入園式につけるコサージュはそもそも必要なの?

どんな色がいいの?など、

コサージュについて、さまざまな疑問がでてきてしまいますよね。

今回は入園式にふさわしい色や逆にNGの色、

おすすめの素材や付ける位置になどの注意点をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

入園式にコサージュは必要か?

必ずコサージュをつけなければならないというものではありません。

抵抗があってつけたくなければつけなくても大丈夫ですよ。

ですが、入園式をはじめ、卒業式や入学式は行事の中でも特別な日です。

ですので、デパートなどの、洋服売り場やアクセサリーコーナーには

たくさんのコサージュが並んでいます。

黒やグレー、ネイビーなどのシックなスーツで入園式に参加する方もいます。

コサージュには華やかさと女性らしい美しさを表する意味のあるアイテムですので、

コサージュをつけて華やかさを出して、

フォーマルな場に来ていることを現しています。

入園式にコサージュ以外のアイテム

コサージュ以外にも、女性らしさを表すアイテムは他にもありますよね。

例えば、スカーフ。

スカーフはフォーマルの服装マナーでは

カジュアルなアイテムになってしまいます。

キャビンアテンダントの方や、企業のコンパニオンの方などが、

首元に巻いているのをよく見かけますよね。

このように、スカーフは仕事着の扱いになってしまうので、

注意しましょう。

入園式のコサージュの色

入学式は春にあります。なので、春を感じられるような、

明るい色のスーツを着る方も多いですし、

ダーク系のスーツを着る方も少なくはないかと思います。

この場合は、スーツの色に合わせて

コサージュの色も選びましょう。

しかし、入学式のマナーとして、

「赤」「黒」「濃いパープル」「ボルドー」「濃い青」「茶色」は、

付けてはいけない色ですので、気をつけましょう。

また、 キラキラ系のビジューなど付いているコサージュも

派手に見られるためNGになります。

 

入園式のスーツで合わせやすいコサージュの色は、ピンク系やイエロー系です。

さくら色やサーモンピンクは無難ですし、春の桜にもぴったりですね。

また、「白」「ベージュ」「薄いブルー」「薄いパープル」など、

淡い色のコサージュであれば、上品さと気品さ、どちらも持ち合わせているので、

少し大きめのコサージュであっても、バランスが取れることでしょう。

濃い目の色のコサージュは大きすぎると

コサージュだけで目立ってしまいますので、

少し小さめがおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

入園式のコサージュ位置

左右どちらに付ける、という決まりは特にはありません。

たいていの方は左側につけているのが多いですね。

 

コサージュをつけていて、1番綺麗に見えるのは、

胸の上で鎖骨あたり高さにつけるのがおすすめです。

ここに、コサージュをつけると、見る人の視線の集まる位置が高くなるので、

顔が縦長にシャープなラインに見えますよ。

また、ジャケットなどにつける場合は、

襟の二段目のところにつけるのがおすすめです。

 

しかし、襟が小さい場合は、無理に襟にはつけず、

ちょうど胸の上、鎖骨あたりにくるようにつけましょう。

そして、薄い生地の洋服に付ける場合は

裏にあて布をして穴が開いて洋服が痛むのを防ぎましょう。

コサージュをつける向きですが、これも特に決まりはないので

バランスをみて自由につけましょう。

学びとまとめ

コサージュは入園式のスーツにつけることで、

華やかさと女性らしい美しさを表せます。

さらに、胸の上で鎖骨あたり高さにつけることで、

見る人の視線の集まる位置が高くなってくるので、

顔がより縦長なシャープなラインに見えるのでおすすめですよ。

またスーツの色とコサージュのバランスはとても大事ですので、

購入する際は、スーツなどの写真をお店に持って行き、

店員の方などに相談して色を決めるのもいいですね。

【関連記事】

卒園式の服装(2017)ママに人気のコサージュは何色?ベスト3選

【2017卒園式】コサージュは必要?場所はどこにつける?

【2017年卒園式コサージュを手作り】生花を使った作り方

卒園式の服装(2017)ママにおすすめ定番アクセサリーは?

 

 

スポンサーリンク