59ff6cc7bc45c00f541ac3ea01ea6c25_s

そろそろお歳暮のことを考える時期になってきましたね。

お歳暮とは年の暮れに、1年の締めくくりとして日頃お世話になっている人へお礼の挨拶に品物を贈ることです。

この時、相手の方や自分が喪中だったら、今年も例年通りにお贈りしてもいいのだろうかと疑問がわきますよね。

いまさら人にも聞けないし、この度は喪中の方へお歳暮を贈る時のマナー、注意点にスポットを当ててみました。

 

スポンサーリンク

 

自分が喪中のとき

お歳暮は、感謝の気持ちを表すものであってお祝い事ではありません。自分が喪中の際にお中元やお歳暮が送られてきても、感謝の気持ちは素直に受け取っておきましょう。

その際、遅くとも3日以内にはお礼状を出しましょう。

目上の方から送られてきた場合には、急いで選んでお返しせずとも時期をずらしてお返しを考えた方がいいでしょう。

贈る方が喪中の時

お中元やお歳暮は感謝の気持ちになりますので、相手に不幸があったわけではないですから、基本的には普段通りお歳暮を贈って大丈夫です。

ただ人によっては、喪が明けていない間は贈り物を送ると相手に穢れを贈ることになると考えるから良く思わない方もいるようですので気を付けましょう。

四十九日以内にお歳暮を贈ると、香典の意味合いが強く感じられます。お歳暮の期間は正確には決まっていませんので、四十九日の期間中に送るのは避け、四十九日や五十日祭が過ぎてから贈るようにしましょう。

1月7日までの松の内といわれる御年賀のおめでたい時期に持参することも避けたほうがいいですね。

また、喪中のあいだは、大切な方を亡くされていることから気持ちに余裕がないでしょうから無理に用意せず、1月7日以降に、「寒中お見舞い」「寒中御見舞」「寒中お伺い」などに切り替えてもいいでしょう。

相手の方へ手紙を添えると、気持ちが伝わりますね。

例文
本日、皆様のお好きな煎餅を送らせていただきました。
○○様(亡くなった故人)にも、お供えして下されば幸いに存じます。

手紙は、別便で荷物より先に到着するように送るというのがポイントです。お歳暮の中に手紙を入れるのはマナー違反なので気を付けましょう。

 

スポンサーリンク

 

喪中の方へ贈る時ののし

喪中時には慶事を避けなければいけません。紅白や水引などは、慶事の意味合いがありますので、紅白の水引はかけず、短冊状の、のし紙(白短冊)や、無地ののし紙(奉書紙)でお願いしますと伝えましょう。

表書きにお歳暮と書いてあるものを選び、デパート、ネットショップでも喪中の旨を記載すれば対応できます。

身内をなくした相手の方の気持ちを考えると、 こうした気配りは非常に大切であると考えられます。

故人には贈らない

故人に例年お歳暮などをお送りしていた場合、そのまま個人宛に送ることは絶対にやめてください。

相手を悲しい気持ちにさせてしまいますし、相手が亡くなった時=縁が切れた時なので、感謝していても故人宛に品物を贈る必要はありません。

亡くなった人宛てに、お歳暮が届いた場合は、後日手紙で当人が亡くなったことを知らせましょう。

学びとまとめ

お歳暮というのはお祝い事ではなく、感謝と季節のあいさつですから、自分や贈り先が喪中でも、贈ること自体は問題ないんですね。

おつき合いは、長く続けていきたいですが、続けていれば膨大な量になりかねません。

喪中が人間関係のよい整理のきっかけになったりもしますね。

【関連記事】

お歳暮のお返し時のおさえておきたいマナー

お歳暮をいただいたら、忘れないうちにお礼状を出そう

お歳暮ハムを美味しく食べるための保存方法と切り方のコツ

 

スポンサーリンク