e375acb2bb84f22110c78aa784befe68_s

秋の紅葉は日本の四季を映し代表する美しい光景です。

北から南へ、

山頂から麓へと

順々に、色づく紅葉は春の桜より私たちを長く楽しませてくれます。

外国人観光客は桜の花見より、紅葉の紅葉狩りが人気だそうです。

そんなもみじを折り紙でおって、楽しむことができますので、ご紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

 

 

折り紙でもみじの作り方

もみじを作る折り紙の色は、

紅葉だけあって、赤色やオレンジで折ったほうが一番もみじらしいです。

なかには、金色や、茶色の折り紙をおりまぜると、日本の紅葉らしい奥深い雰囲気が出せます。

 

また、こんな小さな持ち手のついたもみじもかわいらしいです。

面倒ですが、小さめのチビ折り紙をご用意くださいね。

 

スポンサーリンク

折り紙でもみじの切り方

紅葉は折り紙で織るだけじゃなくて、切るだけでもこんなかわいい紅葉の葉ができます。

折り紙のほかに、ハサミをご用意ください。

所要時間は1~2分程度で完成です。

シンプルではありますが、最ももみじらしい形に仕上るので、リアルもみじかもしれませんね。

折り込み幅の説明で、5mm・5mm・5mm~とありますが、この幅のちょっとした違いによって、出来上がりの紅葉の形が、けっこう変わってきますのでご注意ください。

5mm幅よりも広めにとってしまうと、なんだかふっくらしたもみじになってしまいます。(好みによりますが)

動画の通りに切っていくのが、一番キレイな形になると思います

とはいえ、こればっかりは実際にいくつか作ってみていかないと、しっくりこないと思います。

 

さて、こんな威風堂々なもみじの切り方はいかだでしょうか?

どちらかの家紋のようにも見えます。

この下に、厚紙やうちわなどを用意してきれいにはりつけたらいかがですか?

 

学びとまとめ

今回はご紹介した折り紙でのもみじの作り方、切り方は簡単なので、小学生から幼稚園・保育園児にもおすすめの折り方です。

はさみで切って作るもみじは、とてもいい手作り工作になりますよ。

赤色や黄色、薄茶色の折り紙で、カラフルなもみじをたくさん作って、素敵な秋の折り紙飾りを作ってみてください。

敬老の日におじいちゃん、おばあちゃんにそっとプレゼントと添えてもいいかもしれませんね。

【関連記事】

敬老の日(2016)のプレゼントは手作りの簡単アイデア集

敬老の日(2016)に贈る花を選ぶなら、これははずせない!

お月見(2016)には、うさぎを折り紙 で簡単に飾り付け

 

スポンサーリンク