e4810d6b401917d934cd741949b583a0_s

男の子の赤ちゃんより

女の子の赤ちゃんほうがかぶれやすいのです。

痛そうで可哀想になりますし、

初めての育児のお母さんにとってビックリしますよね?

ただのおむつかぶれの場合もありますが、

実は違う原因でかぶれてしまっているかもしれません。

今回は、かぶれの原因、対策法をご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

かぶれの原因は?

女の子の赤ちゃんのお股のかぶれには

さまざまな原因があります。

カビが原因

まずはカビによるものがあります。

お産をした産院や1ヶ月検診などで受診した際に

おむつかぶれに効く塗り薬をもらうかと思います。

そのお薬は、おむつかぶれの場合はかぶれを、

 

早く治すことができるので、塗ってもよいのですが、

カビが原因でかぶれている場合は、

そのお薬を塗ることで症状が悪化してしまうことがあります。

逆に、カビに対するお薬は、

おむつかぶれに塗ると痛みがあることもありますので注意しましょう。

うんちが原因

また、うんちには、腸内細菌や、

消化酵素などの刺激の強い成分が含まれていて、

それがお股などについてしまい、かぶれの原因になってしまいます。

皮膚にはもともと、刺激物や細菌などの侵入を防ぐ機能が備わっています。

けれども、赤ちゃんの場合は、その機能が未熟なので、

肌も薄く、傷つきやすくなっています。

ムレが原因

そして、赤ちゃんは汗っかきですので、大人よりもムレやすく、

それが原因で皮膚がふやけてしまい、

おむつの中で擦れて、傷つきやすくなります。

ですので、サイズの合っていないオムツをつけていると

擦れる回数も多くなるのでかぶれやすくなりますね。

その傷ついた皮膚におしっこやうんちがついてしまうと

刺激物や細菌が入り込みやすくなってしまいます。

かぶれないようにするには?

清潔第一

赤ちゃんの成長に合わせたサイズのおむつを使うことでムレにくくなり、

擦れる回数も減ります。

こまめにオムツを替えてあげましょう。

特にうんちをした後は、早めに替えてあげてください。

さらに、石鹸やお湯で洗ってあげるのもいいですね。

そして、おむつを変えるときは

しっかりと乾かしてあげましょう。

また、カビによるかぶれは見極めが難しいので、心配な場合や、

おむつかぶれのお薬を塗っても治らない場合は、

早めに医療機関での受診をおすすめします。

おしりふき

おしりふきを変えるのもアリですよ。

アルコールが入っているものもありますし、

デリケートな赤ちゃんの肌をこすってしまっているかもしれません。

なるべく柔らかめのもので、

ほとんどの成分がお水でできているものなどを選びましょう。

オムツのメーカーを変えてみるのもいいですね。

通気性や吸水力などいの違いもありますし、

背中漏れやコスパの問題もありますね。

メーカーによっては無料サンプルなどもありますで、

そちらで試してみるのもいいですね。

肌が弱っているときは、濡らしたガーゼなどで

軽くふきとると刺激も少なくて回復にむかいやすいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

かぶれてしまったときは?

いくら対策をしていても赤ちゃんの肌は、かぶれてしまうものです。

では、かぶれてしまったらどのようにケアすればいいのでしょうか。

まずは清潔に、そして刺激を与えないようにすることです。

おしりふきの代わりにガーゼやコットンとぬるま湯を使うのもいいですし、

軽く洗い流してあげるのもいいですね。

ふくときはこすらず、優しくふいてあげましょう。

布おむつの場合はムレやすく、かぶれやすいので、

治まるまで紙おむつに変えてみるのもいいですよ。

また、おむつかぶれの場合にはワセリンを塗ってあげるのも効果的です。

ワセリンは、皮膚を保護してくれるので、

かぶれが悪化するのを防いでくれますよ。

学びとまとめ

吸水力のいいおむつを使っていても、

こまめにおむつを替えて空気に触れるようにしましょう。

どうしても塗り薬やワセリンなどを塗るとベタベタしてしまいますよね。

このような時には、ベビーパウダーがおすすめです。

肌をさらさらにしてくれますので摩擦も減りますし、

濡れているところもベビーパウダーが水分を吸収してくれるので、早く乾燥しますよ。

ですが、ベビーパウダーがおしっこなども吸収してしまうで、

こちらもこまめにきれいにしてあげてくださいね。

【関連記事】

オムツサイズアップはおへそで決める?パンツ型の比較検証

赤ちゃんのあごの下のかぶれを防ぐホームケアと注意すべきこと

赤ちゃん湿疹の原因と症状、しっかりケアしてカサカサ知らず

赤ちゃんのほっぺがいつも赤いのはなぜ?3つの理由

 

スポンサーリンク