7db0d6cc29e06dca543bc8fafdc29f28_s

いよいよ乳児用液体ミルクの解禁が近づいて来ましたね。

海外ではずっと前から普及していましたが、

東北大震災以降、国内での製造販売を認めてもらえるように

署名活動が行われ、やっと解禁への動きがでてきたで、

液体ミルク製造販売解禁に向けて進んでほしいと思います。

安全性の基準など決めなければいけないこともたくさんあるので、

日本での解禁は早くても来年度以降になるでしょう。

当面は通販や個人輸入で購入することになりますが、

液体ミルクが国産でないので心配なのは、添加物です。

実際の購入者の口コミや海外性の為、

安全性・添加物や使い方を調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

液体ミルクと粉ミルク

一番流通しているアメリカ製のSimilac Advanceという

液体ミルクの成分はこのようになってます。

  • 脱脂ミルク
  • ラクトース
  • 大豆油
  • ココナッツオイル
  • ガラクトオリゴ糖
  • 乳漿タンパク質濃縮物(乳漿=乳清)
  • ベータカロチン
  • ルテイン(カルテノイドの一種=VA)
  • リコピン(カルテノイドの一種VA)
  • アスコルビン酸(VC)
  • 大豆レシチン
  • 炭酸カルシウム
  • 塩化カリウム
  • 硫酸鉄(II)(硫酸鉄または硫酸第一鉄)
  • 塩化マグネシウム
  • タウリン
  • m-イノシトール
  • 硫酸亜鉛
  • d-アルファ-トコフェリル・アセテート(ビタミンEの中でもダメージから体を守るパワーが強いといわれている天然ビタミンEのdアルファトコフェロール)
  • (VE)
  • ニコチンアミド
  • カルシウム・パントテン酸塩
  • リボフラビン(VB2)
  • ビタミンAパルミチン酸塩(VA)
  • 硫酸第二銅(硫酸銅=食品添加物)
  • 塩酸チアミン塩化物(VB1)
  • 塩酸ピリドキシン(VB6)
  • 葉酸、フィロキノン(VK)
  • vitaminD3
  • シアノコバラミン(VB12)

 

液体ミルクだけの成分

液体ミルクだけしか入らない成分もあります。

  • 水酸化カリウムとヌクレオチド(ヌクレオチド=おそらくイノシン酸)
  • アデノシン5′-モノリン酸塩、
  • シチジン5′-モノリン酸塩、
  • ニナトリウムグアノシン5′-モノリン酸塩、
  • ニナトリウムウリジン5′-モノリン酸塩

粉ミルクに含まれていて液体ミルクには含まれていない

また、粉ミルクには含まれて

液体ミルクには含まれていない成分もあります。

  • 塩化カルシウム(食品添加物)
  • 炭酸カリウム(食品添加物・かんすい)
  • オーレオ油、
  • パームオレイン、
  • ホエイパウダー、
  • エゴマ油
    水酸化カルシウム(食品添加物・凝固剤)、
  • 炭酸水素ナトリウム(食品添加物)
    5-シチジル酸(母乳中に含まれ、免疫力の向上、
    発育促進の効果がある事が分かっている)

 

 

スポンサーリンク

 

 

日本で使用されてない添加物

添加物については、日本で使用されてない亜セレン酸ナトリウムというものが

入っている製品があるそうですが、海外でも同じ赤ちゃんが使用するものなので、

何か問題があればすでに販売禁止になっていると思います。

ヨーロッパでは普通なのですが、日本では使用が許可されていない添加物

勿論、海外でも赤ちゃんが使用するものなので、

害の無い添加物を使っていると思いますが、まずここが気になる人にはネックかも。

ただ海外の赤ちゃんは大丈夫で

日本の赤ちゃんは危ないと言う事は無いと思うのですが、

日本では許可が降りていない添加物が入っている事は事実です。

液体ミルクの保存料(防腐剤)

常温保存が可能な液体ミルクのイメージは、

缶詰やレトルト食品的に受け止めればいいのでしょうか?

保存料(防腐剤)は下記のようなものが主に該当されます。

  • 安息香酸ナトリウム
  • ε-ポリリジン
  • しらこたん白抽出物(プロタミン)
  • ソルビン酸カリウム、ナトリウム
  • デヒドロ酢酸ナトリウム
  • パラオキシ安息香酸のエステル各種。
  • ツヤプリシン(ヒノキチオール)

 液体ミルクの栄養成分

便利な液体ミルクですが、栄養もしっかりしているので、安心です。

  • エネルギー 100kcal
  • タンパク質 2.07g
  • 脂肪 5.40g
  • 炭水化物 11.2g
  • ナトリウム 24mg
  • VA 90μg チアミン(VB1) 0.1mg
  • リボフラビン(VB2)0.15mg
  • VB6 0.06mg
  • VB12 0.25μg
  • VC(アスコルビン酸)9mg
  • VD 1.5mg
  • VE 0.675~1.02mg
  • VK 8μg
  • ナイアシン 1.05mg
  • 葉酸(葉酸) 15μg
  • パントテン酸 450μg
  • リノール酸 1gマグネシウム 6mg
  • 亜鉛 0.75mg
  • カルシウム 78mg
  • カリウム 105mg
  • コリン 16mg
  • リン 42mg
  • 鉄 1.8mg
  • 銅 90μg
  • セレン 1.8μg
  • イノシトール 4.7mg
  • ビオチン(VB7) 4.4μg
  • マンガン 5μg
  • ヨウ素 6μg
  • 塩化物 65mg
  • 水 133g

学びとまとめ

主要成分と主要ビタミン、ミネラルに関しては

粉ミルクとあまり大差ないように思いました。

小池百合子都知事も、災害用として液体ミルクを保育施設にも

備蓄すべではないかと訴えていますが、

日本での解禁は早くても来年度以降になるようです。

【関連記事】

乳児用液体ミルクの成分は?粉ミルクと比較した3つのメリット

乳児用液体ミルクのデメリットは価格?どこで買えるの?

乳児用液体ミルクは温める?保存温度は常温で大丈夫?

 

 

スポンサーリンク