4fe78a2b57370ff4e6d9e43ecfea8e98_s

暑さ寒さも彼岸まで

皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか。

お彼岸は年に2回、春彼岸と秋彼岸のお墓参りを

連想する方も多いのではないでしょうか。

一体お彼岸ってなに?いつのこと?

いまさら聞けないお彼岸のいろはや、

「暑さ寒さも彼岸まで」には

もうひとつの意味があったことを解説します。

 

 

スポンサーリンク

 

2017年のお彼岸

お彼岸の時期は、年に2回、春と秋に春分・秋分を中日とし、

前後各3日を合わせた1週間がお彼岸の期間になります。

彼岸入り 中  日 彼岸明け
3月17日(金) 3月20日(月) 春分の日 3月23日(木)
9月20日(水) 9月23日(土) 秋分の日 9月26日(火)

お彼岸の中日である春分の日と秋分の日は

日付で決まっているわけではないため、

お彼岸の時期(彼岸入り・彼岸明け)も

確定しているわけではありません。

お彼岸の呼び方について

春分の日&秋分の日、この日を「中日(ちゅうにち)」と呼び、

お彼岸の初日を「入り・彼岸の入り」、終わりの日

を「彼岸明け」と呼んでいます。

基本的に「お彼岸」というと、春の方をメインに考えられていて

「春彼岸」「彼岸」と呼ぶのに対して、秋のお彼岸に

関しては「のちの彼岸」「秋彼岸」と呼ばれることが多いです。

また、故人が亡くなってから、

初めて迎えるお彼岸を「初彼岸(はつひがん)」と呼びます。

なぜお彼岸にお墓参りをするの?

お彼岸にお墓参りをするという日本独自の文化です。

元々農耕民族であった日本人には

仏教が伝来する前から

先祖供養と自然に感謝する文化がありました。

春には1年の豊作を願い、

秋には自然と先祖に

収穫を感謝する気持ちにもつながって、

お彼岸は大切な日本の行事となりました。

西の太陽に向かって拝むのはなぜ?

春分の日と秋分の日の中日は、

太陽が真東から出て真西沈む日です。

この日に夕日を拝むのは功徳があると言われています。

墓地には西向きと東向きの区画ありますね。

東の区画の方を好まれる方が多いのは、

東向きの区画にお墓を建てることで、

浄土である西に向かって

手を合わせ拝むようになるためだと言われています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

お墓参りはいつ行けばいい?

お彼岸の期間は1週間ありますが、

いつお墓参りに行けばいいのでしょうか?

毎日お参りに行くという必要もなく、

この日にお参りをしなければいけないといった

決まりもありません。

期間内の好きな日に1日お墓参りに行けばいいので、

多くの方が、祝日となっている春分の日、

秋分の日や、

期間内の日曜日にお参りをする人が多いようです。

お彼岸の墓参りのお供えもの

お彼岸は日本独自の習慣で、

人々は彼岸入りの日の前日までに自宅の仏壇を整え、

ぼた餅などをお供えします。

お彼岸の期間中は朝晩にろうそくをともし、

お線香をあげることが供養になります。

仏壇のない家庭では彼岸期間中の昼間にお墓参りをし、

お線香と花を供えます。

  • 数珠
  • お線香
  • ろうそく
  • マッチ (ライター)
  • お花
  • お供物

春にはぼたもち、秋にはおはぎが一般的ですが、

ほか故人が好きだったものなども。

なぜ暑さ寒さも彼岸まで?

春分と秋分は、暦の上では春と秋の折り返し地点となっており、

昼と夜の時間がほぼ同じになります。

春分以降は昼が長く、秋分以降は秋の夜長に向かいます。

厳しい残暑や寒さに目処がつくため、

「暑さ寒さも彼岸まで」というようになりました。

また、お彼岸は迷い、悩み苦しむ人が、

悟りの世界と通じるときでもあります。

自然に寄りそった日々の中の様々なつらさも、

彼岸のころには楽になるよ、

という励ましの意味もあったのです。

学びとまとめ

お彼岸にお墓参りをすることは、

ご先祖様への感謝するという日本独自の文化が

大きく息づいている大切な行事なんですね。

最も過ごしやすい季節になるお彼岸の日に、

キレイな夕日が拝めるように中日が晴れるといいですね。

【関連記事】

【四十九日の法要の金額】夫婦の相場は?お供え物の相場は?

お正月の喪中帰省で手土産やお供え物は何か必要?

 

スポンサーリンク