自分自身のからだの健康に責任をもち

軽度な体の不調は自分で手当てしていくことが必要です。

そんなときに役にたつ薬と上手に付き合っていくには、

重要なOTC医薬品となどのようなことか

見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

OTC医薬品とは?

薬局・薬店・ドラックストアなどで

処方せん無しでも購入できる薬をOTC医薬品といいます。

OTC医薬品は、その含有する成分や、

情報提供する専門家などによって

4つの区分に整理することができます。

要指導医薬品

OTC医薬品として初めて市販されたもので

取り扱いに十分注意が必要な薬です。

対応する専門家

薬剤師の説明対応が必要です。

よって、薬剤師が不在の場合は不可となります。

販売者からの説明

書面での説明が義務となっていますので、

インターネットでの販売は不可となります。

第1類医薬品

副作用、相互作用などの安全上で特に注意が必要な薬になります。

対応する専門家

こちらも要指導医薬品と同様に

薬剤師の説明対応となり、薬剤師が不在の場合は不可となります。

販売者からの説明

書面での説明が義務となっていますが、

要指導医薬品と違ってインターネットでの販売が可能となっています。

第2類医薬品

副作用、相互作用などの安全上で注意が必要な薬になります。

対応する専門家

薬剤師であるか、または登録販売業者の対応となります。

販売者からの説明

書面での説明をできる限り必要とするので、

義務付までの定義とはなっていませんので

インターネットでの販売が可能となっています。

第3類医薬品

要指導医薬品、第1類医薬品、第2類医薬品以外の

一般医薬品全般をいいます。

対応する専門家

薬剤師であるか、または登録販売業者の対応となります。

販売者からの説明

法律上の説明の義務・規定はありませんので、

インターネットでの販売が可能となっています。

いづれの分類でもお客からの相談には、

必ず対応しなければならないとされています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

薬剤師と登録販売業者の違い

医療用医薬品、要指導医薬品、第1類医薬品を含めた

すべての医薬品を取り扱うことができる薬の専門家になります。

薬剤師は国家資格が必要となります。

また、登録販売業者は都道府県知事が認定した薬の専門家という

扱いになります。

第2類、第3類医薬品のみを取り扱いうことができます。

薬局・薬店・ドラックストア店内では、名刺などで

見分けがつくようになっています。

かかりつけ薬剤師

どんなときでも自分の体質や症状にあった薬の処方を受けるために、

かかりつけの薬剤師を持つことをお勧めします。

かかりつけ薬剤師を持つメリット

  • 薬の内容や使用方法などについて詳細な説明が受けられる
  • 複数の医療機関を利用している場合やOTC医薬品を購入する場合、薬の成分の重複や飲み合わせの悪影響を防いでくれる
  • 薬だけでなく、サプリや健康食品など全般の利用について相談できる
  • 薬歴やアレルギー、自分の体質に関する情報を管理してくれる
  • 健康管理のアドバイスが受けられる

便利な配置薬

薬の便利な販売方法のひとつに配置薬があります。

配置用医薬品は、配置薬や置き薬とも言われ使用した分だけの

代金を支払うという独特な販売システムです。

知事から許可を受け身分証明書を交付された配置員が

定期的に各家庭を訪問し使用実績に応じて

医薬品の不足、期限切れ薬を点検確認して補充していきます。

医療費控除制度

2017年1月から医療費控除の特例が始まります。

医療費控除制度とは

1月1日~12月31日の1年間に自己負担した医療費が、

自分と家計を同一する家族の分をあわせた合計が10万円を超えた場合、

税務署に確定申告すると所得税が一部還付されたり、

翌年の住民税が減額される制度です。

新医療費控除制度とは

2017年1月から従来の医療費控除とは別枠で

特定の成分を含んだOTC医薬品の年間購入代金が

合計1万2,000円を超えた場合に超えた適用されます。

超えた金額が対象となります。

対象となる医薬品

厚生労働省のHPで対象となるOTC医薬品を確認できます。

対象となる人

健康の維持や病気の予防のために、定期的な健康診断、予防接種、がん検診など

を受けていて、対象となるOTC医薬品を購入した人。

ただし、従来の医療費控除制度と自分で選択することになります。

学びとまとめ

自分の健康のために

かかりつけの薬剤師を持つことはとても大切ですね。

自分が処方された薬ですので、専門家に積極的に

質問して疑問点を解決しましょう。

OTC医薬品を購入したレシートや領収書は大切に保管する

習慣をつけましょう。

【関連記事】

目薬の差し方で嫌がる子どもへの差し方のコツと注意点

乳児用液体ミルクのデメリットは価格?どこで買えるの?

乳児用液体ミルクの成分は?粉ミルクと比較した3つのメリット

 

 

スポンサーリンク