547580

赤ちゃんを妊娠すると喜びと同時に週数が進むにつれて

必ず病院での健診がつきものですよね。

健診のときに赤ちゃんの心拍を確認すると思いますが、

小さな心拍が懸命に動いてるのを

確認できると安心し感動するものでしょう。

ですが、その心拍です!

心拍をしっかり確認できたから安心…

と思っていないでしょうか?

実は妊娠初期の心拍確認後に流産を経験された方が

少なくないことをご存知でしょうか?

我が子の命を守る為に

今回は妊娠初期の流産になりうるかもしれない心拍確認後の流産の兆候、

またその症状などについてお話をさせていただきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 妊娠初期の流産の確率は?

そもそも妊娠初期の流産の確率とはどのようなものでしょうか?

実はこのようなデータがあります。

妊婦さんの約15%前後が流産を経験しています。

またその流産全体の約80%の妊婦さんが

妊娠の約12週以内に起こりうると言われています。

主な原因としては、受精卵側に染色体異常が発見され

何かしらの問題が起こり流産へとつながります。

検査をして染色体異常がある場合は仮に着床になったとしても、

正常に成長することが難しくなるために妊娠が継続出来なくなります。

妊婦さんの約15%の確率というのは驚きですよね。

ただ流産をされた場合でも、

染色体の異常から起こることなので非常に辛いと思いますが

決してご自分のことを責めないでくださいね。

心拍確認後の流産とは?

赤ちゃんの心拍が確認出来れば

流産の心配はしなくても安心というわけではありません。

というのも心拍確認後に流産が起こるケースも

充分に起こりうることなのです。

1 進行流産

子宮口が開いてしまい胎児や組織が流れ出ることで

流産が始まっている状態のことを言います。

下腹部痛や出血が強くなるのが特徴です。

2 完全流産

進行流産後に胎児や胎盤などといった組織等が

完全に娩出されたケースで、

超音波検査で組織が完全に娩出されていることを確認します。

3 不全流産

進行流産後に胎児や胎盤などといった組織等が

完全に娩出することが出来ずにその一部分が

子宮内に残ってしまっているいるのが特徴です。

流産といっても様々なケースがあることを覚えておいてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

流産の主な兆候、症状というのは ?

では、流産の主な兆候また症状とは

どのようなものなのでしょうか?

1 出血

突発的に少量の出血が長く続くのが特徴で、

レバー状の塊などが確認できた場合は要注意です。

2 下腹部の痛み、または張り

下腹部の痛みや張りという症状は子宮収縮によって起こりうる症状です。

痛みや張りを感じ少し横になり安静にしてもしばらく治まらない場合は

子宮収縮を起こしてるケースもあるので要注意です。

3 つわりがなくなる

つわりや胸の張りなどといった

一般的な妊娠初期症状が突然に治る場合も要注意です。

3つの症状全て当てはまる方、1つでも心当たりがある方は

様子を見るのも1つの手ですがあまりにも症状が続くようでしたら

早急にかかりつけの病院へ受診されてください。

学びとまとめ

今回は妊娠初期の心拍後の流産兆候および

症状などについてお話をさせてもらいました。

この話を聞いて特に妊娠初期のお母さんは

不安な気持ちにさせてしまったかもしれません…

ですが、決して私は何も心配しなくても大丈夫!、他人事だ!

と捉えずにあくまでも可能性としてそのようなケースも

起こりうるということを覚えておくことで、

改めて自分の体調と向き合うことができ

体の変化に敏感に察知できると思われます。

仮に赤ちゃんを流産してしまったお母さんは決して

流産はお母さんの責任ではないケースがほとんどです。

ショックではあると思いますが、

悲観的に捉えすぎずに

自分自身の体と心をしっかりと休ませてあげてください。

【関連記事】

胎嚢(たいのう)確認後の流産率は?妊娠初期の注意すべき症状

卵酢の効果は不妊・不育の子宝対策の救世主になる?!

【あさイチ】子宮筋腫の症状チェック?生理前の痛みにも注意!

妊娠中お菓子の食べ過ぎやめられない!赤ちゃんへの影響は? 

【あさイチ】マタニティマーク不快は不妊治療中だけじゃない?

 

スポンサーリンク