2月23日木曜日のあさイチで子育てママ必見!

近年患者数が増加しているおたふくかぜの最新情報です。

さっそくお子さんの母子手帳を準備して、

おたふくかぜ=難聴という怖さを

あらためて思い知らされてしまいます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

おたふくかぜ

春から夏にかけてかかる人がおおく

大人になったからかかる人もいれば、

子供のうちにかかる人もいるおたふくかぜですが、

正式には流行性耳下腺炎といいます。

感染力の強いムンプスウイルスの、

唾液による飛沫感染で広がります

通常は、耳の下が腫れあがって2,3日熱がでたあと

自然に治ります。

数百人から千人の割合で重度の障害が残ります。

重度の難聴

ウイルスが耳のなかに入ると難聴を引き起こすことも

あります。

人工内耳という装置

人工内耳という、耳に装着した小型のマイクで音を集め

それを頭に埋め込んだ受信機へ伝えることで音を認識して

日常生活全般の音を聞き取りますが、

じゅうぶんではなく授業にはついていけないこともあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

おたふくかぜの予防接種

おたふくかぜの予防接種は、

費用が自己負担となる任意接種扱いなので、

接種率はなんと3割程度です。

定期摂取 (公費負担)

任意接種 (自己負担)
  • 日本脳炎
  • 4種混合(ジフテリア、百日せき、ポリオ、破傷風)
  • BCG
  • 水痘(みずぼうそう)
  • インフルエンザ
  • ロタウイルス
  • A型肝炎
  • おたふくかぜ

おたふくかぜは以前は定期摂取だったんですが、

副反応が認められ平成5年に任意接種になっています。

おたふくかぜの副反応

おたふくかぜの予防接種で、

2000~2万人に1人ほど無菌性髄膜炎を

発症する

高熱による意識がもうろうとしますが、

後遺症が残ることはないと言われています。

おたふくかぜのリスクである重度の難聴は

数100人~1000人に1人ほどの割合を考えると

やはり予防接種をおすすめします。

 

おたふくかぜのこれから

4年に1回の周期で大流行していたおたふくかぜも、

近年季節性もなく通年流行している

定期摂取から任意接種に切りかわった時期とかさなっているので、

難聴になって苦しい生活をおくる子供を増やさないために、

副反応が少ない新しいワクチンを定期摂取できるようになると

理想ですよね。

学びとまとめ

現状は自己負担の任意接種であるおたふくかぜの

予防接種ですが、

お住まいの自治体によっては、全額助成、一部助成と

かわっているのでぜひ確認してからにしましょう。

そして、今一度定期摂取にもどってほしいと思います。

【関連記事】

【B型肝炎の予防接種の副作用】発熱は何度まで注意する?

インフルエンザの予防接種で腫れたらどうする?対処法や注意点

【ためしてガッテン】肺炎の新予防法は2種類のワクチン?

【ロタウイルスの症状】子供が完治したら保育園はいつから?

OTC薬品とは?新しい医療費控除制度とは

 

スポンサーリンク