、堂々としていましょうね。

友達は無理に作るものではないですから、頑張る必要はありません。

普通にしていればそのうちお友達もできますし、話せる人もできてきます。

ママ友の嫉妬は無視?!トラブルを避ける対策と好かれるコツ

 

あまり気にして暗い顔をしていると、

ほかのママたちも話しかけにくいのかもしれません。

自分が逆の立場だったらどうですか?

いつも暗い顔をして挨拶も

あまりしてくれない人に話しかけようと思いますか?

いつも笑顔でにこにこと、

しっかり挨拶するようにして好印象を持ってもらえれば、

自分から無理に話しかけたりしなくても、

自然にお友達はできてきますよ。

学びとまとめ

入園、進級後すぐの季節に親子遠足があるところも

多いのではないでしょうか?

確かに周りはわいわい楽しそうなのに、話す人がいないのは寂しいですし、

行事も苦痛になってしまうでしょう。

 

でも一番大切なのは、周りの目を気にせず、

子どもとしっかり楽しむことだと思います。

親子遠足はそうそう何回もある行事じゃありません。

子どもが楽しむ姿をしっかり目に焼き付け、

ママ友がいなくても親子遠足を乗り切る3つのポイントで

自分自身もしっかり楽しんで、

大切な思い出の一つにしてくださいね。

【関連記事】

ママ友になりたくない疲れる人ってこういう人!対処法

ママ友ライングループのトラブルを避ける最善策はコレ

ママ友にバレンタインのお返しするアイデア3選をご紹介

ママ友が旦那にバレンタインチョコ!これはあり?なし?

 

 

スポンサーリンク