大切な子供の待ちに待った入学式は

成長した子供の思い出のショットを残そうと、

式の最中でも立ち上がったり、

式場内をうろつく光景が多々見られます

ビデオカメラで撮影している保護者の方々、

「マナーは守れていますか?」

晴れやかな中にもおごそかな空気が流れる入学式では、

ビデオ撮影のマナーに注意しましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

入学式 ビデオ撮影は必要か?

最近の撮影事情

最近では、個人情報やSNS発信の発展などもあって

ビデオ撮影を禁止されている学校が増えてきました。

入学式や卒業式、運動会など大きな行事ならば

まだ寛大措置ではありますが、

色々なネット関連の事件や、

身勝手な大人の行動による事もあるでしょう。

保護者もみられている

子供のイベント事、特に入学式のような大きな行事には

たまに周囲のことを考えず人を押しのけてまで

撮影に専念される方を見かけます。

こどもの晴れ姿を思い出として残すことは大切ですが、

後ろに座っている保護者の方々も人と人のすき間から

参観しながら撮影したりしています。

大きく動くことでたくさんの人に迷惑をかけてしまうことを

しっかり頭に入れておきましょう。

撮影専任のパパ

どうしてもビデオ撮影はパパが担当になってしまい、

大事な場面はいつもレンズ越しにしか見れないという

寂しさもあるようです。

優先すべきは子供の成長をリアルに

この目に焼き付けたいのか、

想い出として残したいビデオ撮影なのか

どちらを優先するかではありますね。

入学式のビデオ撮影のマナー

わが子の晴れ姿をビデオにおさめたいという気持ちから、

我を忘れてついついマナーを忘れがちになってしまいます。

①ビデオ撮影は自分の席

立ち上がらない

ビデオや写真撮影は、自分の席から立ち上がらずに

椅子からお尻を浮かせない姿勢で撮影しましょう。

譲り合い

自分のお子さんの撮影が終わったら、

他の方に場所を譲るなどの気遣いも必要です。

スマホで撮影する際は、シャッター音がでますので、

状況を考えて注意しながら撮影するようにしましょう。

撮影の指定場所

最近では、撮影場所を前もって決められていることもあります。

また撮影指定のない場合でも、最後列に着席したり、

後方で立って撮影するなどマナーに気を付けましょう。

②撮影に三脚はNG

三脚撮影は、ブレずに綺麗な動画が撮せますので、

三脚を使って撮影する方も多々いらっしゃいます。

これもマナーとして避けましょう。

三脚のデメリット

座席に座った状態で三脚を使って撮影すると、

後ろの方のカメラのフレーム内に写り込んでしまったり、

周囲の参観の邪魔になることがあります。

三脚使用のマナー

三脚を使った撮影を禁止していたり、

三脚を使用場所が指定されている学校もありますので、

事前に確認が必要です。

指定がない場合は、一番後方の席で撮影しましょう。

③子供の名前を呼ばない

新入生の入場などの際に、

「○○ちゃん!」

「〇〇くん、ここよ」

と声をかける方がいますが、これはれっきとしたマナー違反です。

新入生の入場や退場時にカメラの方向を向かせるために

子供の名前を呼んで撮影することもやめましょう。

子供を見守ることが大切

今日から新たな生活をスタートする大切な式典である入学式は、

子供達は緊張しながら、入場することも大切な学びの一歩です。

成長した姿をしっかり見守りましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

入学式のマナー

①保護者同士のおしゃべり

入学式最中の保護者同士のおしゃべりは、

式典に参列している周りの人にとっても迷惑になります。

井戸端会議の当人にとっては、小声のつもりでも

会場は静かで、ひそひそ話もとても

目立ってしまい耳障りなものです。

どうしても会話が必要ならば、

周りへの配慮のために離席して

会場の外で話をするといいでしょう。

②幼い兄弟は預ける

入学式というのは式典だけの時間でなく、

その後教室に移動して担任からたくさんの配布物があったりと

今後の予定、各書類の記入方法や提出期限などの諸注意と、

大切な話もあるのでしっかり聞いておいたほうがいいでしょう。

当日は2~3時間は要しますので、

未就学児がいるご家庭の方は、

可能であれば、祖父母や一時保育や託児機関などに預けられて

出席されることをお勧めします。

パパやママも集中して参加できるので良いでしょう。

学びとまとめ

晴れの入学式では背筋をのばす子供を見て、

感無量で胸がいっぱいになってしまいものです。

そんな中でも、パパやママが周囲の迷惑も気にしないで

必死にビデオ撮影したり、カメラを撮ったりしては

また、知り合いの母親同士で話をしている場面もよく見られます。

保護者も見られていることを自覚して、

マナーを守り、記憶に残る入学式にしましょう。

【関連記事】

【入学式スーツ】母40代の定番色と人気ブランド5選はコレ!

お名前シールアイロンをパソコンで手作りしたいママへ!

防犯ブザーをランドセルへの正しい取り付け方を学ぼう!

コップ袋を手縫いする作り方の手順とちょっとしたコツ!

 

スポンサーリンク