お年玉の金額って年齢によって変わってきます。

また、お年玉の準備をしていても、

急にお年玉をあげないといけなくなってしまったときってありますよね。

でも、いくらあげればいいのかわからない!と慌ててしまいます。

こんなときに困らない方法をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

お年玉 年齢別平均相場

お年玉の年齢別の相場をご紹介します。

赤ちゃん~幼稚園

  500円~1000円

お菓子やおもちゃをあげると喜ぶので、

お金の代わりにあげるという意見もあります。

小学校1年生~2年生

 1000円~2000円

この年代までは幼稚園児と同じく、

お金の価値がまだわからないので、

お菓子やおもちゃをあげる方もいます。

中には、あげないという方もいますが、

冬休み明けのお友達との間でも話題になるので、

少なくてもあげるという方もいます。

小学校3年生~4年生

 2000円~3000円

この年代はお年玉で買いたいものなどが出てくる頃なので、

あげたいですね。

小学校5年生~6年生

  3000円~5000円

このぐらいの年齢になると欲しいものも高価になってきますし、

毎年お年玉をもらえるのを楽しみにしている子どもさんもいます。

中学校1年生~3年生

 4000円~10000円

中学生にもなると、金額がいっきにあがります。

子供たちのなかで、自分たちの年齢の相場を

把握しているでしょう。

高校1年生~3年生

 5000円~10000円

中学生とほぼ変わりません。

大学1年生~4年生

 10,000円~20,000円

大学生でも、

バイトをしている子どもさんなどもいるのであげない

という意見もあります。

お年玉計算式

お年玉をあげる子どもさんたちの年齢がバラバラで

誰にいくらあげればよいかわからないときなどありますよね。

お年玉の金額』の計算方法

そんなときはお年玉の計算方法で

相場の金額を計算してみましょう。

 計算式

 年齢÷2×1000=お年玉の金額

この計算方法で簡単に解決してしまいますよ。

この計算式を元に金額を計算すると、

ちょうど、その年齢の平均相場になります。

10歳なら5000円、

15歳なら7500円、

20歳なら10000円となりますね。

また、普段親しくしている方の子どもさんなどには、

この計算式にプラスして包んでもいいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

お年玉の渡し方

お年玉にもマナーがあるのをご存知でしたか?

いくら子どもさんにあげるといっても、行き着く先は大人です。

新札のマナー

袋に入れるお札は新札を入れましょう。

しわしわでは、あげるほうも恥ずかしいですし、

もらったほうも悲しくなってしまいます。

あらかじめ銀行などが開いているときに用意しておくとよいですね。

渡し方のマナー

また、お年玉をあげるときは、子どもさんだけではなく、

保護者の方がいる時にあげましょう。

そのときに、子どもさんには、その場で中身を開けさせず、

しっかりお礼を言わせるようにしましょう。

そうすることで、お金のありがたみが伝わることでしょう。

お年賀のマナー

お年玉は、本来、目上の人が目下の人にあげるものです。

目上の人や、上司の子どもさんにあげるのは、失礼になるので注意しましょう。

目上の人や、上司の子どもさんにあげる場合には「お年賀」としてあげるとよいですよ。

中でも、お金ではなく、図書券や、文具券などの品物をあげるのがよいです。

両親や祖父母などにあげる場合には、もちろんお年賀としてあげますが、

こちらも、お金ではなく、商品券などが喜ばれます。

また、あげるものではなく、食事に連れていったり、

一緒にお買い物に行って、何か買ってあげたりするのもよいですね。

学びとまとめ

金額を決める前に、お年玉は単にお金を渡すということだけでなく、

あげた子どもさんの1年が実りのあるものになるように願うと風習というのを忘れずに、

頭に入れておくと、お年玉の金額も決めやすくなることでしょう。

また、金額を迷ったら、昨年と同じ金額でもかまいませんし、

兄弟や、親戚などに相談して、金額を決めるのもいいですよ。

もらう側は楽しみが減ってしまうかもしれませんが、

あげる側は親族であわせておくと、楽ですね。

【関連記事】

【2017お年玉の相場】友達の子供にあげるならいくら?

 

 

スポンサーリンク