300b2df687354996ba574aa2e09a2535_s

梅雨の時期や雨の多い時期は、

湿気が溜まりやすくカビなども発生しやすくなりますよね。

カビ除去のやり方もいろいろな方法がありますが、

その中でも、殺菌力のあるエタノールでのカビを取る方法や

予防方法をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

カビが発生する原因は?

押入れやクローゼットは家の中でも1番カビが発生しやすい場所です。

原因はこのように様々になります。

  • 脱いだ服をそのまましまっている
  • 中の換気がうまくできていない
  • 物をたくさん詰め過ぎている
  • 湿気がこもった布団など片づけている
  • カビが発生しやすい材質の壁紙を使っている

家の構造などによっては

湿気が溜まりやすくカビの原因にもなります。

また、カビは臭いの原因にもなります。

湿度、温度が高くなりやすく酸素がある場所で

カビが発生しやすくなります。

エタノールでカビを取ろう!

ベニア板や壁紙、だいたいの押入れやクローゼットの壁など、

万能に使えるのがエタノールです。

また、他のカビを除去する物は水で薄めたりし、

それから使わなければいけません。

ですが、エタノールはそのまま使えて手間も少なく、

揮発性が高く、乾かす時間が短くて済むのでとても便利です。

エタノールにはカビたんぱく質を分解する効果があるので、

カビ除去には最適です。

ただし、一般的に売られているエタノールの中でも

「無水エタノール」と「消毒用エタノール」と2つの種類があり、

「無水エタノール」は99パーセントがエタノールで

「消毒用エタノール」は80パーセントに薄めたものになります。

無水エタノールをそのまま使えば効果があると思いがちですが、

水分を含まないエタノールは殺菌効果がありません。

ですので消毒用エタノールを使うことをおすすめします。

使い方は、とても簡単で、エタノールをスプレー容器に移し替えて

カビに吹き付け、固く絞った雑巾などで拭き取るだけです。

ですが、エタノールではカビの色素は落とすことができません。

その場合はヤスリなどでカビの色素がついたところを削るといいですよ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

カビの予防方法は?

押入れのカビを予防する為に大切な事は、

湿気をためない、定期的に換気をして風を通す事です。

天気のいい日には家中の窓を開けて、

さらに押入れやクローゼットの扉も開けて換気をしましょう!

留守などで換気が難しい場合は、

扇風機の首を振ってつけておくと湿気を逃すこともできます。

水分は下に溜まりやすいので、

押入れやクローゼットの下の段には特に湿気がたまりやすく、

カビが発生しやすい状態になっています。

革製品やシルクなどの、

湿気に弱い素材は押入れ上段に収納しましょう。

また、衣類などを収納する時には、

クリーニングに出した後のビニール等は取りましょう。

そのままにしておくと湿気が溜まりやすく、

カビが発生してしまいます。

押し入れの床には、すのこを置き、壁にもすのこを立てかけて、

床や壁と収納しているものとの間に隙間を作り、

風通しをよくさせるといいです。

そして、なるべく押入れの扉の「両側」を開けた方が

風の出入り口ができるのでいいですよ。

さらに、押入れやクローゼットに物を入れすぎないように、

8割程を目安に余裕をもって収納しましょう。

梅雨の時期や結露のできやすい冬は、

カビを完全に予防するのは難しいです。

ですのでエアコンや除湿器を使って

換気することも必要となります。

それでも、できた後のカビを完全に消すのは難しいので、

湿気をためないことで、予防するのが一番です。

学びとまとめ

カビはアレルギーや肺炎などの原因になり、

人体に影響を及ぼす場合もあります。

一度エタノールで殺菌してしまうと同じとこには、

カビが発生しにくくなるので、

もしカビを見つけてしまったら早めに除去しましょう。

また、換気や除湿をこまめにし、

カビが発生しにくくなる環境作りも大切ですね。

【関連記事】

マニキュアの除光液の代わりに裏技でエタノール?アルコールは大丈夫?

服についた絵の具の落とし方!染み抜きの簡単な方法は?

製氷機にカビが発生?!簡単に掃除してキレイに撃退しよう!

カビキラーとキッチンハイタ―の違い!効果的な使い方はコレ

ステンレス水筒の洗い方 !中栓だって重曹で簡単すっきり

 

スポンサーリンク